クリスマスの夜

嬉しい事に、リクエストがありまして。マイ・クリスマス・ソング・ベスト3を発表します!

 不動の1位は、この曲。

 THE POGUES : Fairytale Of New York

日本ではあまり知られてないけれど、イギリスでは一番人気のクリスマスソングです。この「昭和枯れすすき」みたいな歌詞の曲を、パブで酔っ払ってみんなで合唱するなんて、色んな意味で素敵だと思いませんか。僕は、日本でもこのポーグスの曲をクリスマスの定番曲とする為、細々と普及活動に努めています(シェーンに印税とか入るのかな?入ってるといいな)。まずは家族からという事で、うちの家族もだいぶ洗脳されてきたと思う。

 

ナンバー2の発表の前に、我が若き日を振り返ると、女性とお付き合いする期間ってのが短命で終わる事が多く、肝心のクリスマスに彼女がいないってケースがほとんどでした。仕方なくバイトの穴埋め役を買って出たり、意味も無くめかしこんで土曜日の夜の恋人を探しに街に出掛けたり、そんな自分を妄想してベッドでエビ型に寝てたりとか、とにかく孤独なクリスマスを過ごしていたな〜。ああ、ハッキリ言って辛かったよ。そういうの気にしない男になりたいよな。で、そんな時に聴いていたのは、この曲だ。

 BEN FOLDS FIVE : BRICK

 

美しいメロディー。まるで窓の外に雪が降り積もる時のBGMの如く弾かれる優しいピアノの調べ。そこにベンの切ないボーカルが乗るこの曲。ずっと「クリスマスの翌日に女の子にフラれる歌」だと思いこんでいました。ベッドでエビになる時に相応しい曲。

だけど本当は、「クリスマスの翌日に、「やっぱこいつのこと好きじゃないわ」と気づいた彼女を中絶させる費用を稼ぐ為、クリスマスプレゼントを売って金を作りに行く歌」という、ちーとも共感できない鬼畜極まりない最低の内容の歌詞で、ベンに対する怒りで震えた。おい!ベン!金を返せ!

これが所謂、「華氏65度の冬」ってやつですな〜。でも、なんでかんで好きな曲です。 

 

そして第3位は、これ。

VINCE GUARALDI TRIO:もみの木

 

スヌーピーのメリークリスマス

スヌーピーのメリークリスマス

  • アーティスト: ヴィンス・ガラルディ,フレッド・マーシャル,エマニュエル・クライン,チャック・ベネット,モンティ・バドウィッグ,ジョン・グレイ,トム・ハレル,ジェリー・グラネリ,スウォード・マッケイン,コリン・ベイリー,マイク・クラーク
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2012/11/07
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

最後は、お洒落にね。長く生きていれば、素敵なクリスマスってやつも経験するものです。本当は照れ臭くて、そういうのあんまり好きじゃないんだけどね。