ボウ

会社の飲み会の後にボウリング(罰ゲームあり)に行きました。
ボウリングなんて苦手なのに、いきなりストライク連発で、罰ゲームを免れたのでした。
−古着のボウリング・シャツほしいな−
大学の時、英語の授業で「欲望という名の電車」をテキストにしてたのだけど、
横着な俺はてっとりばやく映画版を見て内容をつかむことにした。
あの映画の中に出てくるマーロン・ブランドが、それはそれはかっこよくボウリング・シャツを着こなしてボウリングに出かけるのだ。
その姿があまりにかっこよくて、映画の内容はあまり覚えていない。
今週末、背中にかっこいい刺繍の入ってるボウ・シャツでも探しに出かけようかな。