読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女レコ

女を助手席に乗せた時に聴くと効果的なレコードについて考える。
効果的っていっても、別に重低音が効いてて下半身に直接うったえるって意味じゃないよ。
なんとなくドライブが楽しくなってしまうようなレコードさ。
会話が途切れた時、その瞬間を幸せな風でうめてくれてるレコードさ。
僕のレコードコレクションには残念ながらそんなレコードは無い。皆無だ。
僕のレコード棚には、男臭いレコードや暗いのばっかりだ。
いや、ソウルはたくさん持っている。甘茶系のスゥイート・ソウルもたくさん持っている。
でもそれは全てアナログだから、車ではきけないんだ。テープやMDに落とすのは邪道。アナログはアナログで聴いてこそのアナログなのだ。
どこかにジミヘンのギターソロでうっとりしちゃうような女はいないのか。
どこかにレーナードスキナードでトロンとしちゃうような女はいないのか。
だから僕はいつもスタカンを流してる。ありがとうポール師匠。
車に乗りはじめてからずっとスタカン。さすがに最近ちょっと飽きてきたよ。
だから近所のブックオフに250円の女レコを買いに行った。
売ってる、売ってる。シャーデースウィング・アウト・シスターなんかの、
女も許せて俺も許せるレコードたち。
次回、「Ckがすすめる女レコ☆ベスト5」発表。