デートにリーバイスを濡らしてはいていく話

昨日のブログのタイトルのXXで、リーバイスの事を思い出した。今ではめっきりはかなくなったリーバイスだけど、高校時代はせっせと貯めた小遣いで高額なリーヴァイを躊躇なく何本も何本も買っていた。何故にそれほどリーヴァイを買っていたかというと、501は、当時細身すぎる俺の下半身には全くフィットしない形で、いくら穿いてもしっくりこなかったからだ。でもそれが、「俺の下半身の形と501の相性だ」って事に気付かずに・・・・・・いや、それは嘘だ。本当は気付いていたんだ。リーヴァイと俺の下半身は相性が悪いって事。でもその事実を自分ではとても受け入れられず、「リーヴァイを穿きたい」という気持ちの方が勝ってしまって、定期的にリーヴァイを買っては、「違う、これじゃない」また買っては、「違う違う、これじゃこれじゃな〜い」を何遍も何遍も繰り返していた。下半身の相性ってやつは重要だよね。

色の落とし方にもこだわっていて、買ったリーヴァイはほとんど洗われる事が無かった。「家に帰ったら勝手にお母さんが洗ってガンガンに干してた」ってのは、ジーンズ大好き芸人が言いそうなジーンズあるあるだが、我が家では、ジーンズ洗濯禁止令を発令し、ジーンズはカギ付きのロッカーに厳重に保管されていた。今思えば、リーヴァイを盆栽のように栽培していた感覚に近い。友人と、「いい味出てきましたな〜」とか、「自転車乗りの色落ちは、カーボーイの色の落ち方によく似てますな〜」とか、ヒゲがどうだとかタテ落ちがどうだとか、とにかくデニム話に登校から下校まで花が咲いた。だけど、クラスの女子には全くウケてなくて、「洗ってないの気持ち悪い」だの「臭い」だの言われていた。

で、いよいよ本題。高校の時に、初めて休日に女の子とデートする事になった。僕は、何故か当時みんながしていた格好の、「ヘインズの白いTシャツに501」というシンプルの極みのような服装を迷わずチョイスした。で、当時好きで見ていた映画「さらば青春の光」で、主人公の ジミーがやっていたリーヴァイを濡らしてはくとカッコイイってやつを思い出し、自分も風呂場で濡らして穿いていった。これがね、大変だったんですわ。電車のシートに青い大きなシミをつくっちまって、小便と間違われるわ、青い小便ってお前は何者だ?(宇宙人か?)って言われるわ、デートどころじゃなかったな・・・。

そんな事を思い出していた。

あの時、たくさん買いまくったリーヴァイは、ベルボトムのブームが訪れたときに、後輩達に全部あげてしまった。そして実家には、もはや1ミクロンも穿きたいと思わない大量のベルボトムだけが悪臭とともに残っている。鍵付きのロッカーを開けるたびに、デレク&ドミノスの「ベルボトム・ブルース」が心の中で流れるのです。

 (文の途中から敢えて「リーヴァイ」って表記に変えたのは、昔、外人の知り合いに、「通なアメリカ人は、リーバイスの事をそう呼ぶ」って教えてもらったからだ。あの情報、本当かな〜。)