続・私立デフジャム高校ヒップホップ部

クラスの男子、みな最低だし

おいわたしの事、悪く言うのまるで仕事

どうせデブブス暗いよ、私は心でクライよ

もう嫌ヨこんな人生、そろそろしたいヨ転生

 「あんた、結構、ラップの才能あるやん」

え?!しまった!声に出してもうてた!振り向くと、そこにはシャアザク!・・・じゃない、大阪から転校してきた玉井君が立っていた。玉井君は、とにかく赤い。いつも全身赤い服装で目立っていた。さらに登校初日には、首にゴールドのチェーンをジャラジャラぶら下げていた。もっともそのチェーンは、直ぐに体育教師に没収されていたが。

「あんた、よお、いじめられてるな」

「え?」

「いつも見てるで」

「はあ」

「あんた、破壊力抜群なブスやもんな」

「はあ?」

「ほんでまたデブやし、暗いし、いいとこ何も無いなあ」

「・・・。」

「でも、さっきのラップは、かなりイけてたで」

「ラップ?」

「よかったら、これ見てみ」

玉井君が赤いジャージのポケットから取り出したのはVHSのビデオテープで、タイトルの所には汚い字で「よお!MTVラップ。ソルトンペッパーの巻」となぐり書きしてあった。

 

家に帰って見て、驚いた。黒人の女性3人組が、早口言葉で歌って踊って躍動している姿。これが、ラップか・・・。

 

翌日。

「どやった?」

「・・・すごくカッコよかった。」

「せやろ。こいつらブスでデブだけど、もの凄くイキイキして躍動してるやろ。あんたもこうならな、アカン」

「・・・うん」

「とりあえず、今度開かれる学園祭のバンドコンテスト、あれに出たらええ」

「え?玉井君と?」

「(笑)。いや俺はな、いまLL COOLJのアイニージュラブって曲、めちゃめちゃ練習してんねん。だからあんたとは出られへん。でもな、今、アイニージュラブ練習してるおかげで、俺、めちゃめちゃ優しい気持ちモードになってんねん。せやから、ちょうどいいブス、もう二匹見つけといたから、そいつらとトリオ組んで出たらええ」

玉井君が連れてきたのは、木村さんと笹本さんという気怠そうなデブ2人で、どう見ても高校生には見えなかった。「 ジャージ着れば大丈夫や」と、玉井君は言った。

その日から私達は、ソルトンペッパーのPUSH ITを猛練習した。バックトラックは、玉井君の大阪の知り合いのDJエトゥーって人が特別に作ってくれた。ラップの部分は、私がオリジナルの日本語ラップを書いた。

「俺な、今、ごっつい優しい気持ちモードやねん」と、ダンスの振り付けは玉井君が考えてくれた。それは、お股の前で手をヒラヒラさせて高速で腰を前後に振りまくる振り付けだった。「ソルトンペッパーみたいやで」と言われ、一生懸命練習した。

 

いよいよ、ステージ当日を迎えた。バックステージで、集中する為に目を閉じると、今までの人生の辛い事ばかりが浮かんできた。いい事なんか何一つ無かった。今日で、私の人生は変わる。今日から、私は生まれ変わるんだ!

 

「それでは次のステージは、塩コショーwith豚のしょうが焼きで、PUSH ITです!」司会のガナリに合わせて、私達はステージに勢いよく飛び出した。会場がザワザワした。

あ〜、プッシー、プッシー!プッシー・グ〜!

玉井君の振り付けで歌い出す。

と、会場の奥から米国帰りの堅物英語教師ミヤザワが、両手でバッテンを作りながら鬼の形相で客席に乱入してきた。

 

そこからどうなったかは、記憶が飛んでいてあまり覚えていない。ただ、次の日から私を嘲笑するアダ名群に新たに「プッシー」という単語が加えられた。