リズム

人間はリズムでできている。
そもそも心臓が血をおくりだすのもリズムだし、人それぞれが持ってるリズムがある。
好きな音楽、嫌いな音楽。人それぞれ違うのは、自分のリズムに波長があうか、あわないかによって決まる。
また、狂わされたリズムを自力で戻す感覚が気持ちよく感じる人もいる。(最初は嫌いだと思ってた曲が何度も聴いてるうちに好きなる感覚)

映画「トレインスポッティング」で一番好きなシーンは、主人公がクラブでナンパするシーンだ。
あそこでブロンディのアトミック(正確にはスリーパーのアトミック)がかかる。
あの曲のビートが実際に女の子をナンパするときの心臓のドキドキ感に似てて、懐かしい感じがするのです。

映画「ロック・ストック・トゥー・スモーキング・バレルズ」で一番好きなシーンは、主人公(?)がポーカーで全財産スるシーン。
あそこでイギーポップのI WANNA BE YOUR DOGがかかる。
あの曲のビートが実際に全財産スった時の失望感に似てて、これまた懐かしい感じがするのです。

ダフトパンクのデジタル・ラブって曲。
くぐもった感じの曲調ではじまるが、1分44秒から炸裂する力強いドラムビート。
あのドラムビートが鳴った瞬間、俺は心臓が強力に血液を送り出している快感におそわれる。

人間はきっとリズムでできている。