soulknuckle2004-10-04
昨日、ビデオに撮っておいたMTVミュージック・アワードを見る。
昔はこの手の賞番組(グラミーだのアカデミーだのエミーだのカンヌだの)の雰囲気が大好きで、
俺もグラミー賞をとった時、どんなスピーチで笑いをとろうかなーなんて考えていた。
(スケールのデカい無駄空想。がんばれ無駄空想。少年よ、無駄空想を抱け)
特にMTVアワードは選考基準がミーハーで、たまらなく好きだったな。
でも最近はロックが少なくて本当につまらない。見ていてちょっとツライな。オッサンになったのかな?早送りの嵐。
そんな中、キラ星のごとく輝いて俺の目をテレビ画面に釘付けにしたアーティストがいる。
アリシア・キーズである。
いやー、雰囲気あるなー。俺の好きな70年代のソウル・シンガー達にもひけをとらないね。
彼女がピアノでif i ain't got youを歌い出した時、本当にゾクゾクしてしまった。
才能があって、キレイで、もうお手上げなのである。
その後、スティービー・ワンダーレニー・クラヴィッツと夢の共演となったわけだけど、正直、スティービーもレニーもいらねーよ!邪魔!と思った(スマン、本当は2人とも大好きなんだぜ)。俺はアリシアだけを見ていたいんだよ!

すぐに消えていくアーティストが多い中、彼女は10年後も20年後も30年後もずっと生き残っていそうな、そんな気がする。

ということで1月に来日決まったらしいね。行きたいなー。行ってしまおうか。そんな気持ちにさせるのです。まるで重く閉ざされた心の扉を開くカギのよに。