ジョー

小学校に入学したばかりの三男が、登校拒否気味だ。毎朝、「頭が痛い」だの「腹が痛い」だの「今すぐ体温計で熱を測れ」だの、こちらに訴えてくる。

 

次男「おい、1年生が小学校で1番楽しい時期なんだぞ。今が楽しくないと、この先は、地獄しか待ってないぞ」

父「もしかして、イジメられてるのか?」

黙って首を振る三男。

三人の息子の中では、1番長身でイケメン。スポーツ万能で頭も悪くない。正直、イジメられる要素は皆無だ。

長男「オヤジがつけた狂った名前のせいじゃないのかな?」

父「え?俺のせいなの?」

長男「こいつさ、サッカー少年団でもコーチから、「その名前ならボクシングやれよ」って言われてたよ」

次男「こいつさ、色んな所で、「ネジりんぼう食わせるぞ」って言われてるよ」

父「それは嘘だろ」

長男「こいつが名前書く時さ、親父は「ジョーだよ」ってずっと教えてきたじゃん。こいつ学校で、自分の名前を「じょー」って書いて、バツもらってた」

父「じょうって、宍戸錠みたいじゃない?俺の中では、やっぱジョーだから」

次男「でも、戸籍上は「じょう」なんだろ?」

父「お前、夢が無い事言うね〜」

長男「だいたい、なんでそんな名前にしたの?」

父「諸説あるんだよ」

次男「はあ?諸説?」

父「まずね、昔、ジョー・ストラマーってパンク・ロッカーがいて、こいつは誕生日がそのジョー・ストラマーと一緒なんだよ」

次男「その人、死んでるんでしょ」

父「まあね。後はね、ルー・リードっていう人の歌で、「ワイルドサイドを歩け」って曲があるんだけど、その曲の中盤で、「ヘイ、ジョー、テカウォコザワイルドサ〜イド」って歌詞があるんだよ。んで、こいつが産まれた時の報せを電話で受けた時に、ちょうど車でその部分が流れてたんだよね」

次男「出産、立ち会って無かったのかよ」

父「まあ、三人目だから気ぃ抜いてた」

長男「そのルー・リードって人は生きてるの?」

父「死んでる」

次男「ダメじゃん。不吉じゃん」

父「うるさい。人はいずれ死ぬんだよ。後はね、ジミ・ヘンドリクスってギタリストがいてね、」

長男「もういいよ。変な外人の名前ばっかりじゃん。オヤジ何言ってるか、さっぱりわかんないよ」

父「・・・」

三男「立ち会って無かったんだ・・・」

父「あ、そこ引っかかっちゃう?」

次男「ますます落ち込んじゃったじゃねーかよ」

父「あ!最近、いい事もあったんだよ!サッカー少年団で、こいつの背番号が7番になったんだよ!」

長男「へ〜」

次男「何がすごいの?」

父「バカヤロウ。こいつのサッカー少年団のユニフォームの色が、真っ赤なんだよ。真紅のユニフォームに7番で、誰を思い出す?」

長男「クリロナ?」

父「ま、お前達はそうか。俺はさ、マンチェスターユナイテッドの7番、ベッカムだよね」

次男「その人、死んでる?」

父「生きとるわい!いや〜、赤いユニフォームに7番背負うなんて、テンション上がりまくるよね〜。カントナも7番だったからね」

長男「こいつは、キャプテン翼の10番がよかったみたいだけど」

父「甘い、甘いよ、10番信仰は」

次男「ていうか、入団順でたまたま7番目だったんだろ?」

父「うるさい、黙れ」

長男「でも、赤いユニフォームといえば、今、名古屋グランパスにいる元ブラジル代表のジョーも7番だけど」

父「え?」

長男「そういえば、少年団の監督、名古屋の出身だったけど」

次男「あー、絶対そっちの線だわ」

父「・・・。ジョーよ、学校までワイルドサイドを歩いて行くんだぞ」

三男「もう一回、体温計で熱測って」

I Had a Dream, Joe (2010 Remastered Version)

I Had a Dream, Joe (2010 Remastered Version)

  • Nick Cave & The Bad Seeds
  • ポップ
  • ¥250