FUJIROCKは、WARっす。

今、色々と話題になってますね、フジロックフェスティバル。(ニヤリ)
僕はそれについて色々と語る気はない。
僕はただ、家族を連れてウィルコを見に行くだけです。


実は、少し前までは、フジロックに家族(特に幼児)を連れてくる奴らが嫌いだったし、見下していた。
でも、今年は、そんなYATURAの一人に僕もなろうとしている。
別に、うちの子供達はロックが好きな訳でもないし、興味すら示していない。ただの田舎のクソガキだ。
だけど、親としてはっきりと見えている事がある。我が子はいずれ絶対にロックやパンクの波に突っ込んでいき、そして、雷鳴にうたれ全力疾走するであろう(って自分で書いててなんだが、何?この表現?)。


かつて僕は、たった一人で、孤独にロックやパンクを聴いていた。
残念ながらひどいクソ田舎の僕の学校には、そんなもん聴いているヤツは一人もいなかった。


あの会場には、ロックが好きな人達(いや、「好きそうに見える人達」と表現しよう)がいっぱいいる。
それを見ると、なんか安心するんだよね。
ウィルコを好きな人達がたくさんいるって事を知り、その人達と時間を共有できるだけで、僕はすご〜く安心するのです。
そう、それをね、早い時期から教えてあげたいんだよ。「あそこに行けば、みんな集まってきてるよ」ってことをね。
僕のフジロックは、そんな場所なんだ。


フジロックも、色々な利害関係があるので大変だと思う。昨年あたりから一貫したポリシーが揺らめいている気がします。
マンネリだっていい。進化しなくたっていい。毎年7月に開催してくれれば、俺はそれでいいと思ってる。
これからもがんばって。
で、早くポール・ウェスターバーグを呼んでくれ。
で、早くトム・ウェイツを呼んでくれ。
で、早くブルース・スプリングスティーンを呼んでくれ。
で、早くジェイホークスを呼んでくれ。
で、もう一回、ポール・ウェラーを呼んでくれ。