ゲット・ハッピ‼︎

ハッピ(法被)が嫌いです。極力着たくない。たまに会社のイベントで着せられそうになる時があるが、断固拒否している。 

どうせ着るなら、とことんやりたいよね。「ハッピwith襦袢に足袋にねじり鉢巻」と完全コーデでキメたい所。洋服&靴の上にハッピを羽織るのって、ちょっと違う気がするんだよ。

そういえば、昔、来日したビートルズも着てたよね。さすがのビートルズも、あれはマヌケな姿だった。汚点だと思う。調べてみると、当時のJALはファーストクラスの乗客に、リラックス着としてハッピーコートと称したハッピを配っていたらしい。

 

ポール「何、これ?キモノ?」

美人のスチュワーデス「ビートルズの皆様、こちらが着るとハッピーになる魔法のコートでございます」

ビートルズ「⁉︎」

美スチュ「日本名で、ハッピです」

ポール「ハッピとハッピーがかかってるんだネ」

ジョン「爆笑」

ジョージ「(釣られて)爆笑」

リンゴ「イイネ。これ」

美スチュ「リンゴさん、それ、前と後ろ反対です」

ジョン「爆笑」

ジョージ「(釣られて)爆笑」

みたいな感じだったのではないか。

 

とにかく、過去にビートルズが着ていようがいまいが、俺はハッピが嫌いだ。

しかし、とうとうハッピーコートに袖を通さねばならない日がやってきた。子供会の夏祭りだ。

我が家は、地域密着型の妻の方針で、子供会に入会している。で、地域の夏祭りのときは、子供がお神輿を担いで歩行者天国のメインストリートを練り歩くのだが、お父さんはハッピを着てサポートに入らなくてはならない。う〜ん。

仕方がない。やるよ。着ればいいんだろ。あの時、ハッピをきてタラップを降ろされるジョン・レノンの事を考える。もっとも普通にチンコ出してたりしてるから、ジョンにとっちゃあハッピを着る事ぐらい屁みたいなもんだったのであろう。

ヤケクソでクソデカい声で「ワッショイ、ワッショイ」とガナる。声のデカさでは定評のある僕なので、逆に子供達がビビって小さい声になってしまう。だんだん面白く&気持ちよくなってきて、「アッガイ」だとか「だっさい」だとか「エンジョイ」だとかを子供達に言わせて楽しんでいたら、色んな所から怒られました。