MJ

取り引き先の方から、食事に誘われる。

「〇〇さん、絶対、喜ぶと思います」

「はあ」

「実は、マイケル・ジャクソンが来日した時に訪れた店なんですよ」

「え!行きたい、行きたい!連れてって、連れてって!」

「もう、期待通りのリアクション、ありがとうございます」

薄暗い階段を下って地下へと降りていく構造の店。

「ねえ、これってスムース・クリミナルのPVに出てくる店に似てるね。ここから思いついたのかな?」

「そうなんですか?残念ですが、そのPV知らないです」

そこは鉄板焼のお店だった。シェフが、目の前で肉を焼いてくれるスタイルだ。

「ちなみにあそこみたいですよ。MJが座った席は」

指差した先は、店の奥の角の席だ。

「俺、重要な事に気づいちゃったんだけど」

「なんすか?」

「MJ、確かベジタリアンだったんだよね。この肉一色の店で、MJはいったい何を食ったんだろ?」

「・・・。モヤシっすかね」

「(MJモノマネで)ココノモヤシ、ウマイネ!

「恥ずかしいからやめて下さい」

「あ〜ゴメン。今、降りてきたわ」

「ホント、勘弁してください」

「ところで君達の世代だと、MJのどの曲が好き?」

「あんまり詳しく無いんですけど、あのウォーキング・デッドみたいなビデオのヤツすかね」

「あ〜、スリラーね。俺はさ、マン・イン・ザ・ミラーって曲が好きなんだよ」

「残念ですが、その曲知らないです」

「あ、いいんだよ。気にしないで。その曲はね、「クソみたいな世界を変えたいならば、まずは自分を変えやがれ」っていうMJからのメッセージソングで、この曲のPVにはあの自己顕示欲が強いMJが最後の方にチョロっとしか出てこないんだよ」

「はあ」

「でね、その映像が日本の幼稚園児と一緒に撮影した映像なの。だから、ここでモヤシ食べた後に撮影したのかなって」

「はあ」

モヤシ、ウマイネ

「〇〇さん、ほんと冗談抜きにヤメテ下さい。もうこの店、来れなくなっちゃうじゃないですか」

「あ、ゴメン、ゴメン。また降りてきちゃってた」

「肉、冷めない内に食べて下さいよ」

「わかった、わかった。ふむふむ。あ!ヤッパモヤシ、ウマイネ

「絶対ワザとやってるでしょ。ブッ殺しますよ」

f:id:soulknuckle:20181017053726j:image