店主が厨房の奥で怒ってる食堂

店主が厨房の奥でいつも怒ってる食堂がある。同僚のTは、いつも僕をそこに連れていく。その店は、奥に調理人兼店主と思われる主人がいて、レジに主人の奥さんと思われるオバさん、ホール係にさえないバイト君といったスリーピース構成で回している。

味は美味い。量もかなりのボリューム。で、料金は良心的な設定だ。こんなにお客の立場に立った店づくりができる店主だってのに、厨房からはいつも怒声が響き渡る。その怒声は全てさえないバイト君に向けられる。

「このボケ!」

「注文は?あ?」

「聞こえねーよ!」

「キビキビ動け、キビキビ!」

まるで、食べてるこっちが怒られているような、いたたまれない気持ちになる。美味しいご飯の筈なのに、もの凄くマズく感じる。もう耐えられない。

「なあ、T、もうこの店やめようや」

「なんで?美味いし、コスパいいし、最高だろ」

「いや料理じゃなくてさ、あの怒声だよ。メシがマズく感じるよ」

「え?あれがいいんじゃん。他人が怒られてるのを聞きながらメシを食う。俺にとっては、最高のBGMよ」

Tは職場では、色んな人から怒られているクズ社員だ。会社の怒られ役を一手に引き受けている彼は、社内で他人が怒られている場面に遭遇することはほとんど無い。

「でもお前だって、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンとかパブリック・エナミー好きだよな。家でリラックスする時に流してるんだろ。そっちの方がよっぽどおかしいじゃないかよ」

まあ、Tの言う事にも一理ある。そのときは、Tのむちゃくちゃな理論に妙に納得させられてしまい、我慢した。

 先日、仕事が昼過ぎまでかかってしまい、仕方なく会社から一番近いこの店に一人で入った。店内、あまり人がいない。よし、これなら怒声も聞こえてこまいと胸をなでおろす。

と、空気を切り裂くようなあの怒声が響き渡る。

「とっとと皿さげろよ、ボケ!」

「ボーッとつっ立ってんじゃねえよ、えー?」

もう我慢できない。レジのオバさんに、「すまないけど、店主を呼んでくれないか」と伝える。今日こそは絶対に言ってやる。

 

出てきた店主を見て、思わず息を飲んだ。店主、女性だった。しかも、若くてべらぼうに美人な女性が凛と立っていた。最近よくテレビで見るオッパイが大きいあの女優に似てる。

「お客様、何かございましたでしょうか?」

「・・・いえ、ゴメンなさい。私の勘違いでした」

店主はニッコリと微笑むと、また厨房の奥に入っていった。

 

僕は、このごく普通の日常の中で起こったフルメタル・ジャケット的な展開に、震えながら酢豚をかっこんだ。

 

フルメタル・ジャケット [DVD]

フルメタル・ジャケット [DVD]