2人のエゴイスト

俺の香水はシャネルのエゴイスト。
ダンディズムを語る上で「自分の香り」ってやつを持ってなければならないってんで、
長い事、自分に合う香りってやつを探し続けてきたけれど、
香り探しの旅はどうやらこのエゴイストで落ち着きそうだ。
なんせもう10年ぐらい使い続けている。
決め手は名前だった。
エゴイスト。人一倍、キクバリストの俺がつけてる香水がエゴイストなんて、おもしろくないかい?
「香りぐらいエゴイストでいたいんだよ!」って俺の悲痛な叫びが聞こえてくるようだ。
今日は大事な商談だ。おっと、気合のあらわれか、エゴイストをちょっとつけすぎちまったようだ。
自分の香水のニオイで気持ち悪くなっちまう。
そんな思いを口呼吸でごまかしながら、特急列車に乗り込んだ。
と、強烈なエゴイストの香りが俺の鼻腔を襲った。
隣に座った紳士、どうやら彼もエゴイストの愛用者。しかも、俺以上にエゴイストをつけすぎているではないか!
しかも、後ろの人に対して「シートをちょっとだけ倒してもいいですか?」なんて断りをいれている!なんと、俺以上のキクバリスト!
おっと、どうやら紳士が俺のエゴイストに気付いたようだ。
「あなたもエゴイスト?」「ええ、エゴイストです(爽やかな微笑み)」
それから僕達は、強烈なエゴイスト臭を社内にまき散らしながら、"特急電車の真ん中の肘掛はどちらが使うべきなのか"について友好的に語り合った。