宝くじ当たりました。
3,000円。
今年は当たるような予感がしてた。なぜかっていうと・・・
俺の前に並んでいたオネーチャンが、一度手にとった宝くじを「やっぱり違うのにします」と戻して違うのを買っていった。
指輪物語を読んで以来、「何でも指輪物語的に解釈せねばならない症候群」にかかっている俺は、
「こ、こ、これは・・・、宝くじが導きし運命。我こそが”選ばれし者”なり」と勝手に解釈し、
その戻された宝くじを買って帰った。
そしてその「いとしいひと」を肌身離さず財布に入れてずっと持っていた。いとしいしと・・・。
でも3,000円。(正確には3,300円な。)
最近、宝くじの窓口おばちゃんに「当たりますように」とか明らかに心こもって無いトーンで祈られると、
なんか当たりそうにねーな余計なお祈りすんなよほんとにそう思ってんのかって思ってしまう天の邪鬼な俺。
今年はスナオに。(針スナオって意味ではない。)