今夜、ハードロックカフェにて

ハードロックカフェ好きの先輩がいる。出張で東京に行くと、決まってハードロックカフェだ。

「先輩、またハードロックカフェすか?なんだか田舎モノ丸出しなんでやめましょうよ」と言っても聞かない。いつも、ハードロックカフェに連れて行かれる。

 「だってさあ、家では大音量でロック聞けないんだよね〜」

 「でも、ここでかかるのって先輩の好きなスミスとかジョイ・ディビジョンじゃなくて、ジャーニーとかの産業ロックばかりじゃないですか」

 「ああ、もう俺さ、英語でデカイ音であればなんでもよくなっちまったよ。ボン・ジョビでもデフ・レパードでも魂売った後のエアロスミスでも魂売った後のチープ・トリックでもなんでもいいんだよ」

 「そういうもんすかね。でもここって、ヒップホップとか、ロックじゃないのもかかる事多いじゃないですか」

 「なあ後輩くん、君のロックの定義ってなんだ?」

 「え?なんすかね。ビートルズが完成型なんでしょうか。最低限、人間が弾いたギターと、人間が叩いてるドラム、僕の中では、これがロックですかね」

ホワイト・ストライプス?」

「あ、そうですね」

「じゃあ、君が毎年、会社をサボって行っているフジロック・フェスティバル、あれに出てるやつら、ほとんどロックじゃないじゃん」

「ちゃんと有給申請してますし!メンツだってみんなロックですよ!」

「いやだって、エイフェックスとかゴリラズとか、みんなDJじゃないかよ」

「じゃあ、先輩のロックってなんなんすか?」

 「俺はさ、セックスだな」

 「はあ?」

「いやいや、ウィキペディアにもちゃんと書いてあるんだよ。ロックはもともと性交を意味するスラングだって」

 「じゃあ、イアン・デューリーが歌ったセックス・ドラッグ・ロックンロールって、セックス2回言ってるって事ですか?」

イアン・デューリー!懐かしいね〜。そう、誰も気づいてないけど、あれ正確には、セックス・ドラッグ・セックスだな、あれ。セックスでドラッグを挟んでるんだな」

「メチャクチャですね」

「いや、イアン・デューリーに聞いてみろ。絶対そうだから。セックスでドラッグを挟んでる状態、めちゃくちゃロックだよな」

「じゃあ、フジロック・フェスティバルって・・・」

「そうそう、あれももともとは、富士山状態でファックしようぜって事だから。そう考えると色々と感慨深いよな〜」

「最低の感慨ですね」

「あ!ブルーマンデーかかった!!」

「いつの間にリクエストしてたんですか?・・・でも先輩が嫌いな88バージョンの方ですね。チョイなチョイな言ってる方」

「んなこたぁ、どうだっていいんだよ!バカデカい音で鳴らされる音楽、これがロックだな」

「さっきのセックスの件り、なんだったんですか」