読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネクタイ考察

日本人のノーネクタイは、なんかしまらないよな(ネクタイだけに…、あまりうまくないか…)。
イタリアの伊達男や、ハリウッドスターは、粋にノーネクタイをキメているってのに、
日本ではノーネクタイの政治家がテレビに映ると、風呂上りのオッサンにしかみえないのはなぜだろう。
この違いは何?
それはきっと、着ているシャツがネクタイ着用用のカッチリしたシャツだからだ。
ノーネクタイでキめたいのなら、ノーネクタイ用のシャツってやつを着なけれがならない。
コーディネート・マイナス・ネクタイではなく、
ネクタイははじめから無いものとしてコーディネートしなければならない。
なんて珍しくファッションについて熱く語っているけれど、
ボクは毎日ネクタイを締めて会社に行く。
ぶらさげたいんだよ!(魂の叫び)
「男であること」の原点はぶらさげだ!
ネクタイは剣だ。
文明開化で丸腰になった侍は、刀の代わりにネクタイをぶらさげて、言葉を武器に変えたのさ。
今日も言葉できるきるきる。