朝だ。いつも以上にすっきりと目が覚めた。
ベットから勢いよく立ちあがり、手を頭上で組んでひっくり返しながら、ウーンと伸びをした。
と、手が離れない。手が離れない、手が離れない。
引き離そうと左右に引っ張れば引っ張るほど、手はぴったりとくっついた。
発想をかえて押してみた。が、手はますますぴったりとくっついてしまった。
夢?いや、夢ではない。だって今日はいつも以上にすっきりと目が覚めたんだぜ。
鏡を見ると、ちょうど神に祈りを捧げているような姿。試しに祈ってみた。効果はなかった。
しょうがないからこのまま会社に行くことにした。
パソコンのキーボードが押せないから、アゴで押すことにした。
すると、今までどんなにがんばってもできなかったブラインドタッチができるようになった。
アゴでハシと茶碗が持てるようになった。
アゴで「いいえ、私はそれをする意思がありません」の表現ができるようなった。
アゴでエレベーターのボタンを押す姿がキュートだと、会社の給湯室で話題になった。
今、俺の唯一の悩みは、アゴアゴひげを剃れないことだ。