マックス・ヘッドハンター・ルーム

ボーッとテレビを見ていたら、「今やAIがヘッドハンティングをしてくるぞ」という特集を見た。それは、フェイスブックツイッター等にあげた文章などからAIが自動的に判断し、AIから転職をすすめてくるらしい(現在は、エンジニア限定とのこと)。おい、まるで映画マトリックスみたいじゃないか。

 

俺も結構な長い年月、このクソ・ブログを続けてる。もしも、「急募!下らない思考を持つロック好きの中年男性」なんて求人があがった日にゃあ、AIから招待状が届いちまうな・・・なんて、「確かマトリックスに出てくるネーチャーンの名前はトリニティだったな。トリニティ・・・」と思い出しつぶやきながら、ニヤニヤしていた。と同時に、背筋にとてつもない悪寒を感じた。

振り向くと、後ろにマトリックスに出てくるイカツイ奴(確か、名前はモーフィアスとか言ったヤツ)が立っていて、「検索履歴と閲覧履歴だ」と低い声でメッセージを発した。モーフィアスの目を見ると、外道に差し向けられる蔑むような眼差しだ。検索履歴と閲覧履歴・・・検索履歴と閲覧履歴だと!

 

モーフィアスがイカツいノートPCを開いて、「これが、お前が初めてパソコンを触った日から今迄の検索履歴と閲覧履歴だ」と言った。

震えた。俺の検索履歴と閲覧履歴、凄まじいロー・パワーの塊だった。分かり易く言おう。もの凄く下らないのである。薄っぺらいのである。恥ずかしいのである。

「これが、お前だ」

こ、こ、これが、俺の全てか。これが俺か!俺なのか!違う!でも、反論できない。

「よく見ろ。これが、お前だ」

精神が破壊されそうなのを、必死で堪えている。今にも精神が破壊されそうなのを、必死に必死に堪えている。ああ、あの時、ザザ(確か、本名はマット・ジョンソンとかいうヤツ)がアルバムタイトルにつけてたマインド・ボムって、これの事なのか?

 

Mind Bomb

Mind Bomb