ゲロまみれの2

かつては、つい酒を飲み過ぎてしまう癖があって、よくトイレで便器抱えて吐いていた。あるときトイレの壁が鏡張りのクラブがあって、例によって全力で吐いてた時にふと横の鏡に映る自分の姿を見ると、なんかに似てる。なんだ?それは、2だった。数字の2だった。

トレインスポッティング2を見たよ。う〜ん。果たしてこれを撮る必要はあったのだろうか?なんだこの拭い去れない残尿感みたいな不快な感じは。例えるならば、魔が差して田舎の同窓会に参加しちまった時の、「あーやっぱり行かなければよかった」って思いながら、特急列車で遠ざかる景色をボーッと見てる時の感じ。または、「俺たちの旅」の20年後のドラマを無理矢理見させられた、あの時の感じ。

ネタバレ?関係無ぇや。1996年のトレインスポッティングの空気感にリアルタイムで少しでも触れる事ができて、なおかつあの世界観に少しでもノれた方達には、「絶対に見るな!」と言っておきたい。

オリジナル・キャスト再集結?関係無ぇや。残念ながら、あの時のギラギラした狂った感じが、キャスト全員薄れてしまっている。認めたくはないが、狂気ってやつは若さに宿るのかもしれない。

ユアン・マクレガー:46歳

シック・ボーイの奴:44歳

ロバート・カーライル:56歳

スパッドの奴:45歳

と、カーライル以外は自分と同世代という事もあって、なんだか見てるのが辛くなっちまったな。

ラストシーンは、イギー・ポップのラストフォーライフをアナログレコードでかけて、レントンが部屋で1人踊り狂うシーンで終わるのだが、もし自分が映画監督になるチャンスがあっても、あんなラストシーンは絶対に撮りたくないな。やっぱりアンダーワールドのボーンスリッピーに乗せて旅立っていく朝焼けのラストシーンが最高であって、わざわざ20年後に俺の大切なあのラストシーンを否定しに帰ってくるんじゃねーよ!レンタル屋の1番目立つ所にいるんじゃねーよ!チクショウめ!

台風が過ぎ去り、今日は快晴だ。久しぶりにピタピタの水色のTシャツをタンスから引っ張り出した。あの頃よりもピタピタのスキニージーンズとコンバースを履いて、助走を省いて全力疾走で走り出す。と、つまづいて、ひっくり返って、数字の2のように道路に突き刺さった。

 

 

見る前に書け

迫り来る台風18号。これで何度目のチャレンジだろうか?まだブレイキング・バッドは借りられない。仕方がない。さっきから4人の男たちが並んでこっちを見てるんだよな。まあ、あいつらの事はずっと気になってた。でも意識的に避けていたんだよな。あ、また目が合っちまった。

 

 あ、間違い。こっちじゃなくて、

 

 こっちね。

その前に、前作、トレインスポッティングについて、語ろうか。

 

映画の内容は、正直、覚えていないんだよな〜。薄っぺらいジャンクフードみたいな映画で、でも俺はジャンクフードが大好きなのさ。

最初にかかるイギー・ポップのラストフォーライフで観客をふるいにかける。ここでレントンの走りについてこれるかこれないかで、この映画の評価は決まる。ああ、俺だってもし映画を撮れるチャンスをもらえるならば、この曲をオープ二ングに持ってきて映画をおっぱじめたいってもんよ。あのイントロがかかっただけで、スクリーンをぶち破って向こう側に全力で走り抜けたくなる。この勢いで、映画の最後まで持っていかれちまう。

主演のユアン・マクレガー。短髪でヒョロヒョロの長身で、ピタピタのTシャツにピタピタのデニムに白のコンバース姿がやたらカッコイイ。この格好を真似してクラブにしけ込んだもんです。クラブの人波をかき分けて女の子を物色してる時、頭の中ではいつもスリーパーのアトミックがかかっていて、でもナンパは空振り三振続きで、でも絶対どこかのクラブに行けばアンダーワールドのボーンスリッピーがかかってて、この曲でフーフー言いながら踊っていると、まるでこの時間がいつまでもいつまでも終わらないような、そんな気になった。

非常に薄っぺらい思い出しか浮んでこないが、 大切な思い出なのである。

だ・か・ら、 あの映画の続編なんて作ってほしくなかった。映画のオープニングのラストフォーライフの魔法はもう解けてしまっているし、俺のレントンは、あの後、ボーンスリッピーで踊り続けてダンスホールで死んでるんだよ。生きててもらっちゃ困るんだよ。

でも、今日は台風の夜だから、DVDを回転させてみようかな。

ありがとうは魔法の言葉

板橋区コンビニエンスストア

 

最初に聞いた時は、とてもびっくりした。

「おおきに、ありがとう」

コンビニでバイトを始めて、お客さんの方からお礼を言われたのは初めてだった。一瞬、何て返していいのかわからなくて、微妙な空気感を放出してしまった。心の中では、「いや、そんな、こちらの方こそ買っていただいてありがとうですよ」って思ってた。とても口には出せなかったけど。

それからそのお客さんは、毎日、ビールとピーナッツを買っては、「おおきに、ありがとう」と言って、去っていく。そう言われる度に私は、やっぱり微妙な空気を放出してしまう。

 「おおきに」って、関西弁だ。修学旅行で泊まった京都の旅館の女将さんが言ってた。「ありがとう」は、関西の人はイントネーションがちょっと違う。ありがとうの”とう”の部分が強調されている。なんだかとっても優しい響きなんだな。

「おおきに、ありがとう」に対して、何て返せばいいのかな?友達のさっちゃんに相談してみた。

「どういたしまして、じゃね?」

う〜ん、なんか違う。それだと、ちょっと上から目線な気がする。横から、いつも明るいハーちゃんが口を挟んできた。

「私、知ってるよ。関ジャニがラジオで言ってた。まいど!だよ。」

「まいど?ヤダ、そんなの恥ずかしくて言えないよ〜」

「いや、絶対、まいどやで〜。そう言わなアカンで〜」

「え〜。どうしよう」

 

(千本今出川のレコードショップ)

 

 俺はなぜ、関西なんかにきちまったんだろう。またいつもの自問自答が始まった。

東京の大学が全て落ちて、たまたま受けた関西の大学だけが引っかかっていた。これはきっとあれだ。運命ってやつだ。ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコのニコみたいな運命の女が、西で俺の事を待っているに違いない。そう勝手に思い込み、はや2年が経過した。未だに運命の女は現れない。ニコどころかモーリン・タッカーすらも現れない。しかも、関西にまったく馴染めていない自分がいる。東京進出の為にせっせと磨いた標準語を、未だに捨てきれずに話している。これでは、いかん。

 

何かが変わるかも・・そう期待を込めて、レコードショップでアルバイトを始めた。だが、残念ながらレコードショップには、運命の女は現れない。レゲエ好きの店長がいるだけだ。毎日、レゲエの知識だけは物凄い勢いで蓄積されていく。

 今日も、店長がかけるシャインヘッドのジャメ〜カン・イン・ニューヨークをききながら、俺が関西に馴染めないのは、太陽のせいだ!異邦人ってやつは、ちょっと振り向くどころの話じゃないぞ、怒りを込めて振り返れだ!なんて、またいつもの「終わりなき自問自答」が始まっていた。

と、またこのCDが売れた。

 

 

浪花のモーツァルト キダ・タローのすべて

浪花のモーツァルト キダ・タローのすべて

 

 

 

 キダ・タローは、関西に来て知ったアーティストだ。「浪花のモーツァルト」の愛称で、CM曲や関西ローカルのテレビのテーマ曲などの作曲を多数手がけている。このCDが、毎日、バカスカ売れる。二枚組のCDに、物凄くたくさん曲が入っている。あんた達、これいったいどこで聴くのよ?ってくらい売れてる。

今日も、また売れた。 ムスッとした無愛想なオジさん。レジが混んでいた為か、CDを投げつけるように放り込んできた。

「CDの保護カバーをおつけしましょうか?」

「あ〜、いらんいらん」

感じ悪い。

会計を済ませ、商品を渡す。

「ありがとうございました」

次の瞬間、衝撃が走る。オジさんは、今まで放出していた陰気な雰囲気を打ち砕くような優しい口調で、

「おおきに、ありがとう」

と言って、去っていった。

おおきに、ありがとう・・・なんと柔らかい言葉であろうか。固く凝り固まった心を溶かすような、まろやかな響き。物を買った側が「ありがとう」と言う習慣は、関東には無い。

「店長、このお客さん側が言う「ありがとう」、めちゃくちゃいいっすね。関東では無いですよ」

「あ、関西じゃ普通。めちゃめちゃラスタなノリやろ」

ラスタ・ノリってなんだ?と思うが、ここは聞き流す。

「あれに対して、こっちはなんて返せばいいんですか?」

「あ〜、まいど!やな」

「まいど!っすか・・・。(ハードル高ぇ〜な〜)」

 とりあえず、客側が言う「ありがとう」は、めちゃくちゃ気に入った。これから自分も買い物をする時は、実践する事に決めた。まずは、コンビニでビールとピーナッツを買う時からかな。早く関西に馴染めるといいな。

 

世間がこんな時だからこそ夫婦について考える時がきた。

よく、「お宅の夫婦は、クレヨンしんちゃんのとこの夫婦に似てるね〜」と言われる。喜んでいいものかどうか、微妙な線の評価である。まあ、カミさんの名誉の為にいうと、うちのカミさんがミサエに似ている所は、「見た目」だけだと思う。

俺の方はというと、確かに見た目&子供の接し方などでヒロシっぽさ全開ではある。う〜ん。

ここで、代表的なファミリー・アニメの夫婦について色々と考察してみたい。

 

サザエさん

磯野波平 : 54歳。福岡県出身の九州男児。事務職サラリーマン。趣味は盆栽、釣り、囲碁。酒も好き。昔ながらの厳格な頑固親父。子供をちゃんと叱りつける事ができる親であり、一本筋が通っている。非メタボではあるが、未練ハゲ。まあ、非イケメンのカテゴリーかな。

 

磯野舟: 52歳。静岡県出身。主婦。常に和装でキメている。という事は、恐らく常にノーパン状態である。常在戦場。穏やかな性格で滅多に怒ることは無い。

 

子供:サザエ、カツオ、ワカメの3人。厳格な父親に反して、子供達がフリーダムすぎるくらいフリーダムなのは、舟の穏やかな教育方針が色濃く反映されているのかもしれない。

 

寝室:夫婦一緒。布団。

 

夫婦のパワーバランス:一見、亭主関白に見える波平だが、舟に暴言を吐いたり暴力をふるう描写は一切出てこないし、画面に映らない所でそれをやっているような雰囲気も微塵も感じられない。一方、舟に関しても、常に波平を立て、舟が波平をディスる描写は一切出てこない。お互いをリスペクトしている事が感じられる。

表向きのパワーバランスは7:3で波平だが、それは実は舟が作り出しているパブリックイメージであり、実は、9:1に近い非常に高い比率で舟側がイニシアチブを取っていると推察される。さすが常在戦場である。心構えが違う。

ちなみに娘のサザエは、そういった女房としてのインサイド・ワークには長けていないようで、表向きにも「10:0サザエ」の夫婦関係を作り出している。

 

ドラえもん

 野比のび助:41歳。東京都出身。商社の課長代理。趣味は、酒、ゴルフ、釣り。絵画の才能もあり、若い頃は画家を目指していた。真面目でのんびりとした性格。めったに怒ることは無いが、子供を叱るときは息子を諭すように穏やかに叱る。ヘビースモーカーである。家事は”しない”というよりも”できない”人間で、全て妻に任せている。41歳にしてはメタボ体型である。将来的には未練ハゲになる未来も、タイムマシーンが教えてくれている。まあ、非イケメンのカテゴリーかな。

 

野比玉子:38歳。東京都出身。主婦。長身。近眼でメガネをかけているが、メガネを外すと数字の”3”のような目の時と、絶世の美女の時がある。どちらが真実なのかは謎。のび助とは対照的に、息子を頭ごなしに怒鳴りつける理不尽スタイルの叱り方を貫いており、息子からは「鬼」と恐れられている。

 

子供:のび太1人。何をやってもダメな人間で、取り柄が何も無い。優しさだけが取り柄の設定だが、その取り柄もドラえもんの矯正により引き出された魅力であり、基本は「地獄に一直線」の人生を歩む運命の、ドラえもんならぬドラむすこ。ここの夫婦は、子育てには大失敗している。

 

寝室:夫婦一緒。布団。

 

夫婦のパワーバランス:エキセントリックな玉子にリードされているようで、「家事を一切やらない、酒&タバコはガンガンいく」など、のび助の亭主関白な一面も伺い知れる。しかし、理不尽な理由でヒステリックに息子を叱りつける玉子を、いつも見て見ぬフリ。7:3で玉子か。

 

ちびまる子ちゃん

さくらひろし:40歳。静岡県出身。職業不明。趣味は、酒、タバコ、釣り、野球観戦。仕事をしていないけど昼間は家にいない感じから、もの凄くダメ人間の香りがプンプンする男。謎めいている。子供を叱る事はあまり無い。イケメン風ではある。

 

さくらすみれ:40歳。神奈川県出身。主婦。趣味は刺繍。料理が得意。子供がなにかをやらかした時の叱り役ではあるが、普段は優しい。しっかり者だが、マイペース。

 

子供:さきこ、ももこの2人。明るく素直な姉妹。

 

寝室:恐らく夫婦一緒。恐らく布団。

 

夫婦のパワーバランス:(私がこのアニメをあまりよく見ていないので、よく分からないという理由もあるが、)ひろしの昼間の行動が不明(ヤクザ?)で、もの凄く謎めいた夫婦である。パワーバランスは6:4でひろしとしておく。

 

クレヨンしんちゃん

野原ひろし:35歳。秋田県出身。霞ヶ関の商社の係長。趣味は、酒、ゴルフ、日曜大工。スポーツ全般を無難にこなし、スポーツマンの面もある。子供と同じ目線で語り、あまり叱る事は無い。子供に己のエロ欲を隠さずに開陳している。180cmの長身ではあるが、ありきたりの顔。

 

野原みさえ:29歳。熊本県出身。主婦。趣味は、長電話と井戸端会議とデパ地下試食めぐり。ひろしを凌駕する運動神経で、身体能力は極めて高い。げんこつなどの体罰を使った教育方針。子供と夫には厳しいが、自分にはものすごく甘い。そこそこ美人。

 

子供:しんのすけ、ひまわりの2人。長男は色々と問題児ではあるが、運動神経もよく頭脳も明晰で、素材としては優秀である。両親の躾によってはとんでもなく優秀な子供に成長するはずなのに、つくづく惜しい。

 

寝室:家族全員。布団。

 

夫婦のパワーバランス:10:0 でみさえ。

 

妖怪ウォッチ

ケータの父:名前不明。ケマモト(熊本)出身。34歳〜39歳くらい。商社の中間管理職。基本は優しい。イケメン。が、父のケイゾウがとんでもなく優秀で熱い男の割には、ごくごく普通の一般人。

 

ケータの母:名前不明。出身・年齢不明。主婦。メガネをかけている。美人で上品。少し気が強い所があるが、しっかりもの。子供を優しく見守っている。怒ると恐い。

 

子供:ケータ。「普通すぎるほど普通」という設定だが、ルックスもいいし、家庭環境もいいし、プンプン漂う”いい人生を歩むであろう臭”が若干キツい。

 

寝室:夫婦一緒。ベッド。

 

夫婦のパワーバランス:よくわからん。よくケンカしてるけど、6:4で父か。

 

シンプソンズ

ホーマー・シンプソン:38歳。スプリングフィールド出身。原子力発電所の安全管理官。何度も「解雇されては再就職」を繰り返している。趣味は、酒、ドーナツ、テレビ。性格は極めて雑。欲望に忠実な性格で、信念はいつでもブレまくっているが考えが浅い点だけは一貫している(ウィキペディアよりまんま抜粋。このフレーズ大好きです)。無駄に家族愛が強い。精力絶倫だが、妻オンリーの一穴主義。ハゲ&デブ。

 

 マージ・シンプソン:34歳。スプリングフィールド出身。主婦。常識人ではあるが、ギャンブル依存症アルコール依存症の癖がある。はちゃめちゃな旦那と悪ガキ息子の制止役。

 

子供:バート、リサ、マギーの3人。野原家と一緒で、才能ある子供達であるが才能の無駄使いが多い。

 

寝室:夫婦一緒。ベッド。

 

夫婦のパワーバランス:この家は、とにかくホーマーがはちゃめちゃすぎる。100:0でホーマー。

 

色々と調べていて、思わずニンマリしてしまった。子供の頃・独身時代に想像していた夫婦、家族・・・。自分の親以外では、この人達が模範だったのかもしれない。星一徹みたいな方もいたけれど、やっぱり穏やかで優しいゆる〜いグルーヴの父親像に憧れたものです。で、周りを見渡せば、そんな家庭ばかりだったりする。(ちなみに僕が本気で目指していたのは、ホーマー・シンプソンみたいな思いっきり雑で考えは浅いけど、家族思いの父親です(笑))

しかし、みんな酒好きだな〜。ケータの父はあまり飲んでるイメージが無いので、時代の流れを感じます。世の父親には、さらなる飲酒をススメます。飲むぞ!

AIとBB

最近、息子と死について語り合う。

「最近、ロボット化が進んでいるから、俺の頭から下をロボットにしたらどうかなって思うんだ」

「え?それで楽しいの?」

「楽しい、楽しい。俺、一日中ずっとネット見てるわ」

「え〜」

「だってさ、歳とって体が動かなくなったり、痛くなったりして死ぬ訳だろ。なら、ロボット化しちまった方がいいじゃん」

「脳は死なないの?」

「そういえば、脳死って言葉があるな。どれどれ、脳の寿命は・・・200歳!」

「わお」

「あ〜、俺、脳だけ生き残りたいわ〜。ほら、松本人志さんの脳とか、ビートたけしさんの脳とか、タモリさんの脳とか生き残ってほしいじゃん」

「全部、お笑い関係だね」

「これから、脳の遺産化が流行るかも」

「お父さんの脳を残す意味って・・・エロ関係?」

「うるさい。君達、ずっと僕と楽しくおしゃべりしたくないのかい?」

「う〜ん、それ、AIがやってくれんじゃね?」

「何がAIじゃ!あいつらさ、俺が聞いた話だと、例えば「岡山と広島に行く」という文があったとする」

「うん」

「何を思い浮かべた?」

岡山県広島県に行く」

「うむ。あいつらは、岡山が、オカヤマ君と広島に行くのか、岡山県なのか、判断つかなくてず〜っと考え込んじゃうらしいよ」

「へ〜」

「AIバカだろ。俺はさ、岡山と広島で、B&Bの洋七と洋八を思い出してさ、もみじまんじゅうー!からのメチャメチャ陰気やで〜まで思い浮かんでるからね。まだまだAIには負けないよ」

「何?B&Bって?またお笑い?エロ?」

「俺の話は、お笑いとエロだけか!」

「うん」