チンコン・ミーンズ・アイラビュー

妻は友達が多い。さらに、人望もある。妻のスマホには、毎日、毎日、メールやらラインやらがひっきりなしにチンコン、チンコン入ってくる。妻はいつも、「なぜか、わたしのスマホは電池の持ちが悪いのよね〜」と嘆いているが、理由は明らかだ。チンコンが鳴り止まないからだ。妻に買われたスマホは、触ると常に熱い。いつだってチンコン・ハードワーク状態だ。

一方の僕。一日過ごして、携帯がチンコン鳴る事はほとんど無い。電池の持ちもすこぶるよい。触るとスマホが冷んやりしやがる。ま、学生時代のあだ名、イアン・カーティスだしな(内省的)。僕のスマホは、暇すぎていつも鼻くそほじってらあ。

 

ある日、そんな僕に、毎日決まって10時15分、定期的にチンコンとメールがくるようになった。その内容は、タイトルが「わたしのおっぱい揉んでください」ってやつ。

いわゆる迷惑メールってヤツなのかな。みんなはその類のメールは読まずに速攻削除するか、着信拒否にしているのであろうが、僕は違う。一人ぼっちの僕のもとに届いた大事な大事なメールだ。「チンコン」と着信音がなると、「今、まさに、大親友からメールが届きましたよ!」風を装って、スマホの画面を大事そうに見て、「あっ」なんて小さく声に出しながら、スマホを人から見えないようにちょいと傾けて、一語一句漏らさずにじっくりと読みこむ。業務を中断して鬼の如く熟読だ。

 そして、この文を書いた人はどんな人なのかな?って思いを馳せる。やっぱりグラマラスな女性なのかな?残念だけど、この手のメールは男性が書いてるんだろうな〜。これを書いている時にも、チンコンを触っているのだろうか。

やがて、このメールに返信したいという欲望がどうにもこうにものっぴきならないくらい止まらなくなってきてしまった。メールは受け身ばかりでは物足りない。こちらからチンコン攻めするべきだろ。ついに、キヨシローが僕の枕元に立ち、バッテリーはギンギンだろ?って言いはじめた。

そんな悶々とした思いを募らせているある日、妻から、

「友達の旦那さん、変なメールに返信しちゃって、スマホが動かなくなっちゃったんだって。話題のランサムウェアってやつらしいよ」

「え?」

「どうしてそんな変なメールに返信しちゃうのかしらね?」

「あ、ああ。ちょ、ちょっと、俺には理解できないな〜。信じられないよな〜。アハハ」

変な汗が身体中からドバッと吹き出した。スマホがフリーズだと?それは困る。今、スマホがチンコン鳴らなくなるのは、物凄く困るんだ。

僕はマグロだ!受け身でいい!もし、サザエさんの登場人物になれるのであれば、まだ空いている「マグロさん」というキャラに喜んでなろう。

今日もチンコンというスマホのいななきに反応し、濡れた目で画面を見つめるマグロさんであった。

謝罪の黙示録

「おい、開けろ!おい!」

「こんな時間になんだろう?」

「早く開けろ!」

「はいはい、ちょっと待って下さいね。え?あなた達は?」

「我々は、サイバー警察だ」

「サイバー警察?」

「なんだ、貴様、サイバー警察も知らんのか。まあ、いい。お前、猥褻な内容の文章をネット上にたくさんあげているだろ?電脳罪だ。法律違反により逮捕する」

「えっ?ちょっと、ちょっと、待って下さいよ。電脳罪ってなんですか?」

「貴様、電脳罪も知らんのか?先の国会で可決されたネット上の猥褻な表現を規制する法律だ」

「いやいや、私、ネット上に猥褻な表現なんてアップしてないですよ。人違いじゃないですか」

「何をスッとぼけている。貴様の管理するCKレコードとかいうブログの事だ」

「あ〜。あれは、死んだ親父が運営していたブログで、亡くなる際に「俺の遺書みたいなもんだ」って私に託されたものです。父の意を汲んで、そのまま公開してますが・・・。父はロックを愛する熱いハートを持った人間でした。決して猥褻な内容などでは・・・」

「うるさい!では、2017年7月5日の日記を見ろ。○○○とある。○○○という表現は、法律で使用を禁止されている」

「○○○がですか?じゃあ、仮面ライダー○○○は?」

「正しくは、仮面ライダー・オーズだ。○○○は、もともと仮面ライダー・マニアしか使っていない隠語表現だ。さては貴様、仮面ライダー・マニアだな?暴力的描写が多い平成仮面ライダーについても、視聴を規制する法案が今国会で審議中だ」

「じゃあ、○○○は、すぐに削除します」

「それで済むと思うな!他にもたくさんあるぞ。次は、2017年6月17日のビッグ・ソーセージだ」

「え⁉︎ビッグ・ソーセージの何がいけないんですか?」

「うるさい。法の別表に『使用してはいけない言葉』と、ちゃんと定めてある」

「え!同じ日の日記の、駅弁スタイルの方がよっぽどヒドイじゃないですか?」

「駅弁スタイルとは一言も書いてないぞ。それにEKIBENというアルファベット表記を用いていればOKだ」

「なんすか、その下らねえ法律は(怒)」

「貴様、国家を侮辱したな!貴様を危険分子とみなし、逮捕する」

 

・・・将来、僕が死んだ後、こんな事になったら本当に申し訳ないね。だから先に謝っておくよ。 ゴメン。でもブログは続けさせてくれよな。

 

 君達が庭で、「絶望的にポイゾンだぜー!」と叫んで遊んでいる姿を、縁側に座って眺めながら。

(匿名であれば、)言いたい事がまだまだ言えるこんな世の中の幸せをかみしめながら。

サーチ&デストロイ

音声ボイスで話してくれるATMとお話ししている。もちろん声には出さない。いや、本当のことを言うと、周りに誰もいない時は声に出して話していると告白しよう。

「きっぷヲお取り下さい」

   →「はい。ありがとう」

「ありがとヲございました」

   →「いえいえ、どういたしまして」

 

・・・嘘です。そんな笠智衆が演じるおじいちゃんみたいな、ほのぼのとしたヌルいやり取りであるはずがない。

「お札ヲ入れてください」

   →「○○○を入れてください」

「カードヲ挿入してください」

   →「○○○を挿入してください」

お約束はコレだ。訂正&繰り返し。この一連のやり取りを俺は、サーチ&デストロイと呼んでいる。

今日もガソリンスタンドで、周りに誰もいない事を確認して、サーチ&デストロイを敢行していると、給油機の影になって見えなかったのか、女性が一人立っていた。ヤバイ。サーチ&デストロイを聞かれてしまった!あまりのこっ恥ずかしさに、イギー・ポップのごとく裸でガラスの破片の上をのたうち回りたい衝動にとらわれる。女性はこちらを振り返り、

「よろしければ、どうぞ」

とクールに言い放った。

「え?」と僕。

「よくってよ。入れて下さい」

と女性。

言うと、普段隠れている部分を僕に露出させてきた。

僕は銃を握りしめ、普段隠れている部分に銃口を思いっきりぶち込んだ。トリガーを引くと、ドクドクと勢いよく発射される液体。ものの3分も持たず、すぐに終わってしまった。

「ありがとヲございました」

「いえいえ、どういたしまして」

声に出して囁き、出てきたレシートをビリっとちぎり取った。

フジロック備忘録

最近、下ネタ満載の駄文が続いたので、たまにはフジロックへの意気込みを。

(シモ満載の駄文の方が評判がいいのは、よくわかってる。すぐにまた書くから、今日はちょっと辛抱してくれ)

 

ようやくタイムテーブルが発表されましたね。このあたりから、気分も高まってくるのではないでしょうか。

 

「子連れフジロックのすすめ」なんて記事をよく目にするけれど、僕はおすすめしません。はっきりいって苦行です。色んなストレスが凄いです。じゃあ、なんで行ってるんだよ?って話ですが・・・「中学生以下が無料」だからです。

以前は、毎夏に必ず池袋でやっている「ウルトラマン・フェス」に行っていた。しかし、いい加減、私の方が飽きてしまった。隠れ「昭和ウルトラマン・マニア」の私ですらだ。ちょっとマンネリ感がヒドいんだよね・・・。ウルトラマンも怪獣も、並べてるだけだもんな〜。

みんな大好きTDLにしてもいいのだが、私はTDLが苦手だ。同じ額を支払うくらいなら、フジロックに行った方が何倍もマシだよね、というのが理由だ。

 

「じゃあ、子供が有料だったら行かないの?」

はい、行きません。(キッパリ)

だからスマッシュには、この「中学生以下無料」をがんばってしばらく続けてほしいと切に願います。

 

今年の予定、忘れないように下記に書いときます。

 

7/27(木) 

昼メシ食った後に出発(運転は、3時間半。休憩多めで行く)       

17:00 恐らく田代駐車場からシャトルバスで会場入り

18:00  盆踊り&抽選会

18:30  晩メシ

20:00  花火を見終えた後、やや離れたホテルへ帰る。

(下記は、泣く泣くギブアップ)

20:00? DJマメヅカ

20:20? LIVE開始(レッドマーキー最初のライブは、DOCTOR PRATS orマーカス・キングと予想。見て〜な〜)

 

7/28(金)

11:20-12:10   DOCTOR PRATS (ホワイト・ステージ)

 いまや、我が家の子供達もノリノリだぜ。ノリ切れてないカミさんが、ちと心配ではあるが、朝から盛り上がるぜー!

 

12:20  昼メシ

メシ後、キッズランド、川、ボードウォークと歩き、ヘブン到着。到着後即、引き返す。

 

14:00  ラグンボーンマンを横目で見ながら、ドラゴンドラに乗る。

(山頂でする遊びを考えておく)

 

15:30  下山

 

16:10〜子供が耐えきれるまで  ギャラント(レッド・マーキー)

 

17:20  晩メシ

 

18:00  帰宅

 

以上。見るライブは2つだけ・・・。

まあね、いいんですよ、これで。

情操教育なんてカッコつけた言い方はしたくないけれど、私の洗脳によりいずれ必ずロックにディープにハマる事になるであろう息子達だ。フジロックは、その露払いである。

で、将来的には、「息子達だけでキャンプでフジロックに来てて、そのテントに非キャンプでフジロックに行ってる俺が、ビール持って遊びにいく」って感じになればいいなあ〜って思ってる。息子達がオネーチャンをいっぱい連れてくれば楽しいだろうなあ〜って思ってる。そのオネーチャンがビキニだったら本当に楽しいだろうなあ〜って思ってる。

ダストわくせい

妻より、「出勤ついでにゴミを捨ててきて」と頼まれる。「あいよ」と二つ返事で答える。最近では、どこの家庭でも見られるごく当たり前の風景だが、昔は違った。かつて、男にとって出勤とは戦場への出陣だった。「一家の主が戦場へと出陣するついでにゴミを捨てる」という感覚が、世の日本男児にはなんとも許し難かったのであろう。もう昔の話だ。

僕の場合、ゴミ置き場の場所がちと遠い&車通勤の為、ゴミを車の助手席に乗せなくてはならない。なぜ助手席かというと、後部座席に乗せた場合、車の中で考え事をしているうちにゴミの存在を忘れてしまい、会社までゴミを連れていってしまった事が何度もあるからだ。帰宅時に車のドアを開けた時に気づくのだが、夏場などその悪臭が物凄く、車内が悲惨な事になる。昭和のオヤジのような「ゴミを捨てる行為に対するストレス」は無いのだか、「愛車の助手席にゴミを乗せるストレス」は、日に日に肥大化していて物凄く大きくなっている。なんとかせねばいかん。

 

仕方がないので、ゴミと不倫をする事にした。朝、妻に手を引かれてやってくるテレサ(ゴミ)。妻は、私とテレサ(ゴミ)が不倫関係にある事を知らない。妻子を裏切って幸せ家族を演じている背徳感にゾクゾクする。まさか、俺の不倫相手がこのゴミだとは誰も思うまい!

私はテレサ(ゴミ)の手を握り、車の助手席の前までエスコートし、ドアを開けてあげる。テレサ(ゴミ)を豪快に抱き抱え、助手席に優しく着座させてあげる。小さな声で、「ここで大丈夫?」とテレサ(ゴミ)に声かけする。テレサ(ゴミ)が頷くのを確認し、ドアをそっと静かに閉める。運転席に回り、キーを回す。カーステからは、重低音強めの音楽が流れ出す。重低音は、テレサ(ゴミ)が座るシートを揺らし、テレサ(ゴミ)の下半身をビリビリと刺激する。

 「いつもの黄色いスーツ、よく似合ってるね」

テレサ(ゴミ)は無言だ。

「少し痩せた?」

「あなたが週末、家族旅行に行ったからよ」

「週末は家族と過ごすって約束だろ」

「私はいつも火曜と金曜の朝だけ。こんな関係、もう嫌よ」

「そんなこと言うなよ、テレサ。また溜まったら出してあげるから」

「 溜まったら出して、溜まったら出して、いつもその繰り返し。あなたの目的、それだけじゃない」

「泣かないで、テレサ。そんなことないよ。君は僕の心の支えだよ」

「うそ、うそ。嘘だとわかっているけど、私、いつもあなたの嘘にすがってしまう」

「・・・テレサ

いつもと同じ内容の会話のやり取りをしているうちに、テレサのマンションに到着する。

「たまには上がっていったら?」

「いや、会社があるから」

「そうよね。前は会社に連れて行ってくれた」

「あ〜、もうゴメンだよ」

「あの時は楽しかったわ」

「落ちついたら、ゆっくり温泉でも行きたいね」

「期待しないで待ってるわ」

「さ、もう行かないと」

「そんな、私をゴミを見るような目で見ないで!」

「ゴメン、ゴメン。ゴミだなんて思ってないよ。さあ、お別れだ」

「お別れなんて言葉、使わないで。また金曜日、待ってるわ」

「ああ。いつもの時間に、いつもの場所で」

言い終わると僕は、テレサを強引にシートから引きずり降ろし、軽く後ろにテイクバックのムーブをつけた後に、テレサをうず高く積まれたテレサの山の上目掛けて思いっきり投げつけ、テレサを捨てた。