暗夜行ロウ

「もしもし、あー、なんだか、車、止まっちゃったみたいです」

 

「そうか。ちなみに、今、どこだ?」

 

「ここ・・・どこすかね?とにかく何も無い山の中です」

 

「マジか。残念なお知らせだけど、俺、酒飲んじゃったから迎えには行けないわ。こんな夜中じゃあ、レッカー車も手配できねーしな」

 

「うちの会社、JAFとか入ってないんすか?」

 

「そんなもん入ってるわけねーだろ。ちなみに、お前、最後にコンビニ見たの覚えてる」

 

「ずーっと一本道だったんで、来た道を引き返せば、確かコンビニがあったと思います」

 

「じゃあ、とりあえずコンビニまで行って、そっから自力で何とかしろ」

 

「何とかしろって、どうすればいいんすか?」

 

「そんなもん自分で考えろよ!あ、コンビニで何か買ったら、レシート取っとけよ。じゃあ、頑張って」

 

プチッ。ツー、ツー、ツー。

 

最悪だ。これ完全に山の中だな。辺りは街灯も無く、眼前に拡がる光景は漆黒の暗闇。ヒッチハイクしようにも、対向車は来る気配すら無い。真夏の熱帯夜。車内の気温はみるみる上がり、吹き出す汗がTシャツをじっとりと不快に濡らしていく。暑い。仕方ない。歩くか。

 

車を置いて、トボトボと歩き出してはみたものの、湧き上がる凄まじい恐怖心が抑えられない。とにかく辺りはまっ暗闇である。虫の声だけがジンジンと不気味に鳴り響く。道横の茂みの奥からは、今にも熊が出てきそうな気がする。この辺は熊の生息圏ではないはずだけど、そんなもんあてにならない。

歌だ。熊を避けるには、歌しかねえぞ。

 

Wi-Fiは使えない。ここは、iPhoneにダウンロードしておいたプレイリストに頼るしかない。早くもこの時点で嫌な予感しかしない。普段、「真っ暗闇の山中を一人で歩く時に流すプレイリスト」なんて、作っていない。俺がiPhoneにブチ込んでるプレイリストときたら、「女にフラれた時のBGM」とか、「死にたくなった時に聞くBGM」とかばっかりだ。

 

1曲目

BECK : The Golden Age

 

2曲目

WILCO :How To Fight The Lonliness

 

3曲目

Jesus and Merry Chain : Some Candy Talking

 

4曲目

Pixies : Wave of Mutilation (UK Surf version)

 

5曲目

SOUTH : Bizarre Love Triangle

 

6曲目

Joy Division : Disorder

 

7曲目

NIRVANA : Aneurysm

 

暗闇に響き渡る「我が人生の集大成」の如くドス黒い怨念のこもった曲達を聴きながら、どうしても色々な事を思い出しちまう。ああ、もしも気分にメーターみたいなもんがついてるならば、今そのメーターはとっくに極限までロウの方に振り切れちまってるな、と思う。昔から、落ち込んだ時は落ち込みの淵の淵にまでとことん浸る性格で、それが俺の人生が一向に好転しない原因なんじゃないかと、思い出す。まるで俺は、ヘロイン・ジャンキーのようだ。

 

8曲目

Velvet Underground :  Heroin

ではなくて、Jesus

 

9曲目

Johnny Thunders : Sad Vacation

 

10曲目

The Replacements : Buck Hill

 

ああ、どうして俺は、プレイリストにテイラー・スウィフトなんかを普通にぶっ込める人間になれなかったのだろうか。

昔、女の子が部屋に遊びにきた。大学でも目立っていて、男共にやたら人気がある子だった。彼女の方から急に押し掛けるように、俺の部屋に来た。

俺の散らかり放題の部屋にいる彼女は、なんだか異世界から迷いこんだ生物のような存在に見えた。そんな異世界の生物が、普段は絶対に見せないような歪みきった顔で「なんか、この曲暗いね」と言った。俺は構わずに、当時「我が人生のサウンドトラック」ってくらいに大好きだったギャラクシー500のON FIREをエンドレスで流し続けた。異世界の生物は、すぐに俺の世界を去った。

 

11曲目

Galaxie500 : Ceremony

 

12曲目

Lou Reed : Walk on the WILD SIDE

 

13曲目

The Smiths : There Is The Light That Never Goes Out

 

突然、俺は走った。暗闇の向こうに小さな灯りが見えたからだ。コンビニだ!コンビニの灯りを目指して、俺は全力で走り続けた。だのに、灯りにはとうてい追いつかない。走れば走るほど、灯りは遠ざかっていく。なんでだ?いったいいつまで走ればいいんだ?教えてくれよ、モリッシー

ふと、俺が目指しているのは灯りなんかではなく、穴である事に気づく。あれは穴だ!小さな小さな穴だ。俺がずっと目指していたものがちっさい穴だとわかり、腹の底からおかしさが湧き上がってきた。俺は構わず感情を爆発させ、大爆笑した。

道横の茂みの奥から、ギャラクシー500のメンバーがヌッと出てきて、拍手をしながら俺に近づいてきた。俺は、ギャラクシー500のメンバーと肩を組んで、一緒に大声で笑いあった。

 

 

オン・ファイア(紙ジャケット仕様)

オン・ファイア(紙ジャケット仕様)