草を刈る人

いい加減、庭の雑草がひどい事になってきたので、妻がネットで草刈り機を購入した。

てっきりチェーンソーみたいな本格的なアレが来るのを想像していたのだが、届いた草刈り機は非常にコンパクトなサイズのものだった。

当然、パワーも弱く、伸びた雑草の上の部分をちょっとだけ刈るぐらいの仕事量だ。

「パワー弱いね」

「そう。ムダ毛処理みたいね」

ムダ毛処理・・・妻が何気なく発したその一言が、なんだかものすごいエロ・パワーでもって僕の胸にズシンと響いて、その日から草刈りを自ら積極的にするようになった。

そんな僕の姿を見て、しきりに不思議がる妻。まあ、よいではないか。理由は語るまい。

iPodで音楽を聴きながら、庭のムダ毛処理をしていると、なんだか雑草達の声が聞こえてきた。

 

「あー、せっかく光合成してやってるってのに、なんで人間は俺たちを抜いちゃうかな〜?」

「そうだ、そうだ。俺たちが出す酸素が無くなったら、人間なんか死んじまうんだぞ」

「あー、芝はいいよな〜。芝はなんか優遇されてるよな」

「俺も芝になりてーよ」

「俺なんて、ずっとずっと芝になりたいって思ってたら、見た目、芝みたいになっちまったよ」

「確かに!あんた、かなり芝に寄せてきましたな〜」

「そう、パっと見、芝でしょ(笑)」

「しかし、雑草界の王者っていったい誰なんだろうね?やっぱクローバーとかかね?」

「あれでしょ、鈴木啓示さんの家に生えてる雑草でしょ」

「あ〜草魂!あれで、我々雑草のステータスが一段上がりましたからな〜」

「でも鈴木さんも家に生えてる雑草は抜いてるって話だぜ」

「嘘だろ!?踏んでるんじゃないのか?」

「踏んでない。抜いてるらしいよ」

「草魂が泣いてるぜ〜」

「あー、芝になりて〜な〜」

「俺たちの生命力ってものすごいじゃん。サハラ砂漠とかに輸出するってどうかな?」

「いや、俺たちは過酷な状況じゃ生きられないでしょ。だって冬は枯れてるじゃんよ」

「あ、そっか」

「結局ね、ぬるま湯でしか生きられないのよ、俺たち」

「うわーーーー頭を刈られた!何これ?」

「うわーーーー俺もだ。ん?根っこは抜かれてない。刈られたんだ!」

「刈られた・・・・こんな感じ、葉・じ・め・て」

「なんか芝みたいじゃーーん!最高!!」

 

そんなムダ毛のムダ口を聞きながら、僕は黙々と処理を遂行する。