ちょうの

庭を、デカい芋虫が一匹、ずむずむと這い歩いているのを息子達が発見してしまった。

息子達は、ワーワーとやかましく騒ぎ立て、棒で突っついては、のたうち回る芋虫の姿を見て笑っている。

なんだかたまらなくなった僕は、息子達から芋虫を取り上げ、大きな木の陰に避難させてあげた。芋虫は、むずむずと木の幹を登り出し、じきに見えなくなった。

 

ある日の事、いつものように上司と場末のキャバクラで飲んでいると、

「新人の蝶野さんで〜す」とボーイが新しい女の子を紹介した。そこには、店内の客全員がチラチラと視線を送ってくるくらい、場末のキャバには不釣合いな恐ろしく綺麗な女性が凛と立っていた。

そんな麗しき蝶野さんが、登場時からあからさまに僕だけの方を見て、その視線を外さずにニッコリと微笑むと、もはや座るスペースの無い僕の隣に、大きな尻をすりつけて割り込むように腰をかけた。衣服越しに彼女のお尻の柔らかい感触が伝わってくる。そして、僕の膝上やや股間寄りの位置にそっと手を置いた。ズボン越しに手の温もりが伝わってくる。その一連の行動に少し驚いて蝶野さんの方を見ると、小さな少し高い声で「私の事、覚えてますか?」と囁くように言った。酔った頭で思考回路をフル回転させ、取引先の受付嬢や学生時代の同級生といった「こういう場でいかにも出くわしそうな女性ファイル」を大急ぎでめくる。が、思い出せない。

「忘れちゃいましたか?」

「えっと・・・ゴメンね」

「いいんです。私、あの時の幼虫です」

「へ?」

「あの時、あなたに助けていただいた幼虫です。こうして無事に蝶になりました」

「ええ!?」

「フフフ、驚いちゃいますよね」

「えええ!?」

「シーっ。そんなに驚かないで。あなたに、あの時のお礼がしたくって」

 「はあ」

「何でも、あなたの望みを叶えます。言ってみてください」

「・・・えっと、お金かな」

「あ、そういうの無理です。アラジンの魔法のランプみたいなやつは、無理なんです」

「え?じゃあ・・・、この店の一番高い酒?」

「あ、そういうのもNGなんです」

「え?じゃあ・・・特に無いかな」

「え?・・・あの、私って、魅力無いですか?」

「はい?」

「私、あなたに抱いてほしくって、ここに来たんです」

「え?だって、あんた、チョウチョなんでしょ?チョウチョ抱けないよ〜」

「!」

「なんで先に言っちゃうかな〜。全部終わった後に言ってよ〜。ま、服脱がせて、これからって時に言われるよりはいいんだけどさ〜」

「!」

「でしょ。なんで言っちゃったの?」

「・・・つい、嬉しくて。スミマセン」

「もう、「望み叶える」とか言っちゃって、チョウチョのくせになんか自信満々なんだもん。引いたわ〜」

「・・・スミマセン」

「しかも、夜の蝶になって恩返しにくるなんて、どんだけベタな展開なんだよ〜。これ書いた脚本家、誰だよ〜?」

「・・・」

黙りこくった彼女は、小さく小さく小さくなって、やがて僕の手の中におさまる綺麗な色の蝶ネクタイに姿を変えた。

蝶ネクタイか・・・。色々考えて、キャバクラのボーイが片膝を着いた時に、襟元にそっとつけてあげた。これで毎日、会えるね、と。

 

ckrecord.hatenablog.com

 

草を刈る人

いい加減、庭の雑草がひどい事になってきたので、妻がネットで草刈り機を購入した。

てっきりチェーンソーみたいな本格的なアレが来るのを想像していたのだが、届いた草刈り機は非常にコンパクトなサイズのものだった。

当然、パワーも弱く、伸びた雑草の上の部分をちょっとだけ刈るぐらいの仕事量だ。

「パワー弱いね」

「そう。ムダ毛処理みたいね」

ムダ毛処理・・・妻が何気なく発したその一言が、なんだかものすごいエロ・パワーでもって僕の胸にズシンと響いて、その日から草刈りを自ら積極的にするようになった。

そんな僕の姿を見て、しきりに不思議がる妻。まあ、よいではないか。理由は語るまい。

iPodで音楽を聴きながら、庭のムダ毛処理をしていると、なんだか雑草達の声が聞こえてきた。

 

「あー、せっかく光合成してやってるってのに、なんで人間は俺たちを抜いちゃうかな〜?」

「そうだ、そうだ。俺たちが出す酸素が無くなったら、人間なんか死んじまうんだぞ」

「あー、芝はいいよな〜。芝はなんか優遇されてるよな」

「俺も芝になりてーよ」

「俺なんて、ずっとずっと芝になりたいって思ってたら、見た目、芝みたいになっちまったよ」

「確かに!あんた、かなり芝に寄せてきましたな〜」

「そう、パっと見、芝でしょ(笑)」

「しかし、雑草界の王者っていったい誰なんだろうね?やっぱクローバーとかかね?」

「あれでしょ、鈴木啓示さんの家に生えてる雑草でしょ」

「あ〜草魂!あれで、我々雑草のステータスが一段上がりましたからな〜」

「でも鈴木さんも家に生えてる雑草は抜いてるって話だぜ」

「嘘だろ!?踏んでるんじゃないのか?」

「踏んでない。抜いてるらしいよ」

「草魂が泣いてるぜ〜」

「あー、芝になりて〜な〜」

「俺たちの生命力ってものすごいじゃん。サハラ砂漠とかに輸出するってどうかな?」

「いや、俺たちは過酷な状況じゃ生きられないでしょ。だって冬は枯れてるじゃんよ」

「あ、そっか」

「結局ね、ぬるま湯でしか生きられないのよ、俺たち」

「うわーーーー頭を刈られた!何これ?」

「うわーーーー俺もだ。ん?根っこは抜かれてない。刈られたんだ!」

「刈られた・・・・こんな感じ、葉・じ・め・て」

「なんか芝みたいじゃーーん!最高!!」

 

そんなムダ毛のムダ口を聞きながら、僕は黙々と処理を遂行する。

デートにリーバイスを濡らしてはいていく話

昨日のブログのタイトルのXXで、リーバイスの事を思い出した。今ではめっきりはかなくなったリーバイスだけど、高校時代はせっせと貯めた小遣いで高額なリーヴァイを躊躇なく何本も何本も買っていた。何故にそれほどリーヴァイを買っていたかというと、501は、当時細身すぎる俺の下半身には全くフィットしない形で、いくら穿いてもしっくりこなかったからだ。でもそれが、「俺の下半身の形と501の相性だ」って事に気付かずに・・・・・・いや、それは嘘だ。本当は気付いていたんだ。リーヴァイと俺の下半身は相性が悪いって事。でもその事実を自分ではとても受け入れられず、「リーヴァイを穿きたい」という気持ちの方が勝ってしまって、定期的にリーヴァイを買っては、「違う、これじゃない」また買っては、「違う違う、これじゃこれじゃな〜い」を何遍も何遍も繰り返していた。下半身の相性ってやつは重要だよね。

色の落とし方にもこだわっていて、買ったリーヴァイはほとんど洗われる事が無かった。「家に帰ったら勝手にお母さんが洗ってガンガンに干してた」ってのは、ジーンズ大好き芸人が言いそうなジーンズあるあるだが、我が家では、ジーンズ洗濯禁止令を発令し、ジーンズはカギ付きのロッカーに厳重に保管されていた。今思えば、リーヴァイを盆栽のように栽培していた感覚に近い。友人と、「いい味出てきましたな〜」とか、「自転車乗りの色落ちは、カーボーイの色の落ち方によく似てますな〜」とか、ヒゲがどうだとかタテ落ちがどうだとか、とにかくデニム話に登校から下校まで花が咲いた。だけど、クラスの女子には全くウケてなくて、「洗ってないの気持ち悪い」だの「臭い」だの言われていた。

で、いよいよ本題。高校の時に、初めて休日に女の子とデートする事になった。僕は、何故か当時みんながしていた格好の、「ヘインズの白いTシャツに501」というシンプルの極みのような服装を迷わずチョイスした。で、当時好きで見ていた映画「さらば青春の光」で、主人公の ジミーがやっていたリーヴァイを濡らしてはくとカッコイイってやつを思い出し、自分も風呂場で濡らして穿いていった。これがね、大変だったんですわ。電車のシートに青い大きなシミをつくっちまって、小便と間違われるわ、青い小便ってお前は何者だ?(宇宙人か?)って言われるわ、デートどころじゃなかったな・・・。

そんな事を思い出していた。

あの時、たくさん買いまくったリーヴァイは、ベルボトムのブームが訪れたときに、後輩達に全部あげてしまった。そして実家には、もはや1ミクロンも穿きたいと思わない大量のベルボトムだけが悪臭とともに残っている。鍵付きのロッカーを開けるたびに、デレク&ドミノスの「ベルボトム・ブルース」が心の中で流れるのです。

 (文の途中から敢えて「リーヴァイ」って表記に変えたのは、昔、外人の知り合いに、「通なアメリカ人は、リーバイスの事をそう呼ぶ」って教えてもらったからだ。あの情報、本当かな〜。)

XX

「おはよう!新入社員の諸君!!」

「・・・。」

「あれあれ?ノーリアクション?ノリ悪いな〜。君ら大丈夫?テンション、アゲアゲでいこうぜ〜」

「・・・。」

「・・・ま、いいや。今日から、君達3人のトレーナーを務めさせていただきます、入社5年目のタカハシでーす。シクヨロ〜!」

「・・・。」

「おいおい、マジで元気無いな〜。いい加減にしないと仏のタカハシも怒っちゃうよ〜。じゃあ、自己紹介からいこうか。まずは・・・君から。あ!親近感を増すために、俺がみんなにアダ名つけるね。君は、え〜っと・・・サバ。魚のね」

「・・・オリバー。担当はボーカルとベース  」

 

「それだけ?それだけなの?もっと意気込みとか無いの?社長になりたいとか、会社変えてきたいとか、そんなの」

「・・・」

「サバ〜、元気無いよ〜。しょうがね〜な〜。これだからゆとり世代はな〜。じゃあ、次。君いこう。あだ名は、え〜っと、アリソン・モイエ」

「・・・ロミー。担当はボーカルとギター  」

 

「え?君もそれだけ?他になんかないの?趣味とか、休日の過ごし方とか」

「・・・」

「え?無言?なんか俺、パワハラしてるみたいになっちゃってんじゃん。頼むから訴えないでくれよ〜」

 「・・・」

「じゃあ、次。君、モジャモジャ」

「自分、ジェイミーっす。担当はキーボードとプログラミング。趣味はDJっす。休日はDJしてます」

「おお!モジャモジャ、君とは話しが合いそうだね!」

「ホホホトホトホト・ホトケノタカハシ」「笑」

「え?」

「アリソンモイエ、イエイエイエアゲアゲデイコウゼエイエイエイエイ」「笑」

「モジャモジャ?なんだ、今の?」

「サンプリングっす。先輩の声、サンプリングしました」

「はあ?お前、ナメてんのか?」

「ナメトンカ〜、ホンマナメトンカ〜」

「え?何これ?」

やしきたかじんのサンプリングっす」

やしきたかじんって誰だ?」

「えー、たかじん知らないんすか?これだから関東の人はな〜」

「モジャモジャ、やめろ」

「シ・シ・シ・シクヨロ〜〜シクヨロ〜」「笑」「ウッタ・ウッタ・ウッタエナイデクレヨ〜」

 

「・・・お前ら全員、X(ダメ)だ!XX(ダメダメ)だ!!」

 

なんてバカ上司タカハシ君の怒鳴り声が聞こえてきそうな、The XX。

私、今、彼等のOn Holdって曲が頭の中で鳴り止みません!


The xx - On Hold (Official Video)

 

このPVもやたらエロくて最高なんだけど、こいつらが奏でるNEW ORDERみたいなサウンドにやられっぱなしです。

フジロック、グリーンステージのトリ前か〜。昨年のベックの時間だよね。無理だな。見れないな。しかも、On Holdは、普通だとアンコールの一曲目か。絶対に無理だな。あ〜。

 

ckrecord.hatenablog.com

 

おんがくのじかん

「お前達さ、学校の音楽の授業って楽しいの?」

「全然楽しくない」

「はっきり言って退屈」

「ダメだな〜。だいたいさ、音楽ってどういう漢字で書いてあるかわかる?」

「?」

「もう習ってる字だよ。「音を・楽しむ」だよ。音を楽しむ。それが音楽なんだよ。」

「!」

「授業が面白くないのは、お前達が楽しんでないからだよ。あと、これは俺の推測だが、多分、教えている側のお前達の先生も全く楽しんでないな」

「!!」

「本当の音楽ってのは、演奏しながら、聴きながら、アホみたいに踊って楽しむ事なんだと、俺は思う。それが音楽なんだよ。例えば、コレな」


Doctor Prats - Ara! [Aham Sigah, 2016]

 

「どうよ?こいつら、最高だろ。今年のフジロックにさ、来るんだよ。一緒に踊ってオーオー叫んで盛り上がろうや。それが、俺がお前達に教える音楽の授業だよ」

「!!!」

 

フジロックフェスティバル開催まで、2か月きりました。家族の洗脳もいよいよ開始です。