人生

ああ、なんだかムシャクシャする。こんなに遠くまで来たってのにさ。今日は早く帰りたくない。絶対に帰るものか。絶対にいかがわしい店に入ってやる。

とはいえ、田舎の街道は車を走らせども走らせども何にも出てこない。暗闇の中、そこら中に広がっていると思われる田んぼからは、焦る俺を嘲笑うかのようにカエルの鳴き声が途切れることなく聞こえてくるよ。

寂れた商店街にさしかかり、ようやくピンク色のネオンが見えた。手書き風で書かれた看板には、「スナック パール」と書いてある。パールか。ジャニスの不細工なつぶれた笑顔が浮かぶ。一瞬、心が弱気に差し込むが、恐らくこの先を進んでも、店も何も出てきやしないであろう。こいつが最後のチャンスだ。意を決して店に飛び込んだ。

「いらっしゃいませ〜」

ジャニス・ジョプリン菅井きんフュージョンしたかのような老婆が1人、カウンター越しにグラスを拭いていた。客は誰もいない。しまった!と思うが、もう遅い。もはや逃げられない。カウンターに腰かけた。

「女の子、後から来ますんで」

菅井ジョプリンのこの一言に救われる。後から来る女。十中八九期待できない事は分かっているが、今はその微かな希望にすがりついている自分がいる。

「何、飲みますか?」

「えっと、水割りで」

お皿に乗ったチャームが出てくる。小袋に入った柿の種と、チョコレートだ。チョコレートの方をかじると、水割りが出てきた。

「お姉さんも何か飲んで下さいよ」

心にも無いセリフをライフを削ってなんとか絞り出す。

「ありがとうございます。おビールいただいてもよろしいですか?」

「いいよ。じゃあ、俺もビールいただこうかな。ビールで乾杯しよう」

ラガーの小瓶がポンと空いて、小さなグラスにビールが注がれる。

「このお店の名前だけど、由来は?」

「よく聞かれるんです。実は、私の誕生石なんです」

ジャニス・ジョプリンは関係ないんだ」

「なんですか?ジェームス・ディーンですか?」

「いや、いいや。忘れて」

「私、難しい事、わからないんです」

「いいんだ、いいんだ」

柿の種の小袋を雑に引き裂きながら、遅れてくる女の子の容姿を想像する。顔も年齢も期待しない。ただ、グラマラスであればそれでいい。と自分に言い聞かせる。

「カラオケ、歌いますか?」

「ああ、そうだね」

菅井ジョプリン、カラオケのフリが早いな。もうちょっと会話を仕掛けてこいよ。それとも、俺の不機嫌な感じが露骨に出ちゃってるのかな。いかん、いかん。

「何、歌います?」

「じゃあ、ルビーの指輪いこうかな」

そうね、誕生石ならルビーなの、のルビーの所をパールに変えて歌ってやると、菅井ジョプリンは手を叩いて喜んだ。

歌い終えると、

「女の子、後から来ますんで」

と、菅井ジョプリンがまた言った。

後から来る女。十中八九期待できない事は分かっている。が、相も変わらずその微かな希望にすがりついている俺がいた。こんな場末のスナックで、一体俺は、何をやっているんだろう。