読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウィー/アー

日本のTVの至る所で、ライオネル・リッチーがSAY U SAY MEを歌わされているのを見ると、不憫な気持ちになります。
もっとヒット曲あったじゃないかよ!(・・・とは言ってもその1つとして思い出せないけれど...)。
「好きなアーティストは、コステロ、ウェラー、ウィルコ、ジェイホークス」なんて言ってるボクだけど、
実は80年代ヒッツ大好き人間です実は80年代ヒッツがルーツ人間です。USA FOR AFRICA、あの「なんだかよくわからないけど、俺もアフリカのためになんかしなきゃ!」という強迫観念。ええ、見事に乗っかりましたとも。学校の生徒会選挙で訴えましたよ、ええ。メッセージは「給食残すな!」でした。
しかし、USA FOR AFRICAのメンバーで、現在も現役感バリバリなのって、ボブ・ディランスプリングスティーンぐらいだろうか。
確かディランは、誰からも誘われていないのに「俺にも歌わせろ」とスタジオにいきなり押し掛け、ゴリ押しでUSA FOR AFRICAに参加したのをドキュメンタリーで見た気がします(違ってたらゴメンヨ。なんせガキの頃の記憶だからさ)。
子供ながらに、ボブ・ディランって友達いないんだな〜ってシミジミ&軽くシンパシーを感じたのを覚えています。(違ってたら本当にゴメンヨ。しかし、あのドキュメンタリーまた見たいなぁ)
その後、トラベリング・ウィルベリーズでは、無事に”誘われる”形でバンドに加入できたようで、本当によかったね、ディラン。
(いや、もしかしたら舎弟のトム・ペティを脅して無理矢理ネジ込んだのかもしれんな...)