読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ET

ETが気になる。E.T.のことではない。
エリザベスタウンである。気になるストーリーはこんな感じ。
射る弓矢を全て使い果たし「もはやこれまで・・・」と死を覚悟したオーランド・ブルームに、
スチェワーデス(もはや死語。今はフライト・アテンダント。知ってるよ!でも俺は永遠にスチュワーデスって呼ぶんだよ(怒))のキルスティン・ダ〜ンストがMIXテープ(本当はMIXCDらしい。でも俺はテープだと思いたいんだよ(怒))を手渡す。
レゴラスはその音楽の音色によって救われた気持ちになり、自分にとってギムリこそが最高の人生の伴侶であったことにようやく気付き、戦地ソマリアから脱出しギムリを探す旅に出ることを決意する。
って指輪とごっちゃになってるね(一部ブラックホークダウンもあり)。
ま、元ロック・ジャーナリストのキャメロン・クロウ仕事らしく、
スノップなロック好き(気取り)をニヤリとさせるロック消費小技満載の映画になっているに違いない。
(ちくしょう、ちくしょう、俺のロックとお前のロックはどうしてこうもかけ離れているんだ!←ちなみにバニラスカイを見たときの俺の感想)
でも俺は今、本当にこの映画がみたくてたまらないでいる。
なんとなくさ、"主人公に自分を重ねあわせる"っていうかさ、それって映画を楽しむ基本姿勢だと思わないかい?
サントラもすでに手に入れ、聴いているのです。聴き込んでいる。トム・ペティいいね。