真昼の攻防戦

昼またぎの出張。移動時間が特急の乗車時間に重なった場合、車内が空いている事を確認した上で、特急列車内で昼食をすませることにしている。混んでいるお店が苦手だからだ。

駅弁はいつだってあまり気が乗らないので、パンをチョイスしている。パンか・・・ふにゃふにゃのパン。なんだか逃げの選択を打っているようで、我ながら情けない。たまには、豪快にEKIBENをキメるべきだよな〜・・・なんて心の中で独りごち、何の気なしに後ろを振り返ると、僕の通路またぎ斜め後ろの席で豪快にEKIBENをキメている女性の姿があった。そのインパクトある光景パワーに負け、反射的に目を逸らさせられてしまう。しまった。女性の顔を見逃した。「下半身は黒のタイトスカート」「長くて細い足」ってことだけ確認できる。そして、EKIBENだ。デカい。さらにそのEKIBENは、どデカいトンカツだけが乗っかった破壊力抜群のEKIBENだ。

自分が買った 「ちょこっとチョコのクロワッサン」を恥じる。どうせなら、「デカあ〜んパン」か、「ビッグ・ソーセージ・ドッグ」にすればよかったと後悔する。

もう一度、女性の方をさらっと振り返る。顔は見えない。今、まさに箸でデカいトンカツを持ち上げて揺らしている瞬間だ。顔が気になる。顔が見たい。トンカツを頬張る顔。美人なのか、そうじゃないのか。

ヤツの方からは、恐らく俺の姿は見えているはず。俺が、「ちょこっとチョコのクロワッサン」をちょこちょこふにゃふにゃ食べているのを確認し、心の中で思いっきり嘲笑しているに違いない。チクショー、こんな屈辱ってあるだろうか。後ろから女にEKIBENをキメられ、自分は「デカあ〜んパン」を食べているなんて、ご先祖様が知ったら失望の底の底に沈んでしまい、二度と浮かび上がってきやしない事であろう。いや、俺がいま食べているのは「デカあ〜んパン」ではなく、「ちょこっとチョコのクロワッサン」の方だ。そんなもん、どっちだっていい。

なんて事を考えていた。やがて、車両内に僕の目的の駅に到着するアナウンスが流れる。思い切って、女性の顔を見る前提で水平に後ろを振り返ってみた。女性の姿は既に無かった。そこには、喰い荒らされたEKIBENの残骸が置いてあるだけだった。

帰りがけに僕は、EKIBENの残骸を拾うと、それをあたかも「自分が食べたEKIBENです」といったかのように天に高く掲げ、車両のダストBOXに豪快にスラムダンクをキメてEKIBENを葬った。