ツェッペリンのポスターが貼ってあるラーメン屋がある。

ツェッペリンのポスターが貼ってあるラーメン屋がある。ポスターは古い。長年、ラーメンの湯気を吸い込んできたのであろう。ボロッボロだ。

そんなツェッペリンのポスターが、ラーメンをすすりあげる僕に語りかけてきた。

「おい、お前は気づいてんだろ」

「え?」

「俺がツェッペリンのポスターだってことだよ」

「え?いや・・・」

「とぼけるなよ。お前、いつも俺の事見てるじゃねえか。俺に興味があるってバレバレだぞ」

「まあ、スミマセン」

「謝るこたぁねえよ。どんどん見てくれよ。俺は、その為に作られてんだから」

「はあ」

「で、お前も好きなんだろ?ツェッペリン

「はい。好きです」

「だよなあ。お前の熱すぎる視線で、すぐにピンときたよ」

「スミマセン」

「だから謝るこたぁねえよ。お前の視線より湯気の方が熱いから。もう慣れたけどな」

「そうすか」

「で、店主にいつ話しかけるんだよ?ツェッペリン好きなんですか?つって」

「いや〜」

「なんだよ?」

「店で流してるの有線じゃないすか。今も関ジャニとか普通にかかってるんで、本当にツェッペリン好きなんかなぁって」

「いや、大丈夫だよ。昔はね、かけてたんだよ。でも、飽きちゃったんだろうな」

「あと・・・、店の名前も普通で、ツェッペリン臭がしないというか」

「いや、そこはツェッペリン臭出さんだろ。美味いラーメン臭出すだろ」

「あと・・・、メニューも普通で」

「いや実際の話、『天国への階段ラーメン』とか出されても、誰も食わんだろ」

「あと・・・、あなたも正確にはスワンソングのポスター(羽の生えた男がグワーッてなってる絵ね)ですよね。本当にツェッペリンのポスターって分かって貼ってるのかな?って」

「いや、大丈夫だよ。わかってるからこそのスワンソングだから。べつに男の裸体が好きとか羽フェチとかじゃねぇから」

「うーん」

「だいたいなあ、お前、スワンソングの語源知ってるか?」

「いえ、知りません」

 「仕方ねぇなあ。教えてやる。スワンソングってのはヨーロッパの諺で、「普段は鳴く事の無い白鳥が、死ぬ間際に美しい声で歌う」っていう伝承から、人生最後に披露する舞台や戦い、あるいは人生の最後に事を成し遂げることを言うんだよ」

「へ〜」

「このポスターは、店主の、いつも「これが人生最後の一杯だ」という思いでラーメンを提供するぞ!という決意の表れなんだよ」

「その割りには、ごくごく普通のラーメンですけどね」

「そうなの?俺、食ったことないからな〜」

「うーん、やっぱり店主に話しかけるの勇気いりますね。この店内でツェッペリン主張してるのが、あなただけという違和感ですかね」

「この意気地無しが!お、帰るのか」

「はい」

「また来いよ」

「ええ。こんな田舎で、ツェッペリンのポスター貼ってるのここぐらいですから」

お勘定を済ませ、車に乗りこむ。

口で、「コミュニケーション・ブレイクダウン」のイントロのギターリフを思いっきり歌いながら、アクセルを踏みこんだ。世の中には、謎のままにしておいた方がいい事がたくさんある。

 

 

ckrecord.hatenablog.com

 

 

ckrecord.hatenablog.com