読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺が考える真田丸

真田丸、毎週欠かさず見てます。正直、おもしろいっす、三谷さん。

でも、真田家好きの俺には不満もある。

お兄ちゃんの信之、俺の中ではもっとかっこいいイメージなんだよな〜。

(大泉サン、がんばってるんだけどさ・・・。)

 あと、後藤又兵衛も、なんかイメージ違うんだよな〜。

哀川翔さんが悪い訳ではないんだけどさ・・・。)

 それとね、三谷さんにこれだけは言いたい。九度山の生活をあっさり描きすぎたね。あれはもっとじっくりと悲愴感満載で何週間も何週間も視聴者が嫌になるくらいやるべきだった。毎週毎週、視聴率が落ちまくるくらい、救いの無い描写で描ききるべきだった。そして、耐えて耐えて耐えて耐えて耐え果てた末、幸村を大阪に行かせるべきだった。そして、爆発。大爆発だよ。

半沢直樹が幸村にキャスティングされたと聞いた時、俺の脳裏には真っ先にこのイメージが浮かんだくらいだ。屈辱の果てに怒りの大爆発がくる。そこにえも言わぬカタルシスがある。なんてさ・・・もしかしたら、田舎で燻り続ける今の自分の姿を、真田に重ねているかもしれないな。

まあね。よくよく考えれば、家に帰ればそこには菅野美穂が待ってるっていう男に、悲愴感なんか出せるわけないわな〜。滲み出ちゃうんだよな、やっぱ。半澤演ってた頃はギラついてたよな〜。

 

そこで、「俺が考える真田家の大河」ってことで、今後、ちょこちょこ上げていくことにする。

タイトルは、「六文銭」。

真田丸」もすごくいいタイトルだけど、俺はやっぱこれかな。「地獄への片道切符」って感じで、死を既に背負って来てる「死ぬ事が前提」ってのが、真田幸村っぽいんだよな〜。

〈主要キャスト〉

真田幸村真田広之

死を背負う男、やっぱデュークしかいないでしょ。

真田信之阿部寛

ガタイはでかい、頭はキレる、力も強い、戦も上手い、常に冷静、なんでもできる完璧兄ちゃんはこの人しかいない。

 真田昌幸

パッと思いつかないけど、小さくてギラついてる人がいいよね。深作欣二監督とか、俺のイメージに近いかな。

現在、第1話構想中。乞うご期待。

 

雨の金沢城

ちょうど一年前、思いがけず金沢を訪問する事ができた。

私の興味の中心は、金沢城にあった。

なんといっても「加賀百万石の前田家」である。

少し自由時間ができたので、金沢城まで足を運んでみた。

城門をくぐると、まるで私の入場を拒むかのごとく大粒の強雨が突然降ってきた。この調子だと、しばらく止みそうにない。

「せっかく参ったというのに、拙者はここで門前払いか・・・」ひと苦笑して引き返す事にした。

城の受付で、「ここには武将グッズとか売っていないんですか?」と聞いてみた。

受付の方は「へ?」といったリアクション。

前田利家グッズとか、前田慶次グッズが欲しいんですけど。原哲生書き下ろしのクリアファイルとか、槍型ボールペンとか、長いキセルとか、そういうやつですよ」と言うと、「そんなの置いてませんよ(笑)」と笑いやがった。

笑われた事がなんとも悔しかったので、受付の隣のトイレでデカい糞をヒり出して帰ってきた。

 

ドブネ〜ズミ   ミたいに

子供と一緒にブルーハーツを聴いている。

子供から「ドブネズミって本当に美しいの?」と訪ねられ、返答に困る。

え〜と・・・ドブネズミ、見た事無いよね。へたしたらドブもネズミも知らないか。参ったな。

 

でも正直、俺、リアルタイムではあまりブルーハーツ聴いてなかったんだよね。

同世代の友人達がブルーハーツで盛り上がっている頃、僕はザ・クラッシュを聴いていた。英語はさっぱりわからなかったけど、「白い暴動」とか「ロンドン・バーニング」とか、(歌詞の対訳を読んでも意味がさっぱりわからなかったのは内緒だけど・・・)クラッシュの皆さんが何かに怒りまくっている事はよーくわかった。特に”体制”ってやつにね。高校生の僕は、学業や、恋愛や、スポーツや、人間関係や、上手くいかない事全て”体制”のせいにして、勝手に怒りまくっていた。だから、「ブルーハーツ、その程度の怒りじゃ体制に抗えないぜ」って思ってた。

でもブルーハーツ、やっぱり見逃せないパワーがあったよね。

意外と好きなのは、後期の曲だったりする。夕暮れとか、千のバイオリンとか、夢とかさ。

 

 最近、歳をとったせいか、「疲れた〜、疲れたな〜」って台詞が口癖になってしまい、たいして疲れていない時でも、職場・家庭などで連発している自分がいる。ある日、育ち盛りの息子達が「疲れた〜、疲れたな〜」と呟いているのを見て、ゾッとした。いかん、いかん。俺がなんの気無しに発する”負のオーラ”という病原菌が、いつの間にか家庭内に蔓延しているではないか!

 その日から、新しい口癖を考えることにした。「ガンバレ!」ってのはどうだろう。口に出して言ってみると、ブルーハーツ的な高揚感があるが、”現状に満足してないから上げていこう”といった”見上げ目線”がものすごく不快なので、却下(同様の理由で中島みゆき的な「ファイト!」も却下)。ここは、上から目線で「幸せだな〜」ってのはどうだろう。その発語の気恥ずかしさから思わず顔面筋肉の弛緩(ニヤケ)を伴うが、割としっくりくる。ただ、おそらく日本で一番このセリフを発していると思われる若大将の人生がそれほど幸せに見えない点が気になるが・・・。あと、とても会社では言えねーよなー。ここは、「バッチこ〜い!」ってのはどうだ・・・などと自宅の洗面台の前で色々なセリフをひとりごつ、2016年冬。

 

 

3兄弟

3兄弟っていいよね。学校に1、2組はいたかな。迫力あってよかったな。

3兄弟と聞いて思い出すのは・・・

中村3兄弟(柔道)、井筒3兄弟(相撲)、亀田3兄弟(ボクシング)、定岡3兄弟(野球)、ギャラガー3兄弟(オアシス)、だんご3兄弟、エリック3兄弟(鉄の爪)、ゲレロ3兄弟、毛利3兄弟・・・たくさんいますが、スポーツ関係多いね。

ま、オアシスの映画が公開されるみたいなので、記念に。

 


『オアシス:スーパーソニック』予告 HD

短編習作 

*ぎゃらがあ*

俺の名前は、”りあむ”ってんだ。もちろん日本人だよ。ああ、そうだよオアシスだ。俺のオヤジが好きでね、つけちまったらしい。そのオヤジは急性アル中で早々と死んでる。

ちなみに兄貴の名前は、まあ、お察しの通り”のえる”だ。長男だよ。

本当のノエルは「次男」、リアムは「三男」だってのに、オヤジはその事実も知らなかったんだぜ。ひどい話だよ。

俺はりあむって名前だけど、歌は下手だ。ケンカもすこぶる弱い。ルックスも親父に似て純和風だ。ただ、名前がりあむってだけさ。

兄貴との仲が最悪な事だけは、あそこの兄弟の事情と一緒だ。もう何年も会っていない。アニキは、親父の事を憎んでいて、ずっと改名したがっていたが、今は「のえる・こえる」ってコンビ名で漫才をしているらしい。

正直、暗い青春時代を過ごしてきたけれど、高校の卒業記念にマンチェスターに行ってみた。

パブで、「マイ・ネーム・イズ・リアム」といってパスポートを見せてみたが、鼻で笑われただけだった。今思えば、綴りがRiamuだからな。

その後、職場で「かあと(漢字:火亜人)」という名前のヤツと出会う。もちろん日本人だ。笑っちまった。かあとはデブ&メガネで、麻雀好きだった。

「お互い大変だね」「ああ」

俺はなんだか救われた気になって、かあとを誘ってカラオケに行った。その日、色んな思いを込めて、スタンドマイクで後ろ手を組んで歌ったDon't Look Back In Angerは、今までの人生で一番伸びやかに声が出ていたかもしれない。

歌い終わった後、かあとがぼそっと呟いた。

「その曲、ノエルのボーカル曲なんだけど」

 

ckrecord.hatenablog.com

 

 

ブルージュ備忘録

忘れないように書いておくと、アムスの前にブルージュを訪れた。ご存知ですか?ベルギーのブルージュっていう街を。

仕事でベルギーを訪問することになり、関係先の方から「宿泊はどちらを予定されてます?僕はブルージュをお勧めしますよ。ていうか、ブルージュがいいですよ。ていうか、ブルージュしか無いですよ。ていうかブルージュにしろよ!しとけ!一生後悔するぞ!まじで!」と強力プッシュされてしまい、押しに弱いボクの頭の中は、選択肢がブルージュだけになってしまった。早速、旅行会社の担当に電話して、「あの〜、この間お願いしたベルギーの宿泊先なんですけど、ブルージュってとこにできます?ていうか、ブルージュにしてくれます?ていうか、ブルージュしか無いんですよ!ていうかブルージュにしろよ!しとけ!一生後悔するぞ!まじで!」と言って、既に決まっていた宿泊先である首都ブリュッセルから、ブルージュに無理矢理変更させた。

で、噂のブルージュなんですけど、噂通り素晴らしい街でした。変更大正解。昔ながらの雰囲気を大切に守っている街というか、街自体が文化遺産状態なんですよ。街に入る際に、ものものしいゲートがあるんですよ。そこをくぐって、街に入っていく。あれ例えるならば、”ドラクエの街”についた感じだね。「思わぬ強敵の襲撃にあい、ライフが残り少ない状態で命からがらようやくたどり着いた街」って感じのドラクエの街を思い出してください。ジーンとくるでしょ?さっそくホテル探して休むでしょ?そのホテルの宿泊料が安いと安心するでしょ?ブルージュってあの感じなんですよ。(ブルージュのよさが全く伝わらないって?はい。そもそも伝える気がありません。実際に行ってみてください。)

で、街にはボクの大好きなレコード屋さんもありました!この店の名前は、Den Elderレコードって読むのかな?すごくいい雰囲気のレコード屋さんです。レコード屋さんが残っている街は本当にいい街だと思います。残念ながら時間が無くて、店の中に入る事も、盤を漁る事もできなかったけど、またいつかこの街を訪れて、Den Elderレコードに入ってみたいものです。

(出不精のボクがそんなふうに思う街って本当に少ないんですよ。だから、ブルージュは本当にいい街です。ベルギーに宿泊する機会があったら、絶対、ブルージュですよ!)

 

その他のベルギーの印象

・女性がしっかりしていて、とにかく全ジャンルの職種で女性が最前線で仕事をしている印象を持った。戦争負け続けの「情けない男でゴメンよ」歴史がそうさせたのか?歴史って、結構ヘヴィーだよな〜。

・バケツ大の器で出てくるムール貝のワイン蒸しを、ワイン片手に喰らいまくった。もうムールはしばらくいいや。あれから1年経ったけど、まだムールはいいや。