ずっと、お互い理解することは無いだろうと感じていた仕事上のつきあいの人と、
ひょんなことから映画の話になって、
彼が突然、「学生の頃、バングラ・デシュの上映会を企画したんだ」と口にした。
ジョージ・ハリスンですよね」
「そう!」
それから話はラヴィ・シャンカールにつながり、ノラ・ジョーンズにつながり、ブルーノートにまで及んだ。
ちょっとだけ心が通じ合い、わずかな信頼関係が生まれた。
その数分後にはまた、信頼なき仕事上の関係に戻っていた。