すべての若き馬鹿野郎ども

小学生組の息子2人がキャンプに行って帰ってきた。

「どうだった?楽しかったか?」

長男「ぜんっぜん。規則、規則、規則・・・もう規則にはウンザリだ」

次男「大人はうるさい」

はあ、そうか、そうか。修行系のキャンプだったのね。それは、お前達にはつまらんわな〜。

詳しく話を聞くと、お母様方が中心で色々と企画を考えてらっしゃるようで、折り紙や創作ダンスなどの上品な催しものが多く、怪談からの肝試し、虫取り、ドロレス、水鉄砲の撃ち合い、缶けり、ロケット花火の打ち合い、24時間鬼ごっこ、笑ってはいけないキャンプ、しばき合いなどの、夏の浮かれた男子が大好きな「ガキの使い」&「ドリフ」系バカ企画は、一切排除されているらしい。

まあ、昨今のPTA、色々と問題があったから、これからますます学校行事でお父さんが出る幕は縮小傾向にあると思う。が、チンコついてる奴にしかとうてい思いつかないような馬鹿企画ができなくなるのは、一抹の寂しさを感じますね〜。やっぱり夏は、カップアイスより棒アイスの方が美味いと思いませんか?

 

よ〜し、わかった。馬鹿はウチでやろう。思いっきりやろう。でも、お母さんは巻き込めないので、馬鹿野郎を思いっきりやろう。とりあえずフジロックだぞ、馬鹿野郎ども。

そして、キャンプ。残念ながら、俺はキャンプってやつが大嫌いなんだ。キャンプを憎んですらいる。夏は、涼しい部屋で棒アイスをベロベロされていたいんだよ。こんな父で本当にスマン。

将来的にフジロックでキャンプできるといいね。CWニコルの本、本棚の奥に置いてあるからね。