BGM PART2

「聴いてる音楽が名刺です」って事で、LAST FMを復活してプロフィールにアップしてみた。
履歴書のB面にも追加してほしいよな、「好きな音楽」って項目を。
思えば合コンの時も、自己紹介の際、みんなに必ず言わせてたよ、「好きな音楽」ってやつ。
名刺の裏にも入れるべきだよな、「好きな音楽BEST 5」。
こんな考え方、ニック・ホーンビー的ってみられてしまうかもしれないが、ちゃんと俺なりに根拠もある。
以前にも書いたが、人間は”心臓”というビート・ボックスにつき動かされて生きている「リズムの塊」である。
その人の好きな音楽は、その人の心臓のリズムにフィットする調べということになる。
よって聴いている音楽で、その人のリズム=生き方がみえてくるのだ。

先日、MTVの”90年代を振り返るカウントダウン”的な番組を見ていた。
1位はなんといっても「あの曲」しかないよな・・・と思って、それを確認する為に何時間も費やし番組を見続けた。
「あの曲」とは、ニルバーナのスメルズ・ライク・ティーン・スピリット
発売当時、浪人生だったボクは、2階の部屋で大音量でこの曲を鳴らして床が抜けるほどガンガン飛び跳ね、ストレス解消していた(笑)。
大学時代は、知り合いのDJに無理やりこの曲を流してもらい、DJブースに思いっきりダイブして、恐いオッサンにはがいじめにされ強制退場させられた(苦笑)。
今は、さすがに飛び跳ねることはないけれど、たまにラジオでかかるとやっぱりぐっとくる。
カートのリズムは、今もボクの中で生き続けている。