ラーメンコミック

ラーメン屋に入る。

注文を終えると、部下がふらりと席をたち、マンガを持って帰ってきた。そのマンガがとにかく汚いのなんの。

「おい、メシ前にそんな汚いマンガ持ってくるなよ。食欲が失せちまうだろ」

「課長、知らないんすか。これ、キングダムですよ」

「あ?」

「キングダムっていうマンガですよ。めちゃくちゃ面白いんですよ」

「だから?」

「このマンガの合戦シーン、書き込みが物凄く迫力あるんですけど、買ったばかりの綺麗なマンガだとなんか今ひとつなんすよね。この、ちょうどラーメン屋に置いてあるぐらいの汚さが、ページに絶妙な効果を生んでるんですよ。いわば、ジーンズのダメージ加工みたいなもんです。この味はね、なかなか出せないですよ。もはや芸術の域です。自分は家にキングダム全巻揃えてるんですけど、改めてここで読み直してるんです。新たな発見があるんですよ」

「それにしても汚いだろ」

「あ、これ実は、煮込んでるんですよ」

「え?」

「ここのラーメン屋のスープ、キングダムでダシとってんすよ」

「うそだろ」

「うそです」

「テメー」

「いいから読んでみて下さいよ」

「え〜、俺、こういう絵柄苦手なんだよな〜」

「課長って、どういうマンガが好きなんすか?」

「俺?タッチとか」

「あ〜」

「なんだその微妙なリアクションは」

「ラーメン屋に似合わないマンガ読んでますね〜。はっきり言ってヌルいというか」

「うるさい。あだち充ディスるんじゃない」

・・・ん?このマンガ、面白いな。次、どうなるんだ?

「どうですか?面白いでしょ」

「うん、まあな」

「この汚れた感じが、またいいでしょ」

「まあ、なんか懐かしい感じはするな」

「これなんて言うか知ってますか」

「なに?」

「汚マンガです」

「お、汚マンガ・・・」

その日から俺は、汚マンガの魅力に取り憑かれてしまった。ページをめくるたびに鼻腔を突き刺す汚マンガの臭いを味わいたいが為に、ラーメン屋に通った。キングダムを読破した後は、北斗の拳ジョジョの奇妙な冒険、はじめの一歩など、汚マンガにふさわしい迫力あるマンガを次々と読破した。試しに美味しんぼを読んでみたが、これはまったく汚マンガにマッチしなかった。

帰宅して、本棚に綺麗に並べられたタッチ全26巻を見る。汚さないように、ページを開きすぎないようにと、神経を使って大切に大切に読んできたタッチ全26巻。これを全部煮込んでやりたい衝動に駆られた。刹那、棚のはしから乱暴にタッチ全26巻を剥ぎ取り、寸胴鍋にぶちこんで、豚骨と鶏ガラを加え、弱火で3日間煮込む。十分に煮込んで汚マンガ化したタッチ7巻を取り出した。やっぱりな。タッチも十分いけるじゃねぇかよ。美味い。