MJ

取り引き先の方から、食事に誘われる。

「〇〇さん、絶対、喜ぶと思います」

「はあ」

「実は、マイケル・ジャクソンが来日した時に訪れた店なんですよ」

「え!行きたい、行きたい!連れてって、連れてって!」

「もう、期待通りのリアクション、ありがとうございます」

薄暗い階段を下って地下へと降りていく構造の店。

「ねえ、これってスムース・クリミナルのPVに出てくる店に似てるね。ここから思いついたのかな?」

「そうなんですか?残念ですが、そのPV知らないです」

そこは鉄板焼のお店だった。シェフが、目の前で肉を焼いてくれるスタイルだ。

「ちなみにあそこみたいですよ。MJが座った席は」

指差した先は、店の奥の角の席だ。

「俺、重要な事に気づいちゃったんだけど」

「なんすか?」

「MJ、確かベジタリアンだったんだよね。この肉一色の店で、MJはいったい何を食ったんだろ?」

「・・・。モヤシっすかね」

「(MJモノマネで)ココノモヤシ、ウマイネ!

「恥ずかしいからやめて下さい」

「あ〜ゴメン。今、降りてきたわ」

「ホント、勘弁してください」

「ところで君達の世代だと、MJのどの曲が好き?」

「あんまり詳しく無いんですけど、あのウォーキング・デッドみたいなビデオのヤツすかね」

「あ〜、スリラーね。俺はさ、マン・イン・ザ・ミラーって曲が好きなんだよ」

「残念ですが、その曲知らないです」

「あ、いいんだよ。気にしないで。その曲はね、「クソみたいな世界を変えたいならば、まずは自分を変えやがれ」っていうMJからのメッセージソングで、この曲のPVにはあの自己顕示欲が強いMJが最後の方にチョロっとしか出てこないんだよ」

「はあ」

「でね、その映像が日本の幼稚園児と一緒に撮影した映像なの。だから、ここでモヤシ食べた後に撮影したのかなって」

「はあ」

モヤシ、ウマイネ

「〇〇さん、ほんと冗談抜きにヤメテ下さい。もうこの店、来れなくなっちゃうじゃないですか」

「あ、ゴメン、ゴメン。また降りてきちゃってた」

「肉、冷めない内に食べて下さいよ」

「わかった、わかった。ふむふむ。あ!ヤッパモヤシ、ウマイネ

「絶対ワザとやってるでしょ。ブッ殺しますよ」

f:id:soulknuckle:20181017053726j:image

 

 

今夜、ハードロック・カフェにて

「実はさ、俺さ」

「何ですか?」

「やっぱいいや」

「なんすか?もったいぶらないで言ってくださいよ」

「あ〜、実はさ、今、映画の脚本書いてるんだよ」

「え?先輩が?」

「ああ。」

「どんな話ですか?」

「聞きたい?」

「聞きたい、聞きたい!」

「誰にも言うなよ。あのね、売れないジャズピアニストと、女優を目指して頑張るオネーちゃんが出会って、恋に落ちる話」

「それ、ラ・ラ・ランドじゃないですか」

「見たの?」

「当然、見てますよ。大好きな映画ですよ。先輩こそなんで見たんですか?あれ、先輩が絶対見ないジャンルの映画でしょ」

「まあ、この前、海外出張行った時の飛行機でね、たまたま見たんだよ」

「で、どうでした?  (※以下、ネタバレあり)」

「ジャズの話がたくさん出てきて、面白いよね。」

「そこですか。あの映画の感想で、トップでは誰も語らないそこを最初に突いてきますか」

「あと、フロック・オブ・シーガルズとか懐かしいよね。あれが嘲笑の対象だとかさ、若い奴は誰も知らないだろ」

「やっぱそこ、引っかかりましたか」

「しかし、グウェン・ステイシーが女優目指してたとはねぇ」

「え?  それ、アメージング・スパイダーマンとゴッチャになってませんか?」

「ただなぁ、ラストが納得いかないんだよな」

「え?あれがいいんじゃないですか。カサブランカ的というか、シェルブールの雨傘的というか」

「いやさ、たった5年で男も女も大成功しちゃっててブイブイ言わせてるんだよ。せめてどっちかが落ちぶれまくっててほしいよな。やっぱ男の方かな。ブクブク太って酒浸りでさ。それで、たまたま高速道路で追い抜く時に、偶然、目が合って、男の頭の中でかつて女と過ごした過去の思い出が美しく塗り替えられてフラッシュバックされる。でも、女は男に気付いたんだか気付かなかったかわからない感じで去って行く、みたいな展開がよかった」

「そんな映画、誰も見たくないですよ」

「俺は見たい。そんな展開だったら、多分、声出して泣く」

「結局、人がどんな映画に感動するかって、見る者の人生を映し出す鏡みたいなもんですからね。ちなみに先輩の好きな映画って?」

タクシードライバー一択だよね」

「笑」

「だからさ、ララランド撮った監督さあ、タクシードライバーのオマージュもバンバン入れろって。あの2つの映画さ、デートで映画見に行ったりとか、なんか似てるよね」

「全然、似てねえっす。あの2つの映画が似てるとか、感覚がおかしすぎです」

「あ!ストリートライフかかった!」

「いつの間にリクエストしてたんすか!っていつものニューウェーブじゃないですね。あ!もしかしてシャーキーズ・マシーンですか」

「おうよ。ララランドなんか忘れて、今日はバート・レイノルズを偲ぶとしよう」

 

Street Life

Street Life

 

 

 

訪韓の記録

仕事で韓国に。

通算3回目の訪韓(全て仕事絡み)になるのだが、過去の訪韓の記憶があまり無い。

あ、最初に行った時の記事、これか。あんまり覚えてないな。

2度目に行った時の事も覚えてないし、記事にも起こしていない。なんだかんだでブログって、書いておくと色々と思い出して便利だな〜としみじみ思う。

 

今回は、釜山の、日本でいうとスナックみたいな飲み屋で、韓国人のオネーちゃんから教えてもらった「チョワイヨ」(韓国語で、サイコー!的な言葉)ってワードの響きにハマってしまいました。最初は、Reefってバンドの名曲プレイス・ユア・ハンズの「オーライヤ!」の所を「チョーワイヨ!」に変えて歌って笑ってたんですよ。その後、日本語の「いや、いや、いや、いや、違いますよ」を「チョ、チョ、チョ、チョ、チョ〜ワイヨ」と変換して大声で連発していたら、店中の韓国人に「アンタ、ウルサイヨ!」「アンタ、イイカゲンニシナサイヨ!」「コロスヨ!」と、叱られてしまいました。どうやら、全韓国人の神経を逆なでするような響きを無意識に発していたようで、たくさんの韓国人を苛立たせてしまいました(同席していた日本人は大爆笑)。どうやら韓国人は、いわゆる天丼というか、しつこいノリが嫌いみたいですね。この場を借りて謝っておきます。本当にスンマヘンでした。会計を済ませて店を出た後に、なんだか忘れモノをした気がして、店に戻って「釜山港へ帰れ」を熱唱させてもらった。己の記憶に刻み込むように歌った人生初の「釜山港へ帰れ」。多少音程は外れてたけど、韓国人の皆さんも喜んでくれました。本当にチョワイヨな体験でしたよ。

 

で、なんと!仕事の合間にレコ屋に行く機会が作れました。なんでも、一緒に同行していた偉いさんが、「ジャズのレコードコレクター」との事で、意気投合。ハードスケジュールの中、なんとか時間を作ってソウル市のレコード屋に潜入することにしました。偉いさんの意向なので、上司も沈黙。ありがとう、偉いさんパワー。現地のガイドから、ソウル市明洞の新世界百貨店の地下に中古レコード屋があると教えてもらい、ワクワクしながらレコード屋へ。

俺「ディグるの久しぶりですわ」

偉いさん「え?」

俺「ああ、目当てのレコードを探すって意味です」

偉いさん「へ〜。ディグる、ね・・・」

なんて話しながら歩いている内に、到着。

あった、あった。

f:id:soulknuckle:20180828113656j:imagef:id:soulknuckle:20180828113711j:image

なんだか懐かしい感じ。昔は、東京の郊外のデパートにも、こんな店がたくさんあったな〜。

しかしながら、本棚に縦置きで置いてあって、萎える。ディグるの大変だよ、これ。

ヨダレを垂らしながらディグりはじめて数分、価格がやたら高めに設定されている事に気づく。しかも、日本盤が多い。はは〜ん、これ仕入先、ぜんぶ日本だな。それゃ、日本より高いよね。途中、可愛らしい韓国人の女の子2人組がふらっと入ってきて、背伸びして一生懸命レコードを探していた。韓国アイドルのレコードでも探してんのかなと思いきや、手に取ったのがアズテック・カメラのラブ!うわぁー、この娘達に話しかけたい!チョワイヨ、チョワイヨ言いたい!というチョワイヨ欲望を抑えつけ、ディグり続ける。

で、抜いたのがこれ。

f:id:soulknuckle:20180828125848j:image

ジョニー・キッド&ザ・パイレーツの謎の7inch 500円

f:id:soulknuckle:20180828130023j:image

WARのシスコキッド7inch 500円

これ、持ってるような気もしたけど、ちょうど10000Wにする為に購入。

その他は、高くて手が出ず。目新しい盤も無し。見切った。

1時間後・・・

俺「どうでした?何枚抜きました?」

偉いさん「抜く?」

俺「ああ、何枚買いました?」

偉いさん「日本じゃ見たことない盤、3枚買えた」

俺「よかったですね。ロックは全滅でしたよ。私はなんとか2枚抜きました」

偉いさん「抜く?」

俺「ああ、」

帰ると、マッサージで抜いた若い衆がニヤニヤと待っていた。

 

明洞で、ガキへの土産にと下記をチョイス。なんてったって韓国のゲームだもんな。ガキが狂気乱舞!チョワイヨ!

f:id:soulknuckle:20180828130713j:image

最後に、今回の訪韓で1番グッときて思わず撮影してしまった風景。派出所です。この電話から電話して〜。

f:id:soulknuckle:20180828130808j:image

Place Your Hands

Place Your Hands

  • Reef
  • ポップ
  • ¥200



ラーメンコミック・改

今日もいつもと変わらない日常。

突然炎の如く、一通のメールがメールボックスを揺らす。

 

拝啓

突然のメール大変失礼致します。

私は、◯◯テレビのディレクターの◯◯と申します。

この度、貴方が8月7日付けのブログに書かれた「ラーメンコミック」というタイトルの記事について、私の手掛ける「世にも珍妙な物語」という番組でテレビドラマ化させていただきたくご連絡させていただきました。

 

え?何だって?!世にも珍妙な物語っつったら、あのタボリがストーリーテラーをやってる〝まるでヒッチコック劇場〝みたいなあの番組か!若手監督、若手脚本家の登竜門と言われ、あの石井俊三が無名時代に撮った「打ち上げ乳首 股下から見るか横チンから見るか」もこの番組で放送されていた。マジか!

メールはこう続く。

 

しかしながら、若干のリライトをしていただく必要があります。まず、「汚マンガ」という表現。あの表現が放送コードギリギリなので、何か別の単語に変更願います。

 

ちょっと待てよ。あの記事は、あの単語のもつダブルミーニング的響きをニヤニヤしながら楽しむだけの出落ち記事だぞ。あの記事からあの部分を奪っちまったら、後には何にも残らないじゃないかよ!

 

それと、実名のマンガも色々と権利関係があるので、変えて下さい。ただし、ドラゴンボール、ワンピース、サザエさんに限り、使用可能です。

 

まあ、これは仕方ない。しかし・・・サザエさんか・・・。

 

さらに、テレビ的には落ちが弱いです。もう少し猟奇的でパンチのある落ちにリライトしていただけませんでしょうか。

 

猟奇的?猟奇的でパンチのある落ちってどういう事だ?わけわかんねぇぞ。

 

現在、配役は、松軽豊さんを起用する方向で調整中です。

 

松軽豊っつったら、「グルメの如く」のあの俳優だよな。ということは、俺のあの話を猟奇的でパンチのあるグルメ話にしろっていうのか。無理だ。断ろう。

 

ちなみに原稿料ですが、著作権料込みで300万円でいかがでしょうか。ご検討の上、ご返信いただけると幸いです。宜しくお願い申し上げます。

 

よし、決めた。この話、受ける。

さっそくリライト作業に取り掛かった。

 

【ラーメンコミック・改】

 

ラーメン屋に入る。

注文を終えると、部下(女子:配役は、吉岡里帆を希望)がふらりと席をたち、マンガを持って帰ってきた。そのマンガがとにかく汚いのなんの。

「おい、メシ前にそんな汚いマンガ持ってくるんじゃないよ。食欲が失せちゃうよ」

「課長、知らないんですか。これ、ワンピースですよ」

「え?」

「ワンピースっていうマンガですよ。めちゃくちゃ面白いんですよ」

「だから?」

「このマンガの戦闘シーン、書き込みが物凄く迫力あるんですけど、買ったばかりの綺麗なマンガだとなんか今ひとつなんですよね。この、ちょうどラーメン屋さんに置いてあるぐらいの汚さが、ページに絶妙な効果を生んでるんですよ。いわば、ジーンズのダメージ加工みたいなものです。この味は、なかなか出せないんですよ。もはや芸術の域です。私は家にワンピース全巻揃えてるんですけど、改めてここで読み直してるんです。新たな発見があるんですよ」

「それにしても汚いだろ」

「あ、これ実は、煮込んでるんですよ」

「え?」

「ここのラーメン屋さんのスープ、ワンピースでダシとってるんですよ」

「うそだろ」

「うそで〜す」

「おいおい」

「いいから読んでみて下さいよ」

「え〜、俺、こういう絵柄苦手なんだよな〜」

「課長って、どういうマンガが好きなんですか?」

「俺?サザエさんとか」

「あ〜」

「なんだその微妙なリアクションは」

「ラーメン屋さんに似合わないマンガ読んでますね〜。はっきり言ってヌルいというか」

「うるさい。長谷川町子ディスるんじゃない」

・・・ん?このマンガ、面白いな。次、どうなるんだ?

「どうですか?面白いでしょ」

「うん、まあな」

「この汚れた感じが、またいいでしょ」

「まあ、なんか懐かしい感じはするな」

「これなんて言うか知ってますか」

「なに?」

「汚メガです」

「お、汚メガ・・・」

その日から俺は、汚メガの魅力に取り憑かれてしまった。ページをめくるたびに鼻腔を突き刺す汚メガの臭いを味わいたいが為に、ラーメン屋に通った。ワンピースを読破した後は、ドラゴンボールという汚メガにふさわしいアクションシーンが迫力あるマンガを読破した。

帰宅して、本棚に綺麗に並べられたサザエさん全45巻+よりぬきサザエさん全13巻を見る。汚さないように、ページを開きすぎないようにと、神経を使って大切に大切に読んできたサザエさん全45巻&よりぬきサザエさん全13巻。これを全部煮込んでやりたい衝動に駆られた。刹那、棚のはしから乱暴にサザエさん全45巻&よりぬきサザエさん全13巻を剥ぎ取り、寸胴鍋にぶちこんで、豚骨と鶏ガラを加え、弱火で3日間煮込む。十分に煮込んで汚メガ化したサザエさん全45巻&よりぬきサザエさん全13巻を取り出し、むしゃぶりついた。美味い。やっぱりサザエは美味い。いや待てよ。サザエといえば、やっぱりつぼ焼きだよな。そうだよ、つぼ焼きだよ。なんだってんで全巻煮込んでしまったんだ。サザエの魅力が全然引き出せてないだろ。突然、サザエの汚メガを炭火でつぼ焼きにして、楊枝でくり抜いて喰らってやりたい衝動が抑えられなくなってきた。サザエの名産地といえば、長崎県。松軽豊は、長崎県へと向かった。長崎県の漁港では、なぜか吉岡里帆が偶然待っていて、「一緒にサザエの汚メガをクリクリくり抜きましょう」という台詞を、極めて可愛らしい調子で言うではないか。そして2人はウエットスーツに着替え、長崎の磯に潜る。一通りダイビングを楽しみ、ほどよく疲れた後、長崎チャンポンの店でサザエさんを探すが、どこの店にもサザエさんは置いていない。あるのは、ワンピースとドラゴンボールばかりだ。サザエさんは、もはや絶滅危惧種となっていた。落ち込む松軽豊。雨の長崎のバーで一人ヤケ酒を飲む松軽の元に、有力な情報が届く。長崎県には無いが、佐賀県になら現在もサザエさんを置いているラーメン屋がたくさんあるという。早速、佐賀県へと向かう松軽豊。最初に入ったドライブインで、サザエさん全45巻とよりぬきサザエさん全13巻を発見する松軽。感極まった松軽は、途中で偶然入手したダイナマイトで、ドライブインごと爆破して、サザエの汚メガのつぼ焼きを、時々喉に詰まらせながら、食べるのであった。

 

前略  ◯◯様

取り急ぎリライトしましたので、送信致します。内容、ご確認願います(かなり猟奇的な内容に仕上がったと自負しております)。

また、下記、何点かお願いがあります。

・撮影の際はスタジオ見学に行かせていただきます。見学の交通費は、そちらで御負担願います。新幹線はグリーン車でお願いします。また、長崎ロケにも同行させていただきます。こちらの移動は航空機(ビジネスクラス)でお願いします。

・タボリさんに会わせて下さい。

著作権は一旦そちらに預ける形となりますが、映画化の際は、再度、交渉させていただきます。

・挿入歌は、トム・ウェイツを起用願います。特に長崎のバーでヤケ酒をあおるシーンでは、トム・トルバーツ・ブルースを。最後のシーンでは、エニウェア・レイ・マイ・ヘッドを必ず使用して下さい。

宜しくお願い申し上げます。

 

ラーメンコミック

ラーメン屋に入る。

注文を終えると、部下がふらりと席をたち、マンガを持って帰ってきた。そのマンガがとにかく汚いのなんの。

「おい、メシ前にそんな汚いマンガ持ってくるなよ。食欲が失せちまうだろ」

「課長、知らないんすか。これ、キングダムですよ」

「あ?」

「キングダムっていうマンガですよ。めちゃくちゃ面白いんですよ」

「だから?」

「このマンガの合戦シーン、書き込みが物凄く迫力あるんですけど、買ったばかりの綺麗なマンガだとなんか今ひとつなんすよね。この、ちょうどラーメン屋に置いてあるぐらいの汚さが、ページに絶妙な効果を生んでるんですよ。いわば、ジーンズのダメージ加工みたいなもんです。この味はね、なかなか出せないですよ。もはや芸術の域です。自分は家にキングダム全巻揃えてるんですけど、改めてここで読み直してるんです。新たな発見があるんですよ」

「それにしても汚いだろ」

「あ、これ実は、煮込んでるんですよ」

「え?」

「ここのラーメン屋のスープ、キングダムでダシとってんすよ」

「うそだろ」

「うそです」

「テメー」

「いいから読んでみて下さいよ」

「え〜、俺、こういう絵柄苦手なんだよな〜」

「課長って、どういうマンガが好きなんすか?」

「俺?タッチとか」

「あ〜」

「なんだその微妙なリアクションは」

「ラーメン屋に似合わないマンガ読んでますね〜。はっきり言ってヌルいというか」

「うるさい。あだち充ディスるんじゃない」

・・・ん?このマンガ、面白いな。次、どうなるんだ?

「どうですか?面白いでしょ」

「うん、まあな」

「この汚れた感じが、またいいでしょ」

「まあ、なんか懐かしい感じはするな」

「これなんて言うか知ってますか」

「なに?」

「汚マンガです」

「お、汚マンガ・・・」

その日から俺は、汚マンガの魅力に取り憑かれてしまった。ページをめくるたびに鼻腔を突き刺す汚マンガの臭いを味わいたいが為に、ラーメン屋に通った。キングダムを読破した後は、北斗の拳ジョジョの奇妙な冒険、はじめの一歩など、汚マンガにふさわしい迫力あるマンガを次々と読破した。試しに美味しんぼを読んでみたが、これはまったく汚マンガにマッチしなかった。

帰宅して、本棚に綺麗に並べられたタッチ全26巻を見る。汚さないように、ページを開きすぎないようにと、神経を使って大切に大切に読んできたタッチ全26巻。これを全部煮込んでやりたい衝動に駆られた。刹那、棚のはしから乱暴にタッチ全26巻を剥ぎ取り、寸胴鍋にぶちこんで、豚骨と鶏ガラを加え、弱火で3日間煮込む。十分に煮込んで汚マンガ化したタッチ7巻を取り出した。やっぱりな。タッチも十分いけるじゃねぇかよ。美味い。