読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2005年ベストソング

年間ベスト

やはり今年もアルバム単位で聴く事は少なくなって、
シングル単位で音楽を聴いています。
そんな中で、アルバム・ベスト4


PAUL WELLER:AS IS NOW
文句無し。ウェラーのようになりたい。


JACK JOHNSON:IN BETWEEN DREAMS
今年もナツ(ウミ・タイヨウ・フジロック)のテーマソング。


TEENAGE FANCLUB: MAN-MADE
繰り返し何度もよく聴いた。アギのジャケもいい感じ。


□STEPHEN MULKMUS: FACE THE TRUTH
これもよく聴いたなー。去年の俺のダルな気分に奇妙にマッチしたアルバム。

以下、ベストソング8


New Order:Krafty
「爽やかニューオーダー」にはいつもドキっとさせられる。
かつては、暗い曲調の中に時折みせる爽やかな風。
ここ最近は、ハナっから爽やか全開ですもんね。
この曲はフジロックに向けて聴きまくってテンションあげてたな。
特に間奏の3分23秒あたりからの盛り上げかたが大好きです。
あの夏、俺もブルーマンデーでぶっ飛ぶハズだったのに・・・。


Brendan Benson:The Pledge
ブレンダン、またいいアルバム作ったなー。
でも前作を超えることはできず、アルバムではランクインしませんでした。
ひっそりと来日してアコースティックLIVEをやったとか。
今年はフジロックでみたいアーティストの1人。


Little Barrie:Free Salute
イントロからすでにワクワクしてしまう。
これぞ現代のモッズか!?がんばれ、リトル・バーリー
そして、思い出深い一曲になりました。リトル・バーリーに感謝。


■Common:It's Your World(part1&2)
蟹江と迷ったんだけど、顧問にしました。
これはアルバムの最終曲。子供たちの夢の連呼に続いての顧問の語りが感動的。


Bloc Party:Blue Light
電車の中で思わず何度も繰り返し聴いてしまった一曲。
繊細で冷たくて美しい名曲。去年の僕のグレイな感覚を現している。


■The Magic Numbers:Forever Lost
これもフジロックに向けてよく聴いていた曲。
いいバンドだと思う。大化けする可能性あり。


■Strokes:You Only Live Once
ストロークス、好きなんです。


■Stairs:Escape Clause
2005年最大の衝撃!ステアーズ!!
こう書くと、「え?あのウィード・バスのステアーズ!?」って思う人多いと思うけど・・・、
残念ながら同名の別バンドです。
(ってこのバンド、結構メジャーなのだろうか?最近音楽誌を全く読まないので、
超有名だったらスマン)
音は、ストロークスキングス・オブ・レオンを足して2で割った感じ(笑)。
でもこの曲はいいよ。マジックがある。ユーモアがある。去年、何度も何度も聴いた一曲。
この曲に限って言えば、ストロークスキングス・オブ・レオンも完全にぶっちぎってると俺は思うよ。今後の活躍に期待。
(そういえば、あっちのステアーズのエドガーがソロ・アルバムを出したんだよね。買うの忘れてた。早く買わないと、また廃盤になりそうだな。急げ!)

今年もロックを聴こう。ジャズに浮気はしません。