エンドロールが暗くて長いわけ

そうそう、書くの忘れていたけど、映画を見たんだ。
ミシェル・ゴンドリーチャーリー・カウフマンジム・キャリー
エターナル・サンシャイン」。
好きなクリエイター、アーティストが3人もそろっているので、悪い映画のわけがなく、
久しぶりに「いい映画」をみたなーって嬉しい気持ちになった。
ジム・キャリー演じる主役の男にめちゃめちゃ感情移入してしまい、
最後ちょっとだけ泣いちゃったよ。(あまりあざとく泣かせる系の映画じゃないんだけどね・・・)
映画の最後のエンドロールって、どうしてあんなに暗くて長いのかなーって
いつも居心地悪くじっと耐えながら思っていたんだけれど、
あれはオトナの男がこっそり涙をかわかすための時間なんだなって
ようやく気づいた。