Teenage Fanclubについて11+1のこと

昔の記事だが、面白い記事を発見。

 

www.vice.com

 

これ、自分もマネしてやってみようかな、と。

でも、「アルバムのランク付け」なんて暴挙は、ティーンエイジ・ファンクラブ様に対して失礼だろ!と思いましたが、ノーマン・ブレイク本人が楽しんでやっちゃってるんで、ここはセーフですかね・・・。音楽的な評論はできないけれど、思い出話を中心で。

では、行こう!

 

*****

 

第11位:The King(1991)

これはね、当時、期待がデカかったのよ。聴きたくて聴きたくて、でも茨城県の田舎なんかでは音源がゲットできる訳も無く。

んで、友人がたまたま録音していた渋谷陽一先生がFMラジオで流した数曲(Like A Virgin、The King)を譲り受け、カセットテープにダビングしたバンドワゴネスクの後にボーナストラックよろしく追加でダビングして、勝手に「バンドワゴネスク・デラックスエディション」って手書きでラベルに書いて、ウォークマンに入れっぱなしで何回も聴いてたな〜。

 

で、ロンドンに行った時に、確かカムデンタウンのレコード屋(Sister Rayって店だったかな〜?)の棚にアナログ盤が飾ってあったんだよね。まるで俺が来るのをカムデンタウンでずっと待っていたかのようにさあ、棚の1番目立つ所に飾ってあったんだよね。

飢えたブラックバスがポチャンと落ちたルアーに即喰らいつくみたいに、すぐ手が出たよ。ちょっと高かったけど、ポンド→円の換算がうまくできなくて「あーめんどくせー」って独りごちながら即ゲットした。

帰国後、新宿でも会ったんだな。そっちも、「俺の事を待ってました感」めちゃくちゃ出してたんだけど、流石にそっちは見て見ぬふりしてスルーしたよ。今思えば、そっちもゲットしておけばよかったな。

 

ckrecord.hatenablog.com

 

 

第10位 : Shadows(2010)

悪くはないんだけど、あんまり印象無いんだよな〜。

 

 

第9位 : A Catholic Education(1990)

これはね、日本盤の発売が、キングレコードから1993年なんすよ。

当時は既にレコード屋でバイトしてたんですが、恥ずかしい事にこれが1stだってわからなくて、「これ、同名の別バンドじゃねーか」って疑いまくってたんですよ。何しろニルヴァーナUKで酷い目にあったばかりだったんで。で、結局、これがファーストだってわかって、恐る恐る買って聴いたら、内容が最高すぎてぶっ飛んだな〜。これが1990年に発売されない日本の洋楽環境を呪ったよ。今じゃ考えられないよね。

Everything Flowsとか、今でも俺のテーマソングだぜ!

  

ckrecord.hatenablog.com

 

第8位 : Howdy! (2000)

確かこの年、第1回のサマーソニックに来たんだよね。

その関係でたくさん聴きました。サマーソニックは行ってないけど。

 

 

第7位 : Man-Made (2005)

いい意味でこじんまりしてて、今でもよく聴きます。 

 レコジャケもアギで、いい感じです。 

 

 

第6位 : Here (2016)

自分が年をとると共に、Teenage Fanclubも年をとる訳で、なんだかそんな年輪を感じさせる落ち着いたアルバムです。 よく聴きます。いつもそっと寄り添ってくれる女性のような、優しいアルバム。

 

第5位 : Thirteen (1993)

これはね、僕の周りで非常に売れたんですよ。洋楽にあまり詳しくない友人達も何故かみんな持ってた。

で、みんなが買った日本盤はボーナストラックがたくさん入ってたんですよ。

だけど僕は、

 

「48分くらいで聴き終わるのがTeenage Fancliubのアルバムだ。13曲じゃないと、Thirteenじゃない」

 

つって変な拘りを発動し、輸入盤の方を買ったんですよ。

でも本当の理由は、安かったからなんですよ。ボーナストラックがいっぱい入ってるの知らなかったんだよな〜。

 

 

第4位 : Deep Fried Fanclub (1995)

これは、アルバム未収録曲を集めたコンピレーション・アルバムね。

もし、Teenage FanclubのNo.1ソングを聞かれたら、ぶっちぎりでGod Knows It's Trueだ。 この一曲だけで、コンピレーションとはいえアルバム・ランキング4位までぶち上げるパワーがある。

それと、なんといっても伝説の92年のレディングフェスですよ。

(↓はてなじゃ見れないけど、Youtubeなら見れるよ!)


Teenage Fanclub - Reading Festival 1992

 

この日のレディングのヘッド・ライナーがニルヴァーナって事は有名ですよね。この夜のニルヴァーナのライブは、アルバムにもなってます。

んで、ティーンエイジ・ファンクラブも、ニルヴァーナへの対抗意識の現れか、現在では考えられないくらいめちゃくちゃ気合が入った大暴れをカマしてます。

髪の毛振り乱してステージを動き回り、ギターをかき鳴らすノーマン・ブレイクが見れます。かっこいいぜ!俺もできればこの会場にいて泥にまみれたかったよ。

この日のセトリは下記。

Heavy Metal II

So Far Gone

Mr. Tambourine Man

What You Do To Me

Starsign

God Knows It's True

Take The Skinheads Bowling(Camper Van Beethoven)

The Concept 〜 Satan

Pet Rock

Free Again

Metal Baby

Alcoholiday

Flame On(by euginius)

Everything Flows

ちなみにこのアルバムには、ニール・ヤングDon't Cry No Tearsのカバーとアレックス・チルトンFree Againのカバーも収録。この偉大なる先人へのリスペクト溢れるチョイスを聴きやがれ。

 

 

今週のスポットライト: Teenage Fanclub Have Lost It.(1995)

ベスト3発表の前に、今週のスポットライト。

アコースティックのセルフカバー4曲が収録された7inchシングル。

曲は、Don't Look Back、Everything Flows、Starsign、120 Minsの4曲だ。

 残念ながらSpotifyには音源無し。CDなら安く手に入ります。

Teenage Fanclub Have Lost It

Teenage Fanclub Have Lost It

 

 

 

第3位 : Grand Prix (1995)

いよいよベスト3だぜ。

よくまとまったいいロック・アルバムだと思う。

これは、就職活動中に渋谷のタワーレコードで輸入盤を購入したんだ。東京の友人宅に泊めてもらい、2人で大音量でこのアルバムを聴きながら飲み明かした。2人共なかなか内定が取れず、先行き不安な状況の中、ティーンエイジ・ファンクラブのギターとハーモニーは、僕達に勇気をくれた。

 

ティーンエイジ・ファンクラブみたいに生きてーよな」

 

泥酔すると、友人と僕は決まってこの台詞を吐いて、盛大に吐いた。

 

 

第2位 : Bandwagonesque (1991)

ティーンエイジ・ファンクラブっていう凄いバンドがいる」っていう噂は聞いていた。ティーンエイジ・ラストみたいな、なんか耳に残るバンド名だなって思ってた。

洋楽雑誌の評価も上々で、結構な鳴り物入りで日本発売したと記憶している。発売日に買ったよ。

一曲目The Conceptのイントロがゴジラの咆哮みたいなギターノイズで、一発で気に入った。期待通りのノイジーなギターサウンドウォークマンにカセットをぶちこんで、通学中に何度も何度も聴いた。

今でもあの街を歩くと、ギターの音がどこからともなく聞こえてくる時がある。

 

プロデューサーはドン・フレミング。ドン・フレミングとはこの一枚だけでしか組んでなくて(The King除く)、喧嘩別れでもしたのかな?とずっと思っていたが、ノーマンのインタビューを読んで、そんな事実は無いと知り、安心しました。

(Thirteenの日本盤ボーナストラックにDon's Gone Columbiaってインスト曲があるので、Thirteenをドンがプロデュースできなかったのは、もしかしたらコロムビアレーベル(Gumballが所属)との絡みが関係あるのか、もしくはドン自身のレコーディングが忙しかったのかも?)

 

推察するに、このアルバム以降に築いてきたティーンエイジ・ファンクラブの長い歴史は、このバンドワゴネスクという金字塔との闘いの歴史だったのかもしれない。そう思うと感慨深い。

 ティーンエイジ・ファンクラブのギター・アルバムの最高峰。

  

 

第1位:Songs From Northern Britain (1997)

やはり、マイ・ベスト・アルバムは、これです。

なんといっても美しいコーラス・ワークに尽きるよね。言葉なんかいらねえや。聴いてください。 

ティーンエイジ・ファンクラブのハーモニー・アルバムの最高峰。

アートワークも完璧。

ckrecord.hatenablog.com

 

いや〜、久しぶりに長い記事書いちまったな〜。

やっぱPC導入すると、違うよね。

 

ペイズリーは柄の名前

レコード屋でバイトをしていた時に一緒に働いていたオネーサンは、やたら豹柄にこだわっていた。

 

僕は、ハイロウズの新作のタイガーモービルのCDを手に取って、たずねた。

 

「この柄とか、どうですか?」

 

「あ〜この柄な。これ、どっちかっていうとトラやな。これはな、ちょっとちゃうねん。うちはな、もっと黒い点が小さい柄が好きやねん」

 

「あ〜、マイケル・モンローがよく身に付けてそうなやつ」

 

「え?マリリン・モンロー?」

 

「マイケルですよ」

 

マイケル・ジャクソン?」

 

「だから、マイケル・モンローですよ!ハノイ・ロックスですよ!あんた、レコード屋で働いてるのにマイケル・モンローも知らねーのかよ!」

 

「うち、外人のアーティストあんまり詳しくないねん」

 

「まあ、こいつですよ、こいつ」

 

「ん?  そうそう、この柄やわ。そんでな、ヒョウ柄でも白いヤツが一番好きやねん」

 

「あー、ユキヒョウですか」

 

ユキヒョウっていうの?うち、あれが一番好きやわ〜」

 

「はあ」

 

僕は、田舎のレコード屋の店内にかかる音楽としては恐ろしく不相応なルー・リードのヘロインを聴きながら、遠くロシアの過酷な環境で小刻みに震えて暮らすユキヒョウの姿を思い浮かべた。

そんなユキヒョウが、週末ごとにジュリアナ東京で小刻みに狂ったように振り回されるオネーさんの腰をパッツパツ包むタイト・ミニに化ける運命に、ただただ黙り込むしかなかった。

 

「あ、もしかして、今、エッチな事考えてたやろ?」

 

「なんでですのん。考えてないですよ」

 

「またまた〜。実は今な、はいてねん」

 

「え?」

 

「見たい?」

 

「何をですか?見たくないですよ」

 

「じゃ、ええわ。あー、これラストチャンスやってんけどな〜」

 

心臓が波打つ。ルー・リードのボソボソした声が頭の中を響き渡る。

 

「あの・・・」

 

「ん?」

 

「本当は見たいです。ユキヒョウ」 

 

「正直でよろしい。嘘やけどな」

 

「え?」

 

「ウ・ソ(笑)」

 

その時、ユキヒョウが寂しげな目で、こっちを見た気がした。

 

Raspberry Beret

Raspberry Beret

  • プリンス&ザ・レヴォリューション
  • R&B/ソウル
  • ¥255



 

新年

新年

 

思い切ってMacbookを購入し、久しぶりにPCでブログを書いている。

家族がいるとなんだか気恥ずかしいので、皆が寝静まった夜中にキーを叩いています。

 

SPOTIFYの3ヶ月無料キャンペーンが2020年で終了するっていうので、ギリギリの12月30日に有料版に加入しました。

無料版はかなり昔にダウンロードしていたのだが、当時はTeenage Fanclubのアルバムが全く登録されていなかったので、完全に放置していた。今は、The Kingまで聴けるようになっている。SPOTIFY、しばらく会わない間にデカくなったやないかい。

 

久しぶりにLast FMに繋ぐ。こちらは、なんと10年間も放置していた。しかしながら、現在聴いている音楽のラインナップが、10年前のラインナップと全く変わっていなくて思わず苦笑する。

新しい音楽、聴きたいです。誰か教えてくれないかな。

驚いたことに、10年の間にフォロワーが1人ついていた。早速、相互フォローさせていただいた。フォローが遅くなっちまって本当にゴメンな。頼むから、いい音楽教えてくれよな。

 

今、世のライフスタイルが変革していく中で、自分ができることはなんだろうっていつも考えてる。なんだか色んな事を試したいし、遺したいって思う。

まだ、頑張れるよな。だって、まだ何もやってないぜ。

 

 

Brand New Start

Brand New Start

  • provided courtesy of iTunes

 

フェアリー達のクソスマス

そろそろクリスマスすな〜。

息子達のプレゼントも調達完了し、あとはパーティーを残すのみ。家族全員でハメを外して馬鹿パーティーする機会は、あと何年残っているのであろうか。

いいとこ5年か?デビッド・ボウイの「ファーイブ・イヤーー〜ズ」の絶叫が、心根に染み渡る今日この頃です。

 

馬鹿パーティーの後には、家族みんなで映画「ファンタスティック・ミスター・フォックス」を見てチルアウトするのが、我が家のクリスマスの恒例行事となっている。

このチル時間は、俺自身が、「家族」というもの、「父親」というもの、「男」というものを見つめなおす為に割かれた、毎年の人生のリセット・ポイントとなっている。

が、ガキ共もさすがに飽きてきたようだ。長男に至っては、すでに9回も見させられているからね。

 

 

俺「今年はさあ、見る映画を変えたいと思うんだよね」

 

次男「え?本当?」

 

長男「やった!」

 

俺「え?何?そのラッキー!みたいなリアクション」

 

長男「あ、ウソ、ウソ。なんか残念だな〜(ニヤニヤ)」

 

俺「で、君達、なんか見たいのある?」

 

三男「スターウォーズ!」

 

俺「あ、いいね。エピ4、エピ5、エピ6と一気に見るか!」

 

長男「俺、カイロ・レンが出てくるやつがいい」

 

俺「ああ?ふざけんじゃねぇ。あんなのスターウォーズじゃねーから」

 

長男「え?」

 

俺「だ・か・ら、あれは違うから。平成ウルトラマンみたいなもんだから。「ifもしも・・・スターウォーズの続編が作られたら」っていうパラレル・ワールドのお話だから」

 

次男「じゃあ、ターミネーター!」

 

俺「いいね」

 

次男「あのね、ターミネーターってさあ、全裸で登場してくるじゃない?」

 

俺「うん」

 

次男「でね、噂だと、ターミネーター3ターミネーターって女の人なんだよ」

 

俺「だね。・・・あ!」

 

次男「そう!だからさ、女の人の全裸が見れるんじゃね?」

 

三男「見たいな〜ターミネーター3

 

長男「これ決まりじゃね?」

 

三男「でも、クリスマス関係無くね?」

 

次男「全裸って、ある意味クリスマスじゃね?」

 

俺「ある意味ってどんな意味だよ」

 

長男「俺さあ、全裸監督ってのが気になってるんだよね」

 

俺「全裸で話を拡げるんじゃない!」

 

次男「じゃあ、クイズね」

 

全員「うん」

 

次男「3つヒントを出すので、この映画が何かあててね。第1ヒント、クリスマス」

 

全員「うんうん」

 

次男「第2ヒント、ひとりぼっち」

 

全員「あ〜」

 

次男「第3ヒント、強盗」

 

俺「わかった!ハイ!ハイ!」

 

次男「じゃあ、父ちゃん」

 

俺「ダイ・ハード!」

 

次男「ブ・ブー」

 

俺「え?」

 

長男「挙手」

 

次男「はい、アニキ」

 

長男「ホームアローン

 

次男「ピンポーン!大正解」

 

長男「やった」

 

次男「はい、今年はホームアローンを見ましょう!」

 

息子「わーい」

 

俺「ふざけんな!勝手に決めんじゃねー!あんなクソヌルい映画見れるか!今年はダイ・ハード1、2連続上映で決まりだな」

 

三男「でも俺、字幕はキツいんだよな〜」

 

俺「お前がそう言うと思ってな、マクレーンの声が野沢那智のヤツ、20年前からビデオで残してあるんだよ」

 

長男「ビデオって・・・」

 

俺「なんなら、山田康雄のキャラハンもあるぞ」

 

次男「でもやっぱりさ、ターミネーター3見たくね?」

 

俺「・・・見るか、ターミネーター3

 

全員「イェーイ」

 

Fairytale of New York

Fairytale of New York



 

 

 

カンガルー

最近、一番心が落ち着く時は、息子のサッカーシューズ を磨いている時だ。

 

本当は自分で磨けよな、なんて言いながら、いつの間にか俺の毎日の日課になっちまってる。

 

息子のサッカーシューズ は、アシックスのDS LIGHT。こいつは凄い事に、シューズ のアッパー部分にカンガルーの革が使われているんだ。

 

磨いている時は、いつも、遠く日本の地でサッカーシューズ のアッパー部分になっちまったカンガルーの寂しげな目を思い浮かべる。

 

そして、俺の頭の中では、ビッグ・スターのカンガルーが鳴り響くんだ。

かつてメンフィスを訪れた時、あらゆる所で「地元のスター」としてアレックス・チルトンが推されていて、なんだか嬉しくなった事を思い出すよ。

 

そして、ジェフ・バックリーがカバーしたカンガルーが鳴り響いてきた。確か俺の場合、こっちを先に聴いてからのチルトンだった気がする。ああ、ジェフが亡くなったあのメンフィスの川を思い出す。少しだけセンチメンタルになる。

 

サッカーシューズ のカンガルー革部分を磨くのに使っているのは、ミンク・オイルだ。

遠く日本の地で、靴磨きに使われているミンクの寂しげな目を思い浮かべる。

 

そして、俺の頭の中では、ヴェルヴェット・アンダーグランドの毛皮のヴィーナスが鳴り響く。

俺も、シャイニー、シャイニー、シャイニーブーツオブレザー、とルー・リード声で口ずさみながら、手を動かす。

 

曲は、ヴェルヴェッツの宿命の女に変わる。

白い衣装を来たニコのバックで、「シーザファムファータール」とコーラスを入れるルー・リードの寂しげな目を思い浮かべる。と、横目でチラリと見やるジョン・ケイルの寂しげな唇を思い浮かべる。

その光景を後ろから眺めるモーリン・タッカーの優しい目を思い浮かべる。

 

曲は、ビッグ・スターがカバーした宿命の女に変わる。

そして、俺の靴磨きが終わる。

 

Kanga Roo

Kanga Roo

  • Big Star
  • ロック
  • ¥204