読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノラの件

ノラ・ジョーンズの新作でましたね。最近の洋楽情報が全く入らない生活をしている僕でも、それは知っています。「原点回帰!」なんて騒がれているので、音源をチェックしてみた。う〜ん、いいんだけどな〜。

僕が好きなノラのアルバムは、1st.COME AWAY WITH MEと2nd.Feels like home。何回聴いた事かわからない。繰り返し繰り返し何度も聴いた。ずっとずっと自分はNorahの声が好きなんだろうなって思っていたけれど、実は違うって事に気付いた。僕は、ジェシー・ハリスさんの書いた曲を歌うNorahが好きだったんだって事に。

ジェシー・ハリスさんのアルバムも数枚持っている。素晴らし内容ではあるけれど、それほど心が聴く事に傾かない。「聴こう」「聴きたいな」って思う気持ち、現在の僕には相当パワーがいるのです。でも、Norahの1st、2ndは違う。今でもたまに聴きたくなる。秋の夜長に、冬の寒い休日に、春の木漏れ日に、夏の夜の海に…、いつだっていい。

思うに、あの時のジェシー・ハリスさん、ノラに恋をしてたんじゃないかな?って思う。それくらい楽曲に力があるし、マジックがある。そう、マジックだ!マジックは歌にとって重要な要素であると思う。マジックは、恋や、怒りや、哀しみや、嫉妬や…、そんな感情の起伏により引き起こされる。

また、ノラ・ジョーンズジェシー・ハリスのコンビの曲が切に聴きたいです。今度は、どんなマジックが引き起こされるのだろうか。

 

ckrecord.hatenablog.com