ありがとうは魔法の言葉

板橋区コンビニエンスストア

 

最初に聞いた時は、とてもびっくりした。

「おおきに、ありがとう」

コンビニでバイトを始めて、お客さんの方からお礼を言われたのは初めてだった。一瞬、何て返していいのかわからなくて、微妙な空気感を放出してしまった。心の中では、「いや、そんな、こちらの方こそ買っていただいてありがとうですよ」って思ってた。とても口には出せなかったけど。

それからそのお客さんは、毎日、ビールとピーナッツを買っては、「おおきに、ありがとう」と言って、去っていく。そう言われる度に私は、やっぱり微妙な空気を放出してしまう。

 「おおきに」って、関西弁だ。修学旅行で泊まった京都の旅館の女将さんが言ってた。「ありがとう」は、関西の人はイントネーションがちょっと違う。ありがとうの”とう”の部分が強調されている。なんだかとっても優しい響きなんだな。

「おおきに、ありがとう」に対して、何て返せばいいのかな?友達のさっちゃんに相談してみた。

「どういたしまして、じゃね?」

う〜ん、なんか違う。それだと、ちょっと上から目線な気がする。横から、いつも明るいハーちゃんが口を挟んできた。

「私、知ってるよ。関ジャニがラジオで言ってた。まいど!だよ。」

「まいど?ヤダ、そんなの恥ずかしくて言えないよ〜」

「いや、絶対、まいどやで〜。そう言わなアカンで〜」

「え〜。どうしよう」

 

(千本今出川のレコードショップ)

 

 俺はなぜ、関西なんかにきちまったんだろう。またいつもの自問自答が始まった。

東京の大学が全て落ちて、たまたま受けた関西の大学だけが引っかかっていた。これはきっとあれだ。運命ってやつだ。ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコのニコみたいな運命の女が、西で俺の事を待っているに違いない。そう勝手に思い込み、はや2年が経過した。未だに運命の女は現れない。ニコどころかモーリン・タッカーすらも現れない。しかも、関西にまったく馴染めていない自分がいる。東京進出の為にせっせと磨いた標準語を、未だに捨てきれずに話している。これでは、いかん。

 

何かが変わるかも・・そう期待を込めて、レコードショップでアルバイトを始めた。だが、残念ながらレコードショップには、運命の女は現れない。レゲエ好きの店長がいるだけだ。毎日、レゲエの知識だけは物凄い勢いで蓄積されていく。

 今日も、店長がかけるシャインヘッドのジャメ〜カン・イン・ニューヨークをききながら、俺が関西に馴染めないのは、太陽のせいだ!異邦人ってやつは、ちょっと振り向くどころの話じゃないぞ、怒りを込めて振り返れだ!なんて、またいつもの「終わりなき自問自答」が始まっていた。

と、またこのCDが売れた。

 

 

浪花のモーツァルト キダ・タローのすべて

浪花のモーツァルト キダ・タローのすべて

 

 

 

 キダ・タローは、関西に来て知ったアーティストだ。「浪花のモーツァルト」の愛称で、CM曲や関西ローカルのテレビのテーマ曲などの作曲を多数手がけている。このCDが、毎日、バカスカ売れる。二枚組のCDに、物凄くたくさん曲が入っている。あんた達、これいったいどこで聴くのよ?ってくらい売れてる。

今日も、また売れた。 ムスッとした無愛想なオジさん。レジが混んでいた為か、CDを投げつけるように放り込んできた。

「CDの保護カバーをおつけしましょうか?」

「あ〜、いらんいらん」

感じ悪い。

会計を済ませ、商品を渡す。

「ありがとうございました」

次の瞬間、衝撃が走る。オジさんは、今まで放出していた陰気な雰囲気を打ち砕くような優しい口調で、

「おおきに、ありがとう」

と言って、去っていった。

おおきに、ありがとう・・・なんと柔らかい言葉であろうか。固く凝り固まった心を溶かすような、まろやかな響き。物を買った側が「ありがとう」と言う習慣は、関東には無い。

「店長、このお客さん側が言う「ありがとう」、めちゃくちゃいいっすね。関東では無いですよ」

「あ、関西じゃ普通。めちゃめちゃラスタなノリやろ」

ラスタ・ノリってなんだ?と思うが、ここは聞き流す。

「あれに対して、こっちはなんて返せばいいんですか?」

「あ〜、まいど!やな」

「まいど!っすか・・・。(ハードル高ぇ〜な〜)」

 とりあえず、客側が言う「ありがとう」は、めちゃくちゃ気に入った。これから自分も買い物をする時は、実践する事に決めた。まずは、コンビニでビールとピーナッツを買う時からかな。早く関西に馴染めるといいな。