読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺が考える真田丸

真田丸、毎週欠かさず見てます。正直、おもしろいっす、三谷さん。

でも、真田家好きの俺には不満もある。

お兄ちゃんの信之、俺の中ではもっとかっこいいイメージなんだよな〜。

(大泉サン、がんばってるんだけどさ・・・。)

 あと、後藤又兵衛も、なんかイメージ違うんだよな〜。

哀川翔さんが悪い訳ではないんだけどさ・・・。)

 それとね、三谷さんにこれだけは言いたい。九度山の生活をあっさり描きすぎたね。あれはもっとじっくりと悲愴感満載で何週間も何週間も視聴者が嫌になるくらいやるべきだった。毎週毎週、視聴率が落ちまくるくらい、救いの無い描写で描ききるべきだった。そして、耐えて耐えて耐えて耐えて耐え果てた末、幸村を大阪に行かせるべきだった。そして、爆発。大爆発だよ。

半沢直樹が幸村にキャスティングされたと聞いた時、俺の脳裏には真っ先にこのイメージが浮かんだくらいだ。屈辱の果てに怒りの大爆発がくる。そこにえも言わぬカタルシスがある。なんてさ・・・もしかしたら、田舎で燻り続ける今の自分の姿を、真田に重ねているかもしれないな。

まあね。よくよく考えれば、家に帰ればそこには菅野美穂が待ってるっていう男に、悲愴感なんか出せるわけないわな〜。滲み出ちゃうんだよな、やっぱ。半澤演ってた頃はギラついてたよな〜。

 

そこで、「俺が考える真田家の大河」ってことで、今後、ちょこちょこ上げていくことにする。

タイトルは、「六文銭」。

真田丸」もすごくいいタイトルだけど、俺はやっぱこれかな。「地獄への片道切符」って感じで、死を既に背負って来てる「死ぬ事が前提」ってのが、真田幸村っぽいんだよな〜。

〈主要キャスト〉

真田幸村真田広之

死を背負う男、やっぱデュークしかいないでしょ。

真田信之阿部寛

ガタイはでかい、頭はキレる、力も強い、戦も上手い、常に冷静、なんでもできる完璧兄ちゃんはこの人しかいない。

 真田昌幸

パッと思いつかないけど、小さくてギラついてる人がいいよね。深作欣二監督とか、俺のイメージに近いかな。

現在、第1話構想中。乞うご期待。