everything flows

最近のこの、ネット環境に戻ってきた流れからふと思い立ち、ティーンエイジ・ファンクラブの新譜を検索してみた所、やっぱり出てました〜!

 

ヒア

ヒア

 

 

さわり聞いたけど、いや〜、いい!いいよ、これ!相変わらずの後期ティーンエイジ節が鳴り響く。特に今回、僕の大好きな5thアルバムSongs from Northern Britainのようなフィーリングで、その感じはレコジャケにもあらわれているよな、うん。これから聴きこんでいきます。久しぶりにアナログ買っちゃおうかな。

 

当然、初期のティーンエイジ・ファンクラブも大好きです(一般の評価では、バンドワゴネクスが彼らのキャリア最高傑作なのかな?)。僕が特に好きなのは、GOD KOWS IT'S TRUEとeverything flowsだ。その2曲を演奏しているのが、下記です。

 


Teenage Fun Club - Reading Festival 1992

 

  伝説の92年のレディング・フェスからの映像。この日は、トリでニルバーナ登場ですよ!だからかもしれないが、ノーマンが今では考えられないくらい滅茶苦茶気合い入っていてカッコいいです。しかし、映像にちょくちょく出てくる泥まみれの人達最高だよな〜。この人達、ニルバーナが出てくるまで気力&体力持ったのかな(笑)。

 

思うに僕の人生は、まさにこのeverything flowsの歌詞のようであり、

昔も現在も

「早く行き先決めろや!」

「そんなもん、わかんねーよ!」

という自問自答の繰り返しである。  

 あの頃にこれを書いたノーマンは、今はどんなことを考えて生きているのだろう。これを書いた後の彼達は、しっかりと行き先を据えて確固たる意思で流れてきているように見えるんだよな。・・・チクショー。