読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が心のジャームッシュ

ジム・ジャームッシュの新作が「コーヒー&シガレット」という記事を見て驚いた。
同時にとても寂しい気持ちになった。
確かに、コーヒー&シガレットは、彼がライフワークのように撮りためていたのは知っている。
でもこのタイミングで新作として発表するってのは無いんじゃないかなって思うんだ。
だいたい俺がコーヒー&シガレットの中の何編か(サンキー・リーが出てるのと、ロベルト・ベニーニのやつだったかな)を見たのは、今から約10年前だぜ。
最近とんと音沙汰なかったけれど、ジャームッシュのアイデアもついに枯渇してしまったのか?
かつてジャームッシュは俺達のヒーローだった。
トム・ウェイツジョン・ルーリー、スクリーミン・J・ホーキンス、ジョー・ストラマー、スティーブン・ブシェミ・・・、ジャームッシュの映すもの全てが俺達のイコンになった。それなのに。
でも見に行っちまうんだろうな。いや、きっと誰もよりも先に走って見に行くだろう。
あの頃の俺のように。