おい、モヒート、お前は誰だ?

フジロックの会場でたくさん目にしたすんごくウンマそうな飲み物。なんでもモヒートっつうらしい。おい、モヒート、お前は誰だ?

 

こうみえても学生時代はバーでアルバイトしていた。たいていの酒・カクテルは知ってるつもりだが、俺がバイトしていた店ではモヒートは出していなかった。早速、調べる。なになに・・・ホワイトラムに、+ミント、+ライム、+砂糖、+ソーダか。店で出してなかった理由は、ミントだな。なんでもこのミントが重要で、ヘミングウェイは大量のミントをグラスにぶち込んで飲んでいたらしい。「ヘミングウェイが愛した」だとか「池波正太郎が通った」だとか「ストーンズのメンバーが注文した」だとか、その類の冠にもの凄く弱い俺。早速、ホワイトラムとライムとソーダを調達して帰る。え?一番大事なやつを忘れてないかって?まあ、心配するな。ミントはねえ、(書いてるそばからニヤニヤしてしまうが、)うちの庭に大量に生えてんだよ!

 f:id:soulknuckle:20170805130304j:image

ヘミングウェイよろしく大量に毟り取って、そいつをグラスに豪快にぶち込む。

美味い。ライムを多めに入れるといいですね。

 

 

<モヒートの夜>

 

ずっと片思いだったあの娘をようやく誘い出す事ができた。あらかじめネットで調べておいた高級っぽい雰囲気のレストランで食事をしたが、会話は思いのほか盛り上がらなかった。「あ、もしかして、これで帰られちゃうかな」とビクビクしながら、「もう一軒行きましょう」と切り出すと、彼女はこっくりと頷いてくれた。ただし、笑顔は無かった。

次に入ったのは、これもネットで調べておいた敷居が高そうな気取った雰囲気のバーだ。店内はハードなジャズが流れている。テーブルの方が良かったってのに、イケメンの店員に言われるがままにカウンターの方に案内される。

メニューが出てこない。注文を取りにきたイケメン店員に、僕は「ビール」としか言えなかった。彼女がイケメン店員に微笑みながら頼んだのは、モヒートというお酒だった。

モヒート。僕が聞いた事も無い酒を、今までの人生で何回も何回も注文して何回も何回も飲んできたかのようにサラリと注文する彼女の口が、なんだかとてつもなく憎らしく感じた。

バーテンダーがモヒートという酒を、彼女の前に置かれたバカルディのコースターの上に優しく載せた。あまりジロジロとは見れないが、グラスにはなんかの葉っぱが入っていた。あの葉っぱ、なんだろう?ドラクエの薬草みたいな体力が回復するやつなんだろうか。

対面座りから隣座りにシフトチェンジしても、僕達の会話はあまり盛り上がらない。とうとう彼女は、チンコンと唐突に鳴いたスマホの画面を細い指でサラサラと撫ではじめた。

どうしようもない絶望感におそわれながら、彼女が発したモヒートという単語が、ハードジャズの手数の多いドラムの如く僕の頭の中に何度も何度も突き刺さってきた。モヒートという名の呪文で、僕は硬直の魔法をかけられてしまった。

 

あれから何年たっただろうか。僕は今、フジロックフェスティバルでモヒートを注文して飲んでいる。

「この葉っぱさあ、なんだと思う?」

「え?」

パクチーだよ」

「ほんとに?ちょっと飲ませて!・・・もう、これミントでしょ!」

「ハハハ。違うよ。これ、ドラクエの薬草のモデルになった葉っぱなんだよ」

もうモヒートなんか怖くない。きっと今なら、あの日の彼女の笑顔も見れるはずだ。いや、笑い死にさせるくらい爆笑だってさせられるはずだ。あれからずっとかかり続けている硬直の魔法を解くために、僕はもう何杯も何杯も薬草入りのモヒートを飲んでいる。

ベロベロに酔っ払って、ブッ倒れて、地面にキスして、ようやく気付いた。薬草は、いくら飲んでも魔法の効果は解けない。

 

 

フジロックフェスティバル2017の総括&備忘録

では、まとめよう。

(家族フジロックの心得)

・1アーティストでいいので、家族みんなで見るアーティストを決めて、事前に十分に予習をしておくこと。

2016年のウィルコの反省から、今年は十分に予習に時間をかけた。うちの家族はみんなポーグスをかけると食い付きがいいので、そういった傾向の音楽を狙ってチョイスしました。できれば内省的な音楽でなく(自分は本当はそっちも大好物なんですが)、家族みんなで楽しめるような明るいバンドを推奨します。今回のDOCTOR PRATS、大正解でした。

 

・フェス後の復習

我が家のメンバーは、あまり洋楽を聴かない(嫌悪すらしている?)のですが、フジロック後はすんなりと洋楽を受け入れてくれるようになりました。DOCTOR PRATSはもちろんですが、合わせて予習していたガラントも普通に流せるようになりました。ここから色々なルーツ的な音楽に派生して聴かせていけると理想的ですね。

それとなによりも、家族だけの共通のフェイバリットができて、ライブの熱気を”点”で終わらせずに、今後も”線”で繋げていける効果があります。音楽を聴けば、あの時の興奮が蘇る!ってやつです。

 

・金曜日の日中は空いている!

フジロックの過酷な環境、どうしても子供を連れ歩くには限界があります。昨年の土曜日がそうでした。あまりの混雑ぶりに前に進む事ができず、また、トイレも入れず立ちションまでさせてしまい、子供はもちろん親の方もストレスが溜まりました。

今回は、土曜日を諦め、金曜日を選択。結果、大正解でした。混んではいましたが、ストレスなく「移動・トイレ・食事」がこなせました。これ重要。

平日休みが取れる職場環境にあるかどうかが鍵ですが、小さいお子さんがいるご家庭には、金曜日参加がおすすめです。

それと、早めの撤収。子供と遅くまでいてもいい事ありません。昼間思いっきり楽しんで、さっさと帰った方が身の為です。自分は、ファーザー・ジョン・ミスティもThe XXもクイーンズ・オブ・ザ・ストーンエイジもすっぱり諦めました(涙)。

 

・雨

怖いですね。幸いにも金曜日はちょっとしか降られませんでしたが、土曜日は一日中降っていたとの事です。考えただけでもゾっとします。雨対策はしっかりやってはいましたが、来年はさらに引き締めて対策したいです。

 

・小4

昨年は役立たずだった小学四年の長男が戦力になり、だいぶ楽でした。メシを運んでくれたり、不平不満もいわず歩き続けてくれました。これなら、ある程度フリーでも動けそうです。

「ディズニーとどっちが楽しかったよ?」

次男&三男「ディズニー!」

長男「(ちょっと考えて)ディズニー」

この「ちょっと考える時間」の分だけ、成長したんだと思います。

 

・イス

やはりイスは多かったな。通り過ぎる度にどうしても視界に入ってしまうグリーンステージの後ろでずっ〜っとイスに座りっぱなしの人達。いったい何しに来ているんだろう。ライブは、立って見て、躍ってなんぼだろ?ダンスが苦手、恥ずかしいというのなら、揺れてるだけでいいんだよ。とりあえずそのイスから立ち上がろうよ。

「イスに座ってフェスを見る」って文化を産み出したフジロックの功罪はデカイよな〜。そろそろその罪にフジロックが落とし前をつける時がきたんじゃないか?アイ・シャルビー・リリーストなんて、言ってる場合じゃないぞ。

 

今回、ダラダラと退屈なレポを何日も書いてしまったが、最後までお付き合いいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

 

 来年の懸念は、トム・ウェイツやポール・ウエスターバーグが土曜か日曜にブッキングされちまった時だが、その時は、会場と自宅を往復して1人で来るまでよ!トムとポールが演ってる時に、俺の前にイス置いてる奴らは、一つ残らず蹴っ飛ばしてやるからな!

(嘘です。紳士的にお誘いするので、俺と一緒に踊ろうぜ!)

 

 

親子で行くフジロック(フジロックの感想と来年への備忘録:金曜日編 2)

13:30  重い腰を上げ、ドラゴンドラへと向かう。レッドマーキー付近のチケット売り場でチケットを購入。大人1,500円、小学生以下は無料だ。料金を払うと、ゴンドラ乗り場までの坂道が続く。子供達は元気にスイスイと登っていく。全てを出し切り、既にフジロックが終演してしまっている自分には、この坂道が本当にキツい。

ちなみにドラゴンドラ発着所にはトイレがあり、空いているので毎年ここを利用している。今年はトイレどころかゴンドラにすら並んでいない。本当に金曜日はサイコーだ。いよいよゴンドラにライド・オンする。ゴンドラの発着時は大騒ぎするのがうちの家族の恒例になっている。昨年は、僕の歌うラモーンズの電撃バップに合わせてワーキャーした。今年は、クイーンズ・オブ・ザ・ストーンエイジのNO ONE KNOWSの口ギター  といきたいところだが、家族に予習していなかったので、AC/DCのバック・イン・ブラックで大騒ぎする。

すれ違うゴンドラに手を振っていると、結構な雨が降ってきた。ちょうどゴンドラに乗っていたのであまり気づかなかったが、下界は水たまりができるほどの猛烈なスコールだったらしい。15分くらいで山頂に到着。

f:id:soulknuckle:20170803233023j:plain

空いてる!人少なっ!カッパを着込み走り回る子供達。実はここには、山の上の上があり、昨年は登れなかったので「今年は登る!」と張り切る子供達。と、妻の携帯にチンコンと電話が入り、仕方なく僕が登ることに。ツライ。で、山の上の上、何も無かった。

f:id:soulknuckle:20170803233000j:plain

せめてゴンちゃんくらい置いといてくれよ〜と思う。

雨足が弱まってきたので、シートを敷いて寝転がる。気持ちいい。子供達が「幸せの鐘」を鳴らしている。意識が遠のいていく。

しばらく寝ていると、また強い雨が降ってきたので、下山する事にする。

16:10  少し早い夕飯にする。雨がたくさん降ったせいか、たくさんのシートとイスに占有されていたスペースがガラ空きだ。ラッキー!急いで特等席を確保して、とりあえず息子3人に岩のりラーメンを3つ購入。くどいようだが、テーブル大活躍。

ロゴス アウトドアテーブル ハードマイテーブル-N 73189002

ロゴス アウトドアテーブル ハードマイテーブル-N 73189002

 

子供が食べ終わった後、妻に、待望の「ジャスミンタイのグリーンカレーを買ってきて!」とお願いしたつもりが、手違いでパクチー・ガパオライスが運ばれてきた・・・。

f:id:soulknuckle:20170803232804j:plain

ま、美味かったのでよしとしよう。

最後は、グリーンステージに移動してラッドウィンプス。昨年と同じ、ステージ前モッシュピット隣の舗装された場所へ行く。ここは、人が全然いない穴場だ。ありがたいことに、2曲目で前前前世を演奏してくれた。家族みんなで飛び跳ねて、オーオオとコーラスして終了。帰路についた。やはり金曜日は空いてる。移動も大きなストレス無く快適だ。

 

最後は、入場ゲートで恒例の家族記念撮影。満を持して今年は自撮り棒が大活躍だ。と、遠くからラッドウィンプススパークルが漏れ聞こえてきた。グレーに曇った空から夕日まで顔を出し、まるで奇跡のような終演感を演出してくれた。さよなら、フジロック。明日からまた退屈な日常と対峙しなければならないけれど、僕にたくさんのパワーとエナジーをくれて、本当にありがとう。

最後の最後にパレス・オブ・ワンダーの凶悪なオブジェ(今年はヒアリでした(笑))と、エッチな壁画(この絵は去年と一緒でした)と記念撮影をして、僕たちのフジロックは終了した。

18:00  浅貝駐車場は、車でいっぱい。

22:10  帰宅

 

次は、最後のまとめ備忘録と今年の総括!

親子で行くフジロック(フジロックの感想と来年への備忘録:金曜日編 1)

朝。6時起床。宿泊したのが汚くて狭いホテルで、ほとんど寝れず。前の晩に買っておいた栄養ドリンクを胃に流しこむ。

朝、荷物を車に移動していると、他の宿泊客から「尾瀬ですか?」と和かに話しかけられる。

「いえ、苗場です」

「苗場?」

フジロックフェスティバルです!」

「富士?フェスティバル・・・?」

「まあ・・・リオのカーニバルみたいなもんすよ。ワッハッハー」

昨夜、案の定、帰りの車内で爆睡してしまった子供達をシャワーで洗い、ホテルを出発。相変わらず我が家の連中はグズグズしていて、この時点で既に8時45分を回ってしまった。途中、コンビニで子供の水筒に氷を入れる。これで9時。予定の30分押し。もし道路が渋滞していたら、DOCTOR PRATSに間に合わないかもしれない。露骨にソワソワ&少しイライラする俺。その状況を察してか、運転を志願する妻。道中、車内でDOCTOR PRATSをかけてアゲていこうと思っていたが、妻の運転なので、泣く泣く妻フェイバリットの星野源をかける。

道路は思ったほど混んでなく、スムーズに流れている。これなら間に合いそうだ。間に合う!間に合うぞー!今日は猿はいなかった。猿がいない事に、ものすごく残念がる息子達。

浅貝駐車場 に10時10分到着。駐車場は既にスペースの約半分が埋まっていた。今日は「くっつけて停めろ」とは言われない。昨日の反省からか?でも、今日こそ言うべきでは?と思う。まあ、今日は停める台数決まってるしね。

会場までずんずん歩く。天気は曇りで、暑くも寒くもなくいい感じだ。やはり人は多いが、昨年の土曜日よりはマシだ。不快感は薄い。途中、エヌ・プラトゥーのトイレに寄る。しかし、女性用は大行列で、妻は利用をあきらめる。人の流れに沿ってさらに進んでいく。

f:id:soulknuckle:20170803232920j:plain

ゲートで手荷物検査があるので、リュックを開けて中を見せる。ゲートを通過すると、オフィシャルの「畳めて首から下げられるパンフ」を貰える。子供用のリストバンドも、無料で配ってくれている。このリストバンドは、本当に嬉しい。あと、ゴミ袋も配っている。

ゲートを通った所で、フジロック割り箸と木製のフジロック・キーホルダーが売っていた。息子の友達のお土産にと、数個購入。帰りには販売ブースが無くなっていたので、手軽なお土産として入場時に購入しておくことをお勧めします。

昨年は物凄く混んでたグリーンステージからホワイトステージまでの道も、スムーズに流れている。やはり私の読み通り、金曜日の朝は快適だ!昨年は人混みが凄く、キッズランドまでしか行けなかったので、我が家未踏の地にいよいよ足を踏み入れる。ホワイトステージはもうすぐだ!

この後のDOCTOR PRATSの熱いレポは、下記を参照。

ckrecord.hatenablog.com

 ライブ終了後、カミさんが真剣に心配してしまう程の息切れが続き、しばらくホワイトステージから動くことができなくなってしまう。Doctor Prats終演後すぐに移動して見に行こうと思ってたReiちゃんを観にに行けず。Reiちゃん、ゴメンね。とにかく全てを出し切ってしまい、とてもピラミッド・ガーデンまで歩いて行ける気がせず、この時点で「ASA-CHANGとタイコで遊ぼう!」も断念する。すべては俺の体力の問題で、「昼飯後にドラゴンドラ」と、スケジュールを大幅に変更する。ホント情けない。

少し歩いたがやはりしんどくて、KIDSランドにベンチがあった事を思い出し、ベンチまで移動して座って休む。と、KIDSランドのスタッフによる即興演奏が始まった。昨年、エレキ・ウクレレでスタート・ミー・アップのリフを弾いてくれたお兄さんが今年もいる。演奏する曲は、「日曜日よりの使者」。普段、子供にも聞かせていた曲で、思わず頰が緩む。「皆さん、歌ってください!」と言われ、DOCTOR PRATS後でテンションが上がっていた自分は、結構デカイ声で歌う。が、周りのほとんどの人が歌っていない。どうした?フジロックの客?ここ、みんなで歌って盛り上がる所でしょ!スタッフさん達の歌声も、だんだん小さくなってしまっている。子供に「おい、デカい声でシャラララのとこ歌えよ」と強要するが、軽く拒否される。子供が楽しみしていていたアサちゃんタイコに行けなくなった弱みで、あまり強く言えない。あと、スタッフさんどうせなら「金曜日よりの使者」に変えて歌えよーー、と思う。

演奏が終わると、鈴々舎馬るこ師匠の落語がはじまった。ゆる〜い笑いで、和む。休憩完了!オアシスエリアに移動すると、ラグンボーンマンの演奏が始まる。なかなかいい声!妻と長男が昼飯を購入しにいってる間、次男・三男と草相撲をして遊ぶ。と、どこからともなく草の匂いがしてきて、「お父さん、なんか甘い匂いがするよ〜」と子供が騒ぐ。まあ、落ち着け。気にするな。

妻と長男が買ってきてきたのが、五平餅。これが、片手で持てるし、腹持ちがいいし、フェス飯としては大変機能的で気に入りました。

ちゃっちゃと食べて、レッドマーキー近くのドラゴンドラ券売所に急ぐ。

 (つづく)

親子で行くフジロック(フジロックの感想と来年への備忘録:前夜祭編 2)

17:40 入場ゲートに到着する。「18:00開場」との事で、ゲート前で並んで待つ。そこそこの人数が並んではいるが、まだそれほど混雑しているといった印象は無い。ちなみに前夜祭は入場無料です。

f:id:soulknuckle:20170803234624j:plain

いよいよ18:00。前の方で大きな歓声が上がる。ゲートがオープンしたようだ。ゲート入場時にお楽しみ抽選券が配られる。僕が受け取った番号は、600番台。この時点で既に600人もの来場者がいる事に少し驚く。

 前夜祭で開放しているのは、オアシス・エリアとレッドマーキーのみというのは知っていたので、人の流れに沿いながら進んでいく。まず、どこにシートを敷くべきか迷う。オアシス・エリア内に矢倉がある。その周りにイスを置いている人もいるが、さすがにシートは敷かれていない。どこに敷いたらいいものか迷って会場内を彷徨っているうちに、屋台に行列が出来始める。ヤバい。完全に出遅れた。

昨年、レッドマーキーの後の林にシートを敷いて休んでいる人が大量にいた事を思い出し、そこに移動する。いるいる。既にポツポツとシート&イスが置かれていた。我々も急いでシートを敷く。ワールドレストラン跡地に今年から新設されたブルーギャラクシーという屋根付きスペースから、DJがかける音楽が聞こえてくる。

お!T-REXのゲット・イット・オンだ!いつもチェックしているブロガーのNagiさんのブログで、この曲の歌詞を学んだばかりだったので、思わずニヤニヤしてしまう。

 

nagi1995.hatenablog.com

 と、次の曲がゼムのグロリア!この流れ、もしかしてこのDJ、Nagiさんなんじゃないか?

nagi1995.hatenablog.com

 そんな事を考えて一人ニヤついていると、次男が腹減った腹減ったと泣きついてきたので、カミさんと残2子を残し、「じえるおあああい」と口ずさみながら2人でオアシスエリアへ。「何が食いたい?」と聞くと、よりによって一番人気のもち豚の方を指差す。そうだった、こいつは肉食獣だった。もち豚は、この時点でかなりの行列ができていてゲンナリしたが、俺も一度は食べてみたかったので、ちと迷ったが並ぶ事にする。毎年人気なので、あらかじめたくさん焼いてたのかな?この時間のもち豚の回転はすこぶる早い。ここで、例のテーブルがトレーとして大活躍する。店の人からも「それいいですね」と言われる。でしょ!

 

ロゴス(LOGOS) ハードマイテーブル-N 73189002

ロゴス(LOGOS) ハードマイテーブル-N 73189002

 

次に長男を連れてオアシスへ。長男がチョイスしたのは、鮎の塩焼き。渋い。そうだった、こいつはシットリ系の魚好きだ。次に三男を連れてオアシスへ。三男のチョイスは、ピザ。そうだった、こいつは筋金入りのジャンキーだ。ピザは、さくらぐみでは無くて、もち豚の隣のピザ屋さん。「薪で焼いてるから美味いですよ!」と言う言葉に誘われ、ちと高いけど購入。本当に美味かった。で、ピザが焼きあがるのを店前で待っている間に、苗場音頭がスタートする。「プレゼント抽選会は19時15分からです」とアナウンスがある。このあたりから大量の人がオアシスに溢れだしてきた。

最後にカミさんが、ガパオライスとタイラーメンを買ってきてくれた。やはり、テーブル大活躍!私、帰宅後にもう1個買っちゃいました。タイラーメンをすすっていると19:15 になってしまい、抽選会が開始される。慌てて三男を抱っこして矢倉付近へ移動。

 

(覚えてる限りで景品の内容)

・ビール10杯無料券

バカルディ10杯無料券

・苗場食堂一万円分の食事券

ドラゴンドラ、苗場プリンスホテル宿泊無料券(フジ開催期間除く)

・苗場旅館組合宿泊無料券(フジ開催期間除く)

HMV音楽ギフト券一万円分

・タワーマンが登場し、タワーレコードタオルをバラマキ後の、タワレコ音楽ギフト券4万円

だったかな。

実は、バカルディが4番違いで、かする。ま、どうせ酒飲めないからいいんだけど。でも、もし当たったらステッカーくれたKANONOSの外人にあげようと思っていただけに、残念。

当選番号は、4000番台までに及ぶ。その後も続々と人が入ってきていたので、「前夜祭一万人の来場者」はあながち嘘では無いかもしれない。はっきり言って人多すぎでした。

 

19:50  そして花火が上がる。ここで、痛恨のミス!僕たちが陣取ったレッドマーキー裏の敷地からでは、林がじゃまになって肝心の花火が見えない。しまった。急いで動こうにも人が多く、どうにも動けない。間を置かず連続で10分くらい花火は上がっただろうか。これは、矢倉の位置で見た方がいい 。花火を物凄く楽しみにしていた家族のみんな、ゴメンね。

 花火が終わると、レッドマーキーDJタイムが始まる。一曲目は、RCサクセションのアイシャルビーリリーストだ。毎年、この曲なのかな?祭りの開始にはふさわしくない気がする。なんだか、もがき苦しんでいる運営側からのバッド・サインのような気がしてならない。考えすぎだろうか。この曲を聞きながら、シートを畳んで帰路についた。

f:id:soulknuckle:20170803232850j:plain

前夜祭には、我らがDOCTOR PRATSも出る。残念ながら子連れにはキツイ時間なので、楽しみは明日に取っておく事にする。今日の前夜祭で彼等のステージにノックアウトされた人達が、明日、少しでもホワイトステージにきてくれるといいな。

 帰りは、三男をおんぶして、みんなで「AC/DCのバック・イン・ブラックのイントロのリフに歌詞をつけるゲーム」をしながら帰った。(優秀作:「は、な 、び ・・・みえね〜」「お、 れ、 の・・・もちぶた〜」「ぴ、ざ、の・・チーズたれてる〜」「く、さ、い・・・パクチー」)

道中もたくさんの人とすれ違う。前夜祭は意外に混んでいる。完全に認識違いだった。もはやオアシスとレッドでは会場が狭い気がする。苗場住民以外は、入場料を取っても良いのではないか。

大きな疲労感を抱えて帰ってきた浅貝駐車場はガラガラだった。車くっつけて停めた意味無し!スタッフもどこか申し訳なさそうだった。いや、会場は混んでたぞ。

f:id:soulknuckle:20170803232941j:plain

ここから宿泊先の沼田まで車で1時間。僕の疲労が色濃いのを察してか、妻が霧の山道を運転してくれた。感謝。

 

(前夜祭家族参加備忘録)

・なるべく早めに行って並ぶこと

・まず場所を確保すること

・オアシスエリアの食べるものを事前に決めておいて、真っ先に並ぶこと

・トレーを持参すること

・飯をさっさと済ませたら、シートを撤収して抽選会場へさっさと移動すること

・抽選会後、矢倉近くで花火を見ること

・花火はグリーンステージ付近で上がる。ポジション取りに注意すること

・花火後、即撤収すること

・できれば会場徒歩圏内に宿を取り、ビールを飲むこと

 

今回の前夜祭の混雑状況を見るに、天気が悪ければ、もしかすると来年はパスかもしれません。そのくらい混んでいた。

 

いよいよ次は、初日のレポートです。