親子で行くフジロック(フジロックの感想と来年への備忘録:前夜祭編 1)

いよいよフジロック前夜祭の当日!

前日はあまり眠れず、5時起床。だというのに、俺以外はあまり気合いが入っていない他の家族連中。思いっきりダラダラしている。天気もどんより曇り空だ。「今日はフジロックだぞコラ!」と言いたい気持ちを抑え、一旦スローダウンして、道中昼食を取りながらゆるりと行く事に決め、少し早めの12時に家を出る。

 

途中、高速のSAで蕎麦を食べたり、次のSAでアイスを食べたり、次のSAで無料で配ってる大量のザリガニを見たりカブトムシを見たりしながらダラダラと進み、月夜野ICを16時に降りる。月夜野ICから目的地の浅貝駐車場まで、一般道をさらに1時間程走る。(ちなみに昨年は、田代駐車場だったので、月夜野ICより先の湯沢ICまで行って、降りました。)

月夜野ICから会場までは、山を越えていく。ぐねぐねと曲がりくねった道が延々と続く。信号は無いが、運転に慣れてない方は面食らうかもしれない。16時台はまったく渋滞が無くスイスイと進んだ。途中、猿の集団に出くわす。お母さん猿におんぶされている赤ちゃん猿がいた。かわいい。ちょっとだけ心がなごむ。

 

と、苗場旅館街に到着。このあたりの民間駐車場も、16時頃の浅貝付近ならまだ停められそうだった。来年、田代とかみつまただったら、こっちまで来てみてもいいかもしれない(ちなみに料金は2千円でした)。三国郵便局の向かいの小さなストリート(細くてわかりづらく、大きな看板も出ていないので、一旦通り過ぎちまいました)を入っていくと浅貝駐車場に到着。駐車場というよりは、小学校のグランドのような広いグランドでした。旅館街のグランドなのかな?17時オープン。到着した17時の時点で、車は4台しかなかった。

「もっとくっついて停めて」

と強い口調で係員に注意される。「あんまりくっつけたら子供とか荷物とか降ろしづらいんだけどな〜。前夜祭ってそんなに混むのか?」と思うが、おとなしく指示に従う。次に来た人も「もっとくっつけて!」と、一度停めた車をわざわざ停め直させられていた。

車から降りて、会場までの道を歩く。三国街道は、会場までがゆったりと下り坂になっていて、つい早足になってしまう。苗場旅館街は、「祭りの前!」といった感じで、なんともいい雰囲気。このままゆる〜くいくといいな〜、なんて思っていると、シャトルバス停留所あたりから結構な人間渋滞が発生中。「うん?これ、大丈夫か?」と思いつつも行進を続行。途中、息子がトイレに行きたいというので、場外コンビニのエヌ・プラトゥーに入る。混んでる!すげー並んでるじゃないか。並んでいると、奥から出てきたイケメンが、「小は空いてますよ」と教えてくれる。ありがとう!これぞ、フジロック!自分も出る時にマネをして声掛けする。

長男とトイレから出てくると、ベンチに座るガタイのデカイ外人と目が合った。ニッコリと笑ってきたので、抜群の笑顔でニッコリ返してあげた。勢いで話しかけてみた。

「どこから来たの?」

ポートランドだよ」

「ああ、いい港街だよね」

と、息子に”おいでおいで”してる。ちょっと怖がる長男に、「行ってこい」と背中を押す。外人は、息子にステッカーをくれた。即座に「サンキュー」と返す息子。我が子ながら、自然に「サンキュー」と返した息子に、「現代っ子はスゲーな」と思う父。俺が小学生の頃は、外人なんてその存在感にビビっちまって何も喋れなかった。と、遅れて後からもう二匹、トイレから出てくる我が息子達。「オー」と驚き、「OK、OK」と二匹分のステッカーまでくれた。

f:id:soulknuckle:20170730231857j:plain

外人「この絵、俺が描いてんだ」

「へ〜。上手だね」

外人「このロゴも俺が描いたんだけど、俺のバンドのロゴなんだ」

「へ〜バンドやってるんだ!クールなロゴだね」

外人「ありがとう」

「THE KANONOSか。帰ったらYOUTUBEでチェックするよ」

外人「ああ!映像アップしてあるから、見てくれよな」

「OK。あ、エンジョイ、フジロック!」

外人「イエーー!エンジョイ、フジロック!!」

2人、ハイタッチして別れた。

こういった思わぬ出会いがあるのも、フジロックの醍醐味だ。

「父さん、英語喋れるんだ」

「あ、テキトーだよ。英語なんてテキトー、テキトー。それより、お前のサンキューの発音、やたら良かったな」

「まあね」

 

* 帰宅後、早速、THE KANONOSを調べる。

  「ホーチミンでメジャーデビュー」とある。ホーチミン

       YOUTUBEで映像も見つけた。


THE KANONOS - Cargo Remote Festival

 

そう、 会ったのは、このギターの彼だ。

音はガレージっぽい感じだね。思ったよりも悪くはない。途中でジェーンズ・アディクションみたいになるし(笑)。

きっと色んな人に宣伝したかったんだろうけど、俺の家族だけでステッカー3枚もガメちゃって、本当にゴメンね。息子のランドセルの裏にビシっと貼ったるからな。

 (この記事、長くなる。前夜祭編2に続く)