ユメユメ

株式会社ユメユメから毎月送られてくる請求書。
経理の派遣スタッフの僕には、ユメユメがどんな会社かわからないけれど、
請求書の封筒にはいつもきれいな記念切手が貼ってある。
1月は富士山、2月はキャデラック、3月はエルビス・プレスリー、4月は武道館・・・。
毎日毎日、金の計算とパソコン入力だけのつらい仕事の僕にとっては、
ユメユメから送られてくる請求書だけが唯一の楽しみになった。
きっとセンスのいい女性が貼っているに違いない。

ある時、たまたま電話を受けると、
「株式会社ユメユメと申しますが、請求書の担当の方お願いします」
感じのいい女性の声だった。
僕は勇気を出して、
「いつも請求書にセンスのいい切手が貼ってありますね。あれはあなたが選んでるんですか?」
と聞いた。受話器の向こうの女性はちょっと驚いた調子で、
「ええ、そうです。記念切手。」
とこたえた。
「僕、毎月どんな切手が貼られてるか楽しみにしてるんですよ。請求書がくるのが楽しみってのも変な話ですけどね。」
と僕は笑った。彼女もちょっとだけ笑った。

次の月からユメユメの請求書は料金後納郵便になった。