あの頃、京都祇園にて。

友人のお母さんがママさんをしていた祇園のラウンジで、ボーイのアルバイトをしていた。

当時、付き合い始めたばかりのガールフレンドがいて、誕生日に花を贈る事にした。花の知識ゼロで、女子に何の花を贈ったらいいのかさっぱりわからなかった僕は、No.1ホステスのリョウコさんに小声でそっと相談した。

「あの、今度、彼女に花をプレゼントしようと思ってるんです」

「そうなの」

「んで、花とか、僕、全然わからなくて・・・」

「フフフ」

「リョウコさんだったら、どんな花もらったら嬉しいですか?」

「せやなぁ」

リョウコさんは、静かに静かにすんごく静かにセーラムライトの煙を吐いた後、こう言った。

コチョウランやなぁ」

「え?コチョ、コチョラ、何ですか?」

学生の僕は、胡蝶蘭を知らなかった。

「フフフ。コ・チョ・ウ・ラン。コチョコチョちゃうでー」

切れ長目のリョウコさんがイタズラっぽく笑う。

「待って下さい。メモします。コ・チョ・ウ・ランと。ありがとうございます!」

「なんなら、いい店紹介しよか?」

「あ!ありがとうございます!」

翌日、メモを握りしめ、リョウコさんオススメの夜しか開いてない祇園の花屋に向かう。

「あの・・・コチョウランってありますか?」

「あ、そこに飾ってあるよ」

こ、これが胡蝶蘭か・・・。確かにチョウチョみたいな形の花だな。僕は、胡蝶蘭が放出する圧倒的なオーラに気圧される。

「お前如き愚民の分際で、私の方を見るんじゃない」

胡蝶蘭岩下志麻ボイスで俺に語りかけてきた。ん?これ、鉢植しか無いのかな?リョウコさんに花束って言ってなかったか。しかし、これ、そもそも大学生の女子がもらって嬉しいのか?

「とっとと帰りなさい」

不安気な僕の心情変化を察したか、岩下志麻がキツめに畳み掛けてきた。

いかん、いかん。今迄の俺の人生で最高の女「リョウコ」が、花なんて腐るほどもらってきたはずのあの「リョウコ」が、「もらって嬉しい花」としてチョイスした花だ。これしか無いんだよ。

「あの、花束ってありますか?」

「ん?ああ、切り花もできるよ」

切り花ってなんだ?花束って言ってんじゃんよ。切り花って一体なんだよ?京都人め!

「料金っておいくらですか?」

「一本2万円」

え?完全に予算オーバーだ。高いよ。リョウコさん、俺、そんなに金持ってないよ。あ!もしかして、リョウコさん得意の冗談だったのかな?リョウコさんは、祇園ではなかなか売ってないもの(タワシとか、グンゼのブリーフとか、消火器とか)を僕に買いに行かせる遊びをして、よく笑っていた。

「去れ」

岩下志麻が冷たく言い放つ。僕は黙って花屋を後にした。

 

数日後、リョウコさんが急に思い出したように、ニコニコと話しかけてきた。

「そういえば、胡蝶蘭どうやった?彼女さん、喜んだやろ」

やっぱり冗談じゃなくて本気だったんだ・・・。結局、僕は、近所の花屋で薔薇の花束を調達して、彼女に渡していた。

「・・・まあ、そうですね」

「せやろ。うちな、胡蝶蘭が1番好きやねん。あの花、ゴージャスやろ」

横で聞いていたママが、口を挟む。

「え?胡蝶蘭なんか贈ったの?あんたの小遣いじゃとても買えんやろ。付き合ってる彼女も大学生やろ。大学生に胡蝶蘭は早いわ〜」

「え!?うち、悪いこと言ってもうたかな?」

「いや、いいんですよ。彼女、すんごく喜んでくれました」

「せやろ!よかった!あ!胡蝶蘭でコチョコチョしたんちゃうの〜」

「・・ハ、ハハ」

あれから何年経ったかな。未だに胡蝶蘭の花束なんて、女性に贈った事はないよ。

リョウコ、あんたは祇園のクイーンだ。あんたが死んだら、墓には忘れずに胡蝶蘭の花束を贈らせてもらうよ。